2012年03月

家族旅行は無事終了!

年一の家族旅行が無事終了した、
コンデジの故障というのがあったけれど、おおむね楽しめた!
28日は久米島で、元鉱山跡の「金泉」探しを行なったが、見つけられなかった。
入館料100円の久米島ホタル館は、実物の久米島ホタルは居ないが、
熱心な研究員の方の案内と説明があり、自然保護の内容が充実していた。
イメージ 1
島の南部の案内板・照明なし鍾乳洞は、自己責任で楽しんでくださいとのことで、
懐中電灯片手に迷路のような洞内を、約30分ほど楽しむことが出来た。
イメージ 2
午後那覇に移動して市内観光、夜も恒例の市場で食事を楽しむことが出来た。
イメージ 3
最終日も市内観光と少し足を伸ばして、世界遺産の「中城城跡」へ
太平洋と東シナ海を望む高台に築城された名城、発掘復元作業が続いている。
最後は木版画家?の、名嘉睦念さんのボクネンズズアートへ、
イメージ 4
こちらは移転して氏デザインの「AKARA]の中に移転、美術館も併設されていた、
特別展を開催中の同館で、氏の巨大な版画を間近で観賞することが出来た。

シュノーケリング&BC

今日は水温も上昇したので、無人島シュノーケリングを体験した、
ウエットスーツを着用したので、水温の低さは感じなかったが、
水着で泳いでいる人がいないことから、まだまだ海水浴は無理のようだ、
海中は珊瑚礁に生息する生物が鮮やかで、地元の海とは比べ物にならない。
先日購入した水中でも使えるカメラは、水中であえなく機能不全を起こして他界、
商品が悪いのかそれとも使用方法か?水深1mで浸水とは情けない商品だ。
以前使っていたSONYの水中使用可のデジカメの防水機能がうらめしい。
イメージ 1
冷えた体を温めるために、ウエッツトスーツのまま無人島でBCを行った、
あまり訪れる人がいないのか、たくさんの漂着物があり汗をかき、
また体を冷やすためにシュノーケリング、冷えたらBCとうまく使いまわし、
予定の3時間はあっという間に過ぎ、壊れたコンデジWG-1だけがやっかい者。
下のようにたくさんの漂着種子が見つかった。
イメージ 2

やっぱりBC

イメージ 1
南の島にいます・・・
観光目的だけど、なぜか足元に目が行ってしまうんです、
小さな島の、大まかな有名観光地を回りました、
島の北側には砂浜がないのですが、隆起珊瑚の岩場でBC
イメージ 2
私の収穫です、モダマ、ワニグチモダマ、ジオクレア、アブラギリの一種など
イメージ 3
娘の収穫、同じようなものを見つけていますが、ひとつだけ目を引く物があります、
黒丸のサカキカズラに似ていますが、ヒスイカズラの仲間の種子です!
今日は負けました。
イメージ 4
夜は正真正銘のオリオンビール、島ラッキョウ、島魚・・・・・・太っちゃいそうです。

南にいきます

イメージ 1
恒例の家族旅行で南に行きます・・・
すんなりと化石採集・ビーチコーミング・山登り・・etc行かせてもらうために、
家族へのサービスは欠かせません、ということで今回は化石採集無しです。

夜はクリーニング!

ダイヤ改正も終了し、少し時間に余裕が出てきた。
休日の昼間は、ほったらかしの家庭菜園を、夏野菜の植え付けに向けて整理、
夜は自転車の調整と化石のクリーニングを、精力的にこなしているつもり。
①大のジュールには、4個のイノセラムス・バルティクス・トヤジョウアヌスが、
この産地ではレアな殻付き状態、殻本体が保存されているのだ。
いちばん大きく分離の良いものを選び、クリーニングは表面の石を落とすだけ、
殻のつなぎ目が15mmほどずれている、合弁なら良かったのにと思う、
殻が残っている為に分離が悪く、破壊してしまった部分もあるが良としよう。
イメージ 1
イメージ 2
学名 Inoceramus balticus toyajoanus   長径135mm
産地:和歌山県有田郡有田川町  地層:外和泉層群鳥屋城層
年代:中生代白亜紀後期(約8000万年前)
 
②先日「巨大アンモナイトを探せ」で、風化していない泥岩から見つけた、
小さなシャスティクリオセラス・ニッポニカム、半分かと思われたが?
クリーニングを進めると方解石化しているものの、すべてあることがわかった、
方解石化部分はクリーニングを行なわず、そのまま剖出のみにとどめる。
イメージ 3
学名 Shasticrioceras nipponicum  長径33mm
産地:和歌山県有田郡湯浅町   地層:有田層
年代:中生代白亜紀前期 (約1億3000万年前)
 
ひさびさにうれしい採集品となった!
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ