2013年01月

クダモノトケイソウ

夏越しした頃から栽培を始めたクダモノトケイソウ
一時期旺盛な繁殖力と、多くの花を付け結実も順調だったが、
ここ数日の最低気温-3度などという低温、霜・雪などで痛めつけられた、
葉は黄色くなり実って実も痛み出した、今年の成長は終了したと判断。
イメージ 1
イメージ 2
いたんだ葉・蔓・実の切り取り処分を行い、来年まで株を休眠させることにした、
雨しもの当たらない日当たりの良いところに移動、保温・霜よけのビニールを掛け、
水の調整と乾燥状態の維持に心がけ、暖かくなるまで一休みとした、
今年度の夏のグリーンカーテンは、ゴーヤクダモノトケイソウのに決定。

本年度の目標!

一年の計は元旦にあり。
何事も最初に計画や準備をすることが、大切だということの例えだが、
今年の予定をまだ立てていなかった・・・・
よくよく考えてみると化石採集はするが、標本の整理がここ数年おざなり・・・
未分類のものはないが、以前標本箱に入れた標本以外にも化石が溢れている
ということで今年の目標は「標本整理許された15箱分の化石の整理整頓、
あわよくば・・・PC版「有田地方の化石集」の制作など夢は膨らむ。
まずは未クリーニング化石の整理、箱入り娘化石と嫁入り・勘当化石の分別だ、
早速先日の初採集化石のクリーニング、成果はイマイチ不満だったが、
箱入標本が1点増えた。
イメージ 1
イメージ 2
ゴードリセラス Gaudryceras  sp、 上 90mm  下60mm
イメージ 3
イノセラムス・バルティクス・トヤジョウアヌスInoceramus balticus toyajoanus 120mm
イメージ 4
エリフィラ・エレガンスEriphyla elegans  右35mm  左25mm
いずれも、和歌山県有田郡(清水町)外和泉層群 二川層  白亜紀後期

寒さに負けないで

今日所要で、和歌山市の中心地・本町の路地裏を歩いた・・・
イメージ 1
イメージ 2
ふと足を止めたのは一軒の庭先のブーゲンビレア、南国の花として有名な花だ、
紀伊半島の黒潮洗う海岸地などに、路地植や自生しているものはよく見かけるが、
南国?和歌山とは言え北部市内、0度を下回る日もあり降積雪や降霜はよくある、
霜も降りず0度を下回らなければ、越冬も可能と言われる花だがどうだろう、
見事に育ち樹高は5mを超えているようだし、今でも可憐な花(萼)を咲かせている、
市内の為に立て込んだビルや、排熱効果等で冬季も暖かく生育できるのだろうか?
近くで見るとブラジル原産の耐寒性の強い、サンデリアナ〔sanderiana〕だった、
道路を挟んで南向きで、高い建物が少なく日あたりが良いなど条件が良いようだ。
 

初採集

一年の計は元旦に有り・・・・遅ればせながら化石採集
毎度お馴染みの正月初採集は、二年ぶりの有田川町(旧清水町)の産地へ、
初採集ということでボーズは嫌なので、毎年の実績のある場所を選ぶのだが、
イメージ 1
今回は初めての場所を2箇所と、時間があれば○谷を訪れる予定で出発。
第一の場所先行者が数日前に入ったのか?、新しい割られた石が目立つ、
イメージ 3
それでもアンモの部品をまず1個、続いて2枚貝の印象化石とデディモの部品、
イメージ 2
川床の石からゴードリセラス、殻は溶けてはいるが気房は保存されているようだ、
約二時間の行程で1本目終了、まずお土産ゲット、昼食後にもう一本の谷に入る、
こちらは化石を見ないままに尾根筋まで登ってしまった、おまけの○谷へ・・・・・
こちらも先行者有り崖が崩されている、下流の河床での最終に切り替える、
イノセラムスとウニを数個採集し時間切れ・・・、なんとかボーズだけは回避できた。
イメージ 4
この時期にしては何処も先行者が有った、こんな辺鄙な化石採集地まで採集者が、
何処もめぼしい化石採集地がないのでしょうか?
 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます
イメージ 1
2012年の反省と成果、2013年の年初に当たり今年の計画を練る。
2012年はどちらかというと、自転車に偏った年となってしまった、
化石採集をおざなりにしたのではないが、最終できる場所が少なくなるとともに、
大きな工事も行われることなく、産地減少という言い訳に走ってしまった・・・・
ビーチこーミンングに関しても、当初の目標物ハンバーーガービーンの発見、
ビーチコーマーの増加による、漂着物の減少(先に拾われて)も起きている、
この趣味が認知化されてきたために、仕方ないことだが獲物が少ないのは辛い。
十数年ぶりに再開した自転車の方は、3台の自転車をレストアするとともに、
石垣島一周やしまなみ海道などに足を伸ばし、新しい旅の手段として定着している。
イメージ 2
さて今年は何を始めようか?ちょっと疎遠になっつている「鉄」を再開してみようか?
ストックの手つかずの鉄道模型は50台ほど有り、本棚を埋めている状態だ、
実際のJRに魅力的な列車はないが、懐古的に「国鉄型」の再生も面白そうだ・・・・
しかし今はまだ少し時期もいい時だから化石採集に重点をおくことにしよう。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ