例会前のプレ特別例会で採集した化石達、下部白亜系の有田層にて採集した化石、
この産地は2001年頃に壁面の崩落があり、段切部分に土砂が堆積してできた産地、
古く造成工事では30cmクラスのアンモナイト等も出て、大いににぎわったとか??
十数年ぶりの産地訪問で新たな崩落と、付近に散らばる古い団塊からの化石が、
見つけられることが判明して今回採集に至った、当時ともウニや三角貝は多産した。
持帰った化石は自然乾燥中ではあるか、石も柔らかくクリーニングは容易なようだ、
棘の発達しないクリオセラタイテスと思っていたが、シヤステクリオセラスらしい容貌、
イメージ 1

イメージ 2
巻きの部分は保存されているようだ、また両角のプテロトリゴニアも共産している、
どちらも残せるような盆栽型クリーニングで対応したい。