2009年10月

工事現場の化石 11

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

娘からもらったノジュールのクリーニングだ。

ソフトボール大のノジュールの片隅に、ユーボストリコセラスが5個もくっついていた、
その内の3個は、一つの石に固定できることがわかってきた、
後の2個は接している面が悪く、これをくっつけるととんでもない物になりそうで、
今回は別標本とすることとした、ボロボロノジュールの名に負けず、本体は所々溶け込んでいる、
これを無視し集合体と言うことでまとめてみた、どちらも本体は3巻きしかなく、所々溶け込んで空洞化しているが搭状に巻くタイプだ、左巻きと2個と右巻きが1個であることが確認できた、
生活環境などで右巻き左巻きが出来るのだろうか?、それとも雄・雌で巻きが違うのか、
いつも思うのだが、こんな体型で遊泳することが出来たんだろうか?
実際どのような生態かは、現物が絶滅してしまっているので、確認できず想像の産物となるが、
この地層・時代からはたくさん見つかることから、異常巻きと呼ばれるような異状ではなく、この巻き方がこの種のアンモナイトの進化の到達点だったのだろう。

ノジュールを1個もらったかわりに・・・・クリーニングしたユーボストリコセラス3個と、テトラゴニテス3個を盗られた、ま~いいか。

新型インフルエンザの影響

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

本当は今頃、福井県の某化石産地の近くで、野営している予定だったのだが?
現実は、自宅でパソコンに向かってキーを叩いている。

月末は友人を案内して、福井県の某所新生代・第三紀と中生代・三畳紀の化石産地を回り、若狭湾の水晶浜で、ビーチコーミングとなるところなのだが。
同行の友人の息子が新型インフルエンザにかかってしまった、病原菌のキヤッチボールの可能性があるために、残念だが今回は急遽延期とした、こんどは1日しか休みが合わないために、近場での採集だ。

やった~とばかりに、嫁さんから家事やら家庭菜園などのしごとをまわされて、午前中はてんてこ舞いとなった、午後から鉄道模型を1台レストアした、30年ほど前に友人からいただいたEF60タイプのショーテイ(たしかED60)、カツミ模型のHO鉄道模型セットに入っていたものだと思う、ほとんど基本構造はいじらず、手すりやその他ディテールの追加を行なっている、インサイドギヤIMの電気機関車、製造から少なくとも35年はたっているがほぼ問題なし、ヘッドライトは定電圧点灯を組み込み、モーターは新古品換装、インサイドギヤも交換した明日には試運転が出来るだろう。

夕刻に帰宅した娘が、以前採集した某工事現場のぼろぼろノジュールをくれた、期待せずに早速割ってみたらなんと、ユーボストリコセラスの搭状に巻くタイプが、複雑に絡まって3個も出てきた、ぼろぼろで保存状態は最悪だが何とかなるだろう、クリーニングでは集合標本にする予定だ。

明日はシーカヤックの修理が待っている。

工事現場の化石 10

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

工事現場の終端部分から、このようなの卵形のジュールが多く見つかる。

この部分は風化が進んでいて、青灰色の泥岩ではなく黄土色の柔らかい土質だ、
この中に表面が酸化鉄で、赤色のなった小さなノジュールが多く見つかる、
無化石のものもあるが何がしかの痕跡があり、化石が含まれることもある、
風化面であるためか保存はいまいちで、本体に殻付きなどというものは望めない、
ノジュールの生成過程で何がしかの力が働いたのか、それとも2次堆積かも。

最初のノジュールは、時計と反対周り「左巻きの」のユーボストリコセラス入り、巻きは密巻きで4段まで確認できている。
したのノジュールも、左巻きのユーボストリコセラス入り、緩い巻きで3段まで確認できている。

先日UPしたユーボストリコセラスは右巻きだった、右巻き・左巻きどのような条件で、巻きの方向が決まるのだろうか疑問だ。

恐竜時代の有田川

イメージ 1

有田川町の地域交流センター「ALEC」で、「恐竜時代の有田川」と題して、鳥屋城山などの有田川町内で見つかった化石の展示会が行なわれるそうです。

期間 2009/11/3(火9~2009/12/27(日)

会場 有田川町地域交流センター 水の里公園内「ALEC」
   
   和歌山県有田郡有田川町大字下津野704番地
   有田川ICから北東10分

■開館時間

 ○火~金曜日/午前10時~午後7時

 ○土・日・祝日(振替休日)/午前10時~午後5時

■休館日:月曜日(休日の場合はその翌日)・年末年始(12月28日~1月3日)

問い合わせは  有田川町社会教育課 073-32-3111(代)まで

有田川町で発見されて、海南市の和歌山県立自然博物館に展示されていた、「モササウルス」も里帰り展示されるそうです、化石採集と化石展示会あわせていかがですか?

工事現場の化石 9

イメージ 1

イメージ 2

先日採集してきた化石をクリーニングしています。

テトラゴニテスの入っている、小さなノジュールをクリーニング中、
分離が悪く、こっちとあっちに分かれてしまった為に、そのままノジュール標本としました、
母石が大きいので、いくらか軽量化するためにタガネを入れたところ、パカッと割れました。

割れ口には、ユーボストリコセラスが見えています、
未クリーニング状態でこれです、クリーニングの必要がありません、
割れていますが上部にもう一巻きがあり、うまくクリーニング出来れば5段です、
ここの産地ではバラバラに折れたものが多いのですが、この石に関してはやった~です・・・
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 野上電鉄 春ーレンゲと除草列車
  • 野上電鉄 春ーレンゲと除草列車
  • 野上電鉄 春ーレンゲと除草列車
  • 野上電鉄 春ーレンゲと除草列車
  • 野上電鉄  春ー菜の花
  • 野上電鉄  春ー菜の花
  • 野上電鉄  春ー菜の花
  • キハ80 64 車内番号板
  • キハ80 64 車内番号板
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ