2013年09月

第239回 近畿地学会例会

第239回近畿地学会例会は、9月21日~22日(1泊2日)で開催されました、
参加人員は会員以外を含めて16名の参加、大人数での例会となりました。
巡検地は、和歌山県の串本方面の新第三紀・熊野層群での例会となりました、
心配されていた天気も持ち直し、夏空の炎天下で各自ハンマーをふるいました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
採集場所は、地学ガイドなどにも紹介されている有名な産地の4箇所ですが、
ノジュール内で鉱物化した化石の取れるところ、サメの歯の多産する場所、
ノジュールから甲殻類が見つかるところなど、夕食後には地元の会員さん宅訪問、
すばらしい標本の数々とクリーニング術、標本整理のお手本のような管理を拝見
熊野層群産の化石の素晴らしさを再認識しました。

一日遅れのお月見

仲秋の名月を愛でる・・・
19日は泊まり勤務となったため、職場でお月見!
コンビニで買った月見団子を、屋上に飾り休憩時間の月を見た、
おまけの仕事をこなし帰宅、いつもの散歩コースで萩とすすきを持ち帰る、
イメージ 1
イメージ 2
自宅では月見まんじゅう(餅)と団子、里芋の煮たものを準備していた、
イメージ 3
15夜の月よりもちょっと右上に陰りがある月が昇り、空気もひんやりしてきた、
ここ数年お月見はほとんど仕事、一日遅れのお月見が続いている。
 
さて明日からはこの忙しい時に連休を取得、職場の避難を浴びながらの連休、
1泊2日の近畿地学会の例会、化石三昧の連休だ。
 

CALLE GOTOH 20インチミニベロ ⑤ヘッドセット

フレーム頭部のヘッドパイプと、前輪を保持するフオークを固定するヘッドセット、
分解してみると外部ネジ式の1インチヘッドセットが使われていた。
玉(スチールボール)受け部分の構造も同じなのでママチャリ用でも代用 可だ、
イメージ 1
ヘッドパイプ上部を見ると、上玉押し部分と玉押器上段部分のスキマが目立つ、
まず分解してみると構造的には、ママチャリと同じものが使われていることが判明、
この部分からのホコリ等を避けるために、上玉押器がかぶさる方が良いので、
1000円程度の交換品を探す事としただが、確か部品があったはずなので、
パーツボックスから、旧車のヘッド部分の代用できる物を見つけて取り付けてみた。
上下で色違いとなるが使用には問題なし、回り止め金具の形状が少し違う為に、
今回は部品の寄せ集めとなった、切削加工で周り止め金具形状の変更を予定、
イメージ 2
グリスアップを行い取り付けてみた、これならホコリの侵入を前者より防止できる
イメージ 3
ヘッドセット旧部品のロゴ?メーカーか?、「Neco」という刻印が確認できた。
今日はここまで・・・・
 
 
 
 
 
黒塗装した材質で、1インチの規格なので

CALLE GOTOH 20インチミニベロ ④パンク修理

購入から組立そしてテストラン・・・約8kmばかし走って最初のパンク。
26インチ=650Aではパンクについて発生は今のところ皆無、
ユーラシアなどは、何年前のものかわからないタイヤチユーブを使用している、
しまなみ・石垣・串本を走り走行距離は相当になるがまだチューブは元気だ。
700C28cのユーラシアはしまなみで2回、通勤途中で1回のパンクと発生した、
空気圧を高圧・正常にするも、パンクの回数が多いのが現状だ、
ミニベロも空気が急激に減っているのを発見した、まさか新車でもうパンクか?
イメージ 1
すぐにチューブを取り出して確認すると、半円の2mm大の亀裂を発見、
イメージ 2
イメージ 3
タイヤを外してみると「あれ」リムテープがおかしい、途中でねじれて変形している、
チューブの傷の位置を確認する、リムテープのネジレでできた部分の位置に注目、
スポーク穴の位置とほぼ同一の場所に、傷跡がありスポーク穴と形状が似ている、
これが原因と考えてもいいだろう、リムテープを元に戻して一部を固定する、
チューブにパッチを貼り直し補修、エアーモレなしを確認してこちらの修理完了。

CALLE GOTOH 20インチミニベロ ③ 泥除け

雨により娘の学校の体育祭は延期・・・
雨も強くなってきたので、朝からぼちぼちCALLE GOTOHの改造をはじめる、
今まで泥除けのない自転車を所有したことがない、泥除けにこだわりはないが、
地道や雨などの事を考えると泥除けは必要、事前に購入しておいたパーツを用意。
ワールドサイクルで購入のアキワールドの部品は、型番変更か別のものが届いた、
松葉ステーと自在継ぎ手を期待したが、仕様変更なら仕方がないと諦める・・・・
イメージ 1
前泥除け(フェンダー)は、そのまま取り付けるがブレーキ部分の遊びが少ない、
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
後ろ泥除けはプラスチックの取付金具を使わずに、簡単な取付金具を自作した、
ポリカーボネイトの泥除けは改造は簡単だが、取り付け部分の補強に気を遣い、
長い目の金具を制作し、できるだけブレーキ部分が干渉しないように気をつけた。
イメージ 5
テールライトは前の自転車(700Cクロスバイク)から発生した廃車発生部品、
ステー部分の取り付けネジ規格が、6mmということで別部品で仮組みしておく、
後トラベゾん君からの転用部品をちょこっと組み替えてみた。
 
イメージ 6
先程から表が騒がしい、午後から本格的な雨になり雨足も早く革も増水している、
災害放送で大雨・洪水警報の発令、一部の地区で河川の警戒水位超過、
消防団への防水待機支持も出ているようだ。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ