2013年12月

出戻り標本

純粋に化石が好きという方も多いが・・・・
ヤフオクなどで高額な化石を見て、悲しいかなお金にしようという輩も多い、
現金化を見越して、化石採集に連れて行けという不届きものもいる、
私はだまされやすいのか、良い方に考え化石採集・産地案内を請け負ってしまう、
そういう輩には・・・・1回目でこれは本当に化石採集とは別の目的だとわかると、
できるだけ次回の最終は、超難易度の高い産地に案内するようにしている、
ほとんど2回目以降は、化石採集のお誘いがなくなりこれでおしまいとなる・・OK。
 
また化石が本当に好きでも、化石採集を続けられずやめてしまった友人もいる、
この標本はそんな方から、化石採取できないからと戻された標本の一つだ、
化石は和歌山産シルル紀のクサリサンゴ化石、和歌山では超レアな化石だ。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
 
登山や海遊びが大好きで、ビギナーズラックで超レアな化石を見つけたり、
採集時には大物・珍品を見つけて、ため息つかせて驚かされたものだ、
化石を辞めるにあたり、持っていても仕方ないと自分の標本をほとんご処分した、
処分された標本は私が手配し、博物館などのイベントで活用できるようにした。
また機会があれば復活していただきたい!
 
 
 
 

ワンタッチピクニカ ③

レストアの方向性(改造無し)が決定したので、今日から分解を始めることとした、
小さい(14インチ)ながらも、部品は普通の自転車と同じだけある、
状態を見ながら分解したのだが、1時間程で終了した。
思っていたよりも状態は悪く、塗装に関しては再塗装の方が良いようにも思う、
走り装置は、新車以来グリスアップなどされていないような状態で固着部分が多い、
サビも多く前輪などは、スポークは全て交換したいくらいだ。
イメージ 1
 
イメージ 2
それでも折りたたみ部分にガタはなく、良好な状態でほっと胸をなでおろした、
なぜかというとほとんど可動部分はネジ頭にカシメているためだ。
使用可能な自転車は4台あることから、急がずゆっくりレストアを進めていこう。

イノセラムスバリア

「御山」付近における化石採集は、ノジュール狙いとなるのだが、
小型のノジュールは中身ザクザク・・、大型ノジュールはイノセラムスばかり・・・
とよく言われている、しかしそのイノセラムスのジュールこそ狙い目なのだ、
大型化石が死後水流により集められ、その影のバリア部分に小型の化石が集合、
大型化石に守られてノジュールの中で、良い保存状態で見つかることが多い、
この付近の小型のジュールは、O氏により佃煮ノジュールと揶揄されるくらいの、
ごみ溜めノジュールとなるが、保存状態はお世辞にも良い状態と言えない。
今回見つけた直径50cmの大型のジュール、中はイノセラムスのふきだまりで、
なんとか見られるもの下の写真の、殻付き両核の大型イノセラムス2個、
いずれも  Inoceramus balticus toyajoanus  こちらでは普通種だ。
イメージ 1
 
イメージ 2
イノセラムスの裏側の砕けた殻の間に、アンモナイトが1個保存されていた、
イメージ 3
ゴードリセラスと思われるが、真っ二つでクリーニングの良否が問われる、
小さいながらも保存は良く殻付きなので、ちょっと期待が持てる。
イメージ 4
また同じ石に見られるこの模様は、ユーボストリコセラス2巻部と思われる、
イメージ 5
時間の関係で今回採集とならなかった石がある、大イノセラムスのジュールで、
掘り出しには時間がかかるだろう、こちらは次回のお楽しみとなった。

シャスティクリオセラス

先日の地層観察会で採集?したアンモナイト、
ドロドロで左右別れ別れの状態であったのだが、クリーニングで合体させた、
どちらに貼り付けるか迷った挙句、初房に近いほうが残っている医師に貼り付ける、
イメージ 1
コンクリート釘で分離できる場所を探し、コツンとすれば母岩から剥がれた・・・
後は標本となる方の石に貼り合わせるだけ、表面の泥を落とし整形してOK、
イメージ 2
15分ほどでクリーニング終了なのだが、印象となった方の石を水洗いすると?
イメージ 3
貼り付けた母岩の石よりも、印象となる方の石の方が内巻きがよく見える状態、
しまった・・・・もう一度反対側に貼りなおそうか?。

ワンタッチピクニカ 2

ようやくほとぼりも覚めてきたので、ちょっと自転車へ・・・・
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
オークシヨン説明では「初期型」とあったが1988年頃のワンタッチピクニカ、
大人気の12インチとは違い14インチ、チエーンドライブのもので玉の多い代物、
巷ではドロップハンドル・多段化してランドナータイプに改造されることが多いタイプ、
このサイズでツーリング仕様は、ゲテモノの部類に入るようなので今回はパス、
正統派レストアということで、オリジナル優先でレストアすることに決めました、
全長が長いために、思ったよりも輪行サイズは小さくならないようですね。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ