2008年06月

新しい職場へ・・・

イメージ 1

さらば○○課○○指令、6/28日ここでの最後の勤務を終えた、感激も一抹の寂しさもなしこれから

の不安のみ?、昭和53年に現在の会社に就職して以来、初めて下っ端だが「長」の付く仕事に明日から

望む、車両検修係から機関助士をへて運転士へ、4年前には初めてまったく畑違いの運行管理へ、やっ

と仕事を覚えておもしろくなってきた頃には転勤、今度の職場は乗務員区の交番係、時刻表や勤務の作

成その他もろもろの仕事、又最初から新しい仕事を覚えなおさなくてはいけない、こうなると4年間のブ

ランクは堪える、その上社員数200人クラスの職場で名前・顔を覚えるだけでもたいへんだ~、のびきっ

た脳みそに気合を入れてがんばろう、いつものように進むだけ「なんくるないさ」!

内浦層群

イメージ 1

イメージ 2

クリーニング終了のアツリアです、重機による破損とズレによる変形の為にがたがたですが、今までに

採集したものの中で、厚みもあり最も状態がいいために復元を行ないました、クリーニング終了後破損

面に、石粉粘土のフアンドで整形を行い、乾燥後にアクリル絵の具で色付けを行ないました、、レプリ

カ作りではない為にあくまで色付けは忠実にせず、少し濃い目の色で行なっています、これで少しは見

られる標本?になりました。

しかし工事開始から現在まで何個のアツリアが見つかっているのでしょうか?、切り通しの工事で出た

土砂の量は百数十トンと思われますが、それにしてもこの産出量はすごいと思います、この産地の内浦

層群の堆積環境は、礫を含む地層や材化石から付近に川があり、吹き溜まり方の堆積により遺骸が集め

られた状態で?堆積したようですが、残された生物化石の状態や種類から、当時の生き物に溢れた海の

中の世界が予想できます、まだまだ未クリーニングの石がありこれからしばらく楽しめそうです!。

茂木びわ

イメージ 1

嫁さんの実家がビワ農家だ、天候と完熟時期の関係で今の季節一週間は大忙しだ、手伝いに行くが枝からのもぎ取りや袋だし、又パック詰め等細心の注意が必要だ、表面の綿毛が取れないようあて傷をつけないよう気を使う、それが災いして跡継ぎの問題や手間のかかるこの作物に見切りをつけ、耕作放棄したビワ畑がこの頃目立つ、この写真のように枝もたわわに実っている状態が末期的症状、1~2月ごろ適果を行い袋かけをすることで、病害虫やスレを防ぐのだが、ほっておくとすべての実が大きくなろうとして、ブドウのように小さな実つけて商品価値が無くなる、袋かけが終わったビワ畑は袋の花が咲いたような状態となり、なかなか壮観な風景となる、しかし年々放棄された畑が目立ちこのような状態となる、この状態でも実際充分食用に適しているのだが、擦れによる表面の傷が多く商品価値は下がる、なんとももったいない話だ、確かにもぎ取ったビワは見てくれは悪いが甘くおいしい!

内浦層群  7

イメージ 1

イメージ 2

浦内層群・福井県某所のアツリアの採集は出来たのだが、クリーニングを進めていくうちにだんだん落

ち込んできた、丁度地層の滑っている部分に入っていたのだろう、裏側は陥没している巻き込み部分も

ずれて食い違っている、裏側の部分も10mmくらい陥没している、その上重機によりくるっとした気房

部分の一部が剥ぎ取られている、この状態を見ていたら悲しくなってきた、本来は標本として手は加え

ないのが最良と思われるが、標本としてよりこのがたがたが悲しくなってきた、以前も雌型からデディ

モセラスの住房や、ハウエリセラスのへその部分の再生を行なった経緯がある、今回も標本よりオウム

ガイとしての保存がしたくなり、少し造型をすることとした、本来とはかけ離れたこととなり標本とし

ての価値は下がるが、自分としては納得のいく物としたい、フアンドでなくなった部分を創り生前の姿

に近づけることとする、これもクリーニングのもう一つの方向と思っている。

内浦層群 6

イメージ 1

先日とうとう7月の人事異動が発表された、昨年係長職試験に合格して以来、いつかは移動があると覚

悟していたが、今回発表で現在の勤務地大阪から和歌山へ転勤だ、確かに自宅に近くなるのは良いのだ

が、長期休暇が取れなくなることが憂鬱だ、3連休が限度だろうか?化石採集旅行も少し厳しくなる、

7/1からの新しい職場は以前運転士をしていた職場だ、今度はどのような担当になるかはまだ決定してい

ない、今までもそうだがなるようにしかならない、明るく考えよう?、自宅に近くなるし化石産地にも

近くなる、すこし様子を見てからどうなるか判らない、このことがあったので先週の化石採集は、有意

義なものとなった、7月は動くことが出来ないだろう、今日帰宅後アツリアのクリーニングを始めた、思

ったよりも状態の悪いものから始める、石のずれている部分に入っていたアツリアは、3箇所でずれてい

る上に重機で一部が削られている、この個体にはフアンドによる整形(造型)が必要なようだ、少しで

も美しくクリーニングを行いたい。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 野上電鉄 タブレット交換
  • 野上電鉄 タブレット交換
  • 野上電鉄 タブレット交換
  • 野上電鉄 タブレット交換
  • 野上電鉄 タブレット交換
  • 野上電鉄 モハ51・52他
  • 野上電鉄 モハ51・52他
  • 野上電鉄 クハ100
  • 野上電鉄 クハ100
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ