2009年01月

復元 某工事現場の化石たち 5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

某工事現場にて、キャスト状態の化石として採集した、ゴードリセラスとキャナドセラスの復元を行な

っている、12月の石粉粘土(フアンド)をつめて復元し、日陰で乾燥を行なったものだ、今日帰宅後ア

クリル絵の具で色付けを行なった、色付けの上手な人ならもっと実感的に仕上げて、本物と作り物の区

別がつけられない位にうまく色づけするのだろうが、私的にははコレで充分!長らく忘れていた福井の

アツリアも一緒に色付けしちゃいました。

ここの産地の化石は、本当に状態の良いノジュールでなければ、ほとんど溶け込んでタイヤ状態や、へ

そ溶け込みが多く見ていられません、しかしこのような復元をすることで、本物とは違いますが化石本

来の姿を再現することが出来ます、なかなかいいキャナドセラスでしょう?、コレも一つの化石保存方

法だと思います。

写真上 キャナドセラス  Canadoceras sp,  110mm  白亜紀後期 和歌山県有田郡
写真中 ゴードリセラス  Gaudryceras sp,  48mm   白亜紀後期 和歌山県有田郡
写真下 アツリア              85mm   福井県にて採集したもの

近畿地学会総会・・結果

イメージ 1

三々五々集まってきた会員が取り出す、今年の参加者の課をぶれは豪華だった、それにも増して豪華な

のは交換会用の標本、交換会用の標本には一年の成果が詰まっている、午前中の会の運営にかかわる諸

議事が滞りなく終わり、昼食のときに交換会の順番抽選が行われた、15番という数字が示すように今

年もくじ運は良くないようだ、午後の研究発表が終わりお楽しみの交換会、お目あてのサメの歯は新会

員のH君の手に、私が手に入れたのはO(F)氏の採集した、北海道・羽幌産のアンモナイト・ゴード

リセラス3個と、N氏採集の長崎県・西海市の桂化木、それと鉱物確かH氏の採集だと思うのだが兵庫

県糸井鉱山の水晶、2008年に行なわれた恐竜展のガイドブックだ、まずまずの成果に満足だった。

★残念なのは私が出品したシルル紀の、鎖珊瑚の化石が最後まで残っていたこと、来年はもう少し良い

ものを出そう!

近畿地学会総会

イメージ 1

近畿地学会総会が明日大阪で行なわれる、朝からの雪で道路事情が心配だ、叉今年は採集成果が上がら

ず、年末の某工事現場のノジュールも仕事が忙しく、割る間がなくほったらかしの放置プレイ中、ノジ

ュールごと交換会に出そうと思ったら、風を伴った雪でダンボールが濡れて水びだし、かき集めてやっ

と決定した、目ぼしいものがないが、コレが一年間の成果の一部だ、鳥屋城層の白亜紀  パキディス

カス(部品)、ユーボストリコセラス2個 、イノセラムス、名南風のシルル紀のクサリサンゴ、わら

しべ長者のように何に変わるかはお楽しみ、くじ運が悪いので期待はしないが、標本交換会に出る標本

を見ると、一年間の会員諸氏の活動と、採集成果の一部が想像できることが楽しみだ。

野も山もすべてが白き・・・?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

野も山もすべてが白き・・・・・

私が所属している、近畿地学会の総会は明日だ、朝から降っていた雨が、先ほどから雪に変わったと思

ったら、あっという間の30分で積雪2CMになってしまった、まだまだ降り積もっている、明日は自宅

をAM8:00に出発予定だが大丈夫だろうか、冬に備えて車のタイヤはスタッドレスに交換済みだが、

このままでは必ずチエーンが必要となるだろう、娘は先ほどから「雪だるま」つくりに裏庭で走り回っ

ている、私は明日の交換用標本の準備中だが、雪は絶え間なく降り続いている、今の内にチエーンを巻

いておいた方が賢明だろうか?

初化石採集 2

イメージ 1

正月早々の化石採集で残念だったのは、今まで地主さんの厚意で、快く採集させてもらっていた場所が

ダメになったことだ。

消滅・立ち入り禁止のになった産地

湯浅町・矢田==昨年の新種甲殻類発見で、採集者が増えたのか?以前までは右側のみかん畑に「山に

入るな・地主」の看板が置かれていた、今回行ってみると左側採石場の入り口にも、同様の看板が置か

れて入り口はワイヤーで閉ざされていた、地主さんに確認していないが、産地は崖が高くなり落石の危

険もあり、奥の竹やぶに向かって掘り進んでいる為に、採集禁止になったのかも、転石割りで充分化石

採集が出来る場所だったので、残念だ!。

有田川町・下津野==個人のみかん畑の中の採石場、オーバーハング気味の崖から土砂採集をしている

為に、転石から採集することが出来た、がけ崩れの恐れがあり、事故が発生したときに、地主が責任問

題になるのを恐れて、採集禁止になったようだが、今まで厚意により採集できたのが、不思議なくらい

の危険な場所。

いずれのところも、地主の厚意で採集できていたところなので残念だ。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ