2013年04月

マテ貝 ②

基本的には、我が家はゴールデンウイークは活動停止としているが、
自分たちだけ楽しんだとの苦情により、娘の希望でマテ貝取りに行くことにした、
ゴールデンウイークということで、前回のように砂州を占領?状態?・・・・
今回はものすごい人が集まっていた・・・・ざっと見積もって100名ほど?
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
方々に掘り返された跡が目立ち踏み荒らされ、貝穴を見つける事もままならない、
ここぞという場所を見つけ絨毯爆撃方式で掘り進む。
初めての娘も5分ほどでコツをつかみ、自切しないように注意深くマテ貝を引きぬく、
イメージ 4
小一時間ほどでこの状態、これで十分と判断して終了。
このような状態が続けば、ここのマテ貝絶滅しちゃわないかと危機感を感じた。
 

マテ貝  

先日、マテ貝取りに行ってきた。
数年前に、この付近の二枚貝に貝毒が発生していたので、潮干狩りは躊躇していた、
ふおっしるさんが数週間前採集に来県、もちろん採集した貝は胃袋に収まった、
その後寝込んだとか、病院に担ぎ込まれたとかの情報がないことから判断し、
我が家も安全宣言を出し、先日大潮の前に嫁さんと採集に出かけた。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
潮は大潮前ということで、思ったよりも引かなかったが成果は十分満足、
イメージ 4
その夜お酒のアテにということで、酒蒸しと貝焼きで盛り上がった・・・・・・
 
おいてけぼりを食らった娘はVTRを見て、この連休に連れて行けと迫ってきたが、
私はゴールデンウイークはすべて仕事で、6日のみ休みが合うが潮は良くない、
こんな面白い遊びを、自分たちだけ楽しんでと責められた。

八重山猫・・・

八重山旅行で出会った、魅力的?な猫たち・・・
写真家の岩合さんじゃないけれど、八重山旅行中に出会った猫たちです、
特に竹富島の野良猫?は有名ですが、川平湾にも魅力的な猫がいました。
イメージ 1
川平湾の入口にあるキフアオン(浜崎御嶽)の守り猫?、いつも寝ています。
イメージ 2
同じく川平湾の遊覧船乗り場でウロウロしている猫、コイツは大変やんちゃです。
イメージ 3
竹富島カイジ浜(星砂の浜)の猫、一時よりも数が減ったみたいです。
イメージ 4
竹富島ではよく猫を見かけます、集落内の飼い猫は警戒心が強いようです。
イメージ 5
お馴染みの八島園地の猫たち、何匹いるかわかりませんが?、耳にマーキングが施されているので、避妊・去勢手術されているようです。
 
イメージ 6
今回のピカイチ猫は「川平湾のとらちゃん」です、寒さ知らずの石垣島ならでは、
猫たちも快適なのでしょうか?

春のしまなみ海道 ②

しまなみ海道の宿、行程・全員の力量を考えて今回は大三島に決定、
途中でなにかおいいしいものを食べたい、食いしん坊の希望を叶えるために・・・
オコゼづくし料理で有名な、上浦民宿「珈里葡(カリブ)」さんに予約を入れた、
途中の観光をパスしたが、民宿に到着したのは18:10まずは多々羅温泉で入浴、
いい加減途中で飲み食いしているはずなのに、すぐに宴会モードで夕食に、
イメージ 1
地元名物「鯛釜飯」・紙鍋・イカぬた・ハモの洗い・先付け・茶碗蒸しなどが並びます、
イメージ 2
メインのオコゼのうす造りです、グロテスクな物ほど美味しいといいいますが◎です。
イメージ 3
メバルの煮付けです、柔らかく身がしっかりしています食べやすいです。
イメージ 4
オコゼの唐揚げです、結構大きく頭からまるごとは骨がきつくダメでした
イメージ 5
大きなサザエのバターガーリック焼きです・・・・内蔵も美味しくいただけました、
全体的にもう食べきれませんモードに突入、ビールも進まずご馳走様です。
私たちの部屋からは、多々羅大橋も望むことができ、ゆっくり休めました、
イメージ 6
朝ごはんは?ごくふつ~のモノが出ました。
イメージ 7
体調万全お腹もいっぱいで2日目へと突入、十分休養と燃料補給ができました。
 

春のしまなみ海道 ①

春のしまなみ海道行ってきました!
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
総勢10名の大所帯、サイクルツーリング?未経験者8名という恐ろしい状況、
神をも恐れぬ所業?そんなことはありませんが、和気藹々と走りきりました、
このデコボコツーリングに恐れをなして、午後から雨の天気予報でさえ?
雨らしきものは1滴もふらず、各自用意した雨具は無用の長物と化しました。
途中観光を兼ねてスケジュールを作りましたが、全く無駄に終わりました、
結局走ることと・・・食べることに集中して、気ままに時間を気にせぬ旅行です・・・
1日目に宿泊場所までいけるのか?、2日目にその日のうちに帰れるのか?
結構ルーズでむちゃくちゃなツリーングでしたが、大人数の楽しさを満喫しましたが、
私は時間を気にして時間調整と、全員のペース配分にクタクタになりました・・・・・
某旅行会社でツアーガイドをしている、胃弱な友人の気持ちがわかりました。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ