2013年07月

富山県 池の平の 輝水鉛鉱(小黒部鉱山)

標本の整理中に、長らく忘れていたものが時々見つかる、写真は。
1985年10月(S60)に友人と訪れた、裏剣・池ノ谷小屋付近で採集した輝水鉛鉱だ、
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
当時北アルプスの山を中心に登っていた、立山~裏剣~黒部下の廊下への縦走、
5泊5日の縦走中立ち寄った池の平、この小屋の前身は小黒部鉱山の事務所だ、
小屋に主人に伺ったところ、この付近には当時の坑道跡も残っているとのこと、
付近には事務所跡や飯場跡が多くあり、小屋はその跡地に再建されたとの事、
仙人山と池ノ谷山の鞍部に、現在の小屋は有り、登山者の憩いの場となっていた。
小黒部鉱山は大正の初めに採鉱が始まり数年で採鉱が終了していうる、
モリブデンを含む輝水鉛鉱は、希少鉱物需要に乗り全国生産の70%を産出とある。
この石は小屋から池ノ谷池に向かう登山道で見つけた、鉛色に光る石なのて採集、
小屋の主人にクズ石ではあるが、紛れもない輝水鉛鉱であることを教えてもらった、
小屋が立つ鞍部の土台は、小黒部鉱山のズリ石で出来ているとも教えてもらった。
イメージ 5
写真にある当時の池ノ谷小屋は、平成3年に雪崩により倒壊してしまったが、
平成5年には同地に再建されている。

ウッドローズ ③

今日の夕方、久方ぶりの雨が降った、本の数ミリ程度だが恵みの雨だ。
連日の真夏日と晴天で、畑の夏野菜は青息吐息だったのが一息ついた、
この晴天続きの中で、暑さをものともせず成長しているのはゴーヤなどなど・・・
亜熱帯地方の植物だ、琉球朝顔、ゴーヤ、パッションフルーツ、ウッドローズ、
イメージ 1
 
イメージ 2
植えてから1月も発芽しないので、硬い種の一部を壊して吸水し易いようにすると、
1週間で発芽したという曰く付きの植物、2個目の種子も無事発芽した、
脇芽をたくさんだし成長している、早く黄色い朝顔(ヒルガオ)の花が見たい。

愛車(自転車)点検

本日予定なしということで、自転車の点検整備。
 
イメージ 1
BSユーラシア グランツーリングEAG-T2
すべてのグリス交換、塗装部分のタッチアップ、ダイナモ調整、振れ取り、
イメージ 2
BSユーラシアグランスポルティーフEAG-S1
すべてのグリス交換、ブレーキ調整、リアデレイラー張り調整、リムテープの交換、
BB調整、ペダル音鳴り調整、
イメージ 3
BSスーパースピード SSQ-10
すべてのグリス交換、ダイナモ周りの配線変更、
 
ほぼ一日かけてグリス交換と、微調整と今まで起こった軽度の故障に対する修繕、
荒っぽい輪行による塗装の剥がれや傷のタッチアップ修繕などなど・・・・・・
イメージ 4
最後に集合写真でおしまい・・・・稼働率が低いのに故障が多いのは何故?
 

祇園祭

地元の野上八幡神社の夏祭り。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
野上八幡神社の由来は、古く神功皇后が三韓遠征の帰途、誉田皇子と共に逗留したという伝承の地に建つ神社、後に欽明天皇の宣命により、応神天皇の霊を勧請し八幡宮を建立、後に石清水八幡宮の別宮となった由緒正しき神社です。
イメージ 4
摂社の須佐神社には素戔嗚尊(須佐 之男命)=牛頭天王が御祭神として祀られており、この時期には祇園神社と名前が変わり、暑い時期の暑気払い無量息災を祈願し、夏越払いの祭りと合体し今も祇園さんとして続けられています。
・・・神社の話ではなく、夏休みの非行防止のために、祇園さんの華やかな会場?に
小中学生の非行防止のための、夜間パトロールに駆り出されました。
イメージ 5
私の子供の頃とは、規模が50分の1に縮小されたさみしい祇園さんでした、
たむろする子供たちもなく、広い境内にはカラオケの歌声だけが木霊していました。

自転車通勤

日勤の日は、ほとんど自転車通勤と決めている。
普段の通勤時間よりも余裕ができたので、市内をちょっと散歩がてらに走る、
お気に入りは通勤コース+和歌山城一周でここ数日続いている。
特にお気に入りは・・・・岡公園に保存されている蒸気機関車C57119
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
SL終末時に国鉄から、各地に無償譲渡されて保存された蒸気機関車が多い中、
このC57119は特に保存状態が良好だ、一時はもてはやされてはいたものの、
無用の長物とされてくず鉄に変わったものも多い中、今にもでも走りそうな状態だ、
ペンキにて厚化粧されることもなく、足回りは磨きだされて油光している状態、
現役時にこの蒸気機関車を見たことがあるが、今の方が美しいくらいだ。
保存整備に関わっている方々の姿が見えるような、惚れ惚れするような姿だ。
イメージ 5
この公園には南海和歌山軌道線(市電)で使用された321号も保存されているが、
こちらは絵に書いたような塗装の上塗りで精細さを欠いている。
 
 
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ