2013年08月

夏の京都

いつもの京都散策
伏見稲荷・・五条坂陶器市・・・六波羅蜜寺・・・西福寺・・・幽霊子飴・・・・六道珍皇寺
・・・建仁寺・・・鴨川(京の七夕)行ってきました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
気象庁の誤報により地震速報が流れ、JR各線は運転見合わせで大乱れ・・・・
帰宅したのは日が変わり、8月9日となっていました?

おかしな広島旅行・・・⑤

広島電鉄の車両紹介・・・
大都市の中でちんちん電車(市電?)が、我が物顔に走っている広島市はすごい、
広島電鉄自社発注の市内電車も、転入組の劣らず魅力的な車両が多い。
イメージ 1
単車でピカイチは100型、元は150型の車両を改造してレトロ風に仕立てたもの、
土日・祝日の運転のみ、原型の150型(156)も1両現存するが見つけられなかった。
イメージ 2
350型、元宮島線直通運転用に対応した車両、現在は市内線用となっている。
イメージ 3
650型、原子爆弾に被爆した電車として有名、現在2両が現役で使用されている、
広島復興のシンボル的車両、この江波車庫内の653は車籍がないと思われる。
イメージ 4
700系は1982年から新造された車両、800系は1983年より増備された最新型、
省エネ・低騒音・乗りごこち向上を目指して作られた高性能車両。
イメージ 5
イメージ 6
連接車では3100~3500~3700~3800~3900~3950型へ、連接車の高性能化へ、
次々と新しい技術が投入されて、省エネ・低騒音・乗りごこちが向上しています、
3950型からは、従来のグリーンライナー塗装から一新し新しい顔になりました。
イメージ 7
5000型、1999年~2002年まで、ドイツより輸入した超低床の高性能車、
省エネルギー・低騒音・低振動など環境に配慮され、輸送力や速達性に優れた、性能を持ち、いままでの路面電車のイメージを一新する車両愛称グリーンムーバ。
イメージ 8
5100型、5000型で得られた技術をさらに発展させ、利用者の意見を取り込み、
国内メーカー3社(近畿車輛、三菱重工業、東洋電機製造)と、広島電鉄による超低床車両の共同開発プロジェクトで製造された車両、愛称グリーンムーバーマックス。
イメージ 9
イメージ 10
1000型、最新型車両は、広電100周年を記念して現在2編成が投入されています、
2005年に導入した、国産超低床車両5100形「グリーンムーバーマックス」の性能、
バリアフリー性能を継承しながら、全長を短くして18.6mにすることにより、
全ての路線で運行が可能となった、愛称2001号はピッコロ、2002号はピッコラ。
 
 
 

雨のあと

何日も続いた夏日と、晴天で青息吐息の植物には恵みの雨だったが、
一気に降った雨のために、庭のトマトの実は半分以上が烈果を起こす、
マッカウリ(マクワウリ)は、一気に完熟して恐ろしい状態になった・・・・・
普通マッカウリの収穫は、完熟前の身を収穫して販売するので甘味が薄い、
自宅では完熟のサインとなる、つるの付け根付近の亀裂を確認して収穫する、
この状態で収穫したウリは、生食に最も適した状態で甘味も芳香も強い、
ところがこの状態では普通1日くらいしか持たない、亀裂部分から空気が入り、
実の完熟が促進されて・・・・・完熟ではなく腐敗へと進んでしまうからだ。
イメージ 1
 
イメージ 2
今回一気に28個のウリが完熟マークをつけた、食べきれないのでおすそ分け、
だがそれでも半分以上が残った、仕方なく半分は切り身にして保存あとは諦めた。
翌日には半分以上が腐敗し始めてしまった、完熟で食べるのはむつかしい!
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ