明日から「石ふしぎ発見展」が始まる、年々光物が多くなり足が遠のいている、
今回も仕事で初日はいけない・・・、行っても買いたいものが少ない。
採集や整理に使う用品の購入が中心になっている、それさえもネットで購入できる、
そういう事で今回はパスすることにした、帰宅途中気になる産地の確認に行く。

白亜紀の産地で池の中での採集場所、遠目でもわかる大きく崩された露頭・・・・
イメージ 1
この場所からアンモナイトなどが採集できるのだが、ちょっとやばい感じの採集跡、
間もなく灌漑用の池は満水状態に、人の目からは見えなくなるので良いのだが、
次の池干しの時にははっきり見える、池の持ち主からのクレームや採集禁止・・・・
想像するだけでやばい状況は確実・・・ああ~また化石産地が一つ消えた。
イメージ 2

イメージ 3
唯一の収穫は「フデリンドウ」が多く咲く池の堰堤、多くの花を見たのは久方ぶりだ。