写真の整理中に発見した・・・・野上電鉄の廃線が決まり巷が騒がしくなったころ、
周りが騒ぎ出すと一気に冷めてしまう性格、お祭り騒ぎの前には十分写真は撮り、
未消化の感覚は残るが最期には立ち会わず、祖母が病に倒れて看病の為にだ、
連日病院通いで浮かれていられなかった・・・・、それでも最後はすごかったらしい、
鉄道マニアとにわか鉄道マニアの地元住民や、同鉄道関係者がやりたい放題で、
魑魅魍魎の世界?だったと、線路脇の病室まで最終列車の罵声が聞こえたほど、
翌日は倒された信号や踏切遮断器、閉鎖された線路には架線が垂れ下がり、
列車の来ない線路の上をマニアや住民が、ゾンビさながら彷徨していたとか・・・・
記憶になかったのだがなぜか写真が出てきた、たった3コマのサヨナラ当日の写真

イメージ 1☝野上中~北山 2両編成で超満員の車内、いつもこんなんだったら黒字になる。
イメージ 2
☝野上中~北山  ☟三脚マニア・・・でも悲壮感はない
イメージ 3
野上中~北山間の農道からの写真。・・・記憶にないが撮影に行ってたんだ・・・・・