子どもの頃から探検が大好きで、いつかは無人島漂流生活?にあこがれた・・・
ハイキングから始まり山屋へ、テントを担いで道なき道を踏査することもある。

イメージ 3
過去に4回の転落(滑落)と、方向が分からなくなり山中の彷徨を経験している、
山では特に登山道コースを選び、時には探査やバリエーションルート楽しんだ、
石屋になると1000m☝クラスでの採集はないが、道なき道を越えての探査が増え、
深い谷やルートのない山域に入る事も多く、ある意味で山より危険度は増している。
国道から数百メートル入るだけで獣道、好き好んでこんな所に来るのは石屋のみ、
山一つで携帯電話も届かずという所も、一度事故れば即人命にかかわるかも?
だから万一の為に道具だけはきっちりと装備して、希望しない状況に対応したい・・
イメージ 1
一般的な登山時の装備一式、9mm補助ザイル30m、6mm10m、テープ3組
エイト環、クライミングベルト、ヘルメット、登山の要素を加味した道具を準備して、
入る場所を考えて装備をチョイス、過去には11m50mザイルを使い採集もした。
イメージ 2
情報通信機器、携帯電話(スマートフォン)、無線機・予備バッテリー、コンパス、
あると便利なカシオプロトレック(多機能時計、気圧・高度・方位・天気予測など)
山やジャングルで迷わない為にポケットナビ(通信衛星利用タイプ)などなど・・・・

上記の品々で使った事の無いギアは残念ながら無い、みんなお世話になりました、