2014年04月

トチノキの花

以前トチノミを拾った場所に、花が咲いているのを確認しに行ってみた、
白い花を付けている木が数本確認できた、花は白い色ということは・・・
セイヨウトチノキか栃の木だろう。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
以前熊野の山中で見たトチノキは、白い花で樹形が覆われるほどで、
ほのかな甘い香りがしていた、樹下は花で埋め尽くされて雪のようだった、
まだまだ若い樹が多いからこれから楽しめるfだろう。

鳥屋城層のオーパーツ?

採集時から気になっている化石がある。
イメージ 1
注意 
1991年11月2日 Pterotrigonia hokkaidoana を含む岩塊とある。
下の写真の化石だ、普通に見れば、白亜紀前期のとリゴニアを含む石だ、
この石には白亜紀前期の標準的な化石は多く含まれている。
湯浅層などでよく見られる二枚貝、イソメドラ、コキストレナ、巻貝カシオペミ、
イメージ 2
イメージ 3
オフオラスの内型化石に、石灰藻が付着した状態で化石化したもの、
イメージ 4
有田層のネズミノテ貝(プリカチュラ)、そして三角貝(トリゴニア)
イメージ 5
イメージ 6
どこをどう見ても有田層の石に見える、採集された場所が問題なのだ?
有田郡有田川町(旧金屋町)小川(カネイワ醤油付近)なのだ・・・・・・・
南の鳥屋城層と、上部古生代の秩父系の地層にはさまれた部分なのだ、
鳥屋城層に含まれる部分なのだが、西側には第四期更新世の古期段丘体積物、
この部分は複雑に入組んでいる、剥ぎ取られた有田層の一部が堆積したものか?
以前までの古段丘体積物部分でバイパス工事があり、鳥屋城層と判明した、
この化石が見つかった下には、有田層が眠っているのだろうか?
7000万年の溝を埋める回答はまだ見つかっていない。
 

ご苦労さま・・・

家庭菜園の夏野菜の植え付けなどで一日が終わった・・・・
イメージ 1
今年もブルーベリーの収穫が楽しめそうだ、花が満開で蜂が飛び回っている、
イメージ 2
人を気にせずにせっせと蜜を集め回っている、カメラを気にせず飛び回る、
一段と大きい羽音がしたと思ったら、クマンバチ(クマバチ)だった。
カメラで5cmくらい近づいても我関せず・・・、いい天気を利用して蜜集めに忙しい、
彼らのおかげで昨年は3本の木から、6Kgの実を収穫することができた、
ジャム・お酒・生食・冷凍庫にはまだ1kg残っている、ヨーグルトのおともに活躍中、
イメージ 3
イメージ 4
3月に花が咲いたユスラウメだが、あっという間に葉が茂り実が出来ていた!
この実もブルーベリー同様に楽しめる、果樹園万歳!

よく見てみれば・・・

長いあいだ放置していた化石の整理をしている、以前にも紹介したサメの歯
工事現場で見つけたノジュール、灰白色で表面にイノセラムスが見えていた、
イメージ 1
イノセラムスに平行にハンマーを当てる、ひび割れ部分でうまく分離したが、
イメージ 2
一番嫌いなタイプ・・・・表面に粉をまぶしたような部分が見られるが、
水と鉱物で覆われている、化石自体は溶け込みを起こしているのでボロボロ・・・
この石からは、アンモナイトテトラゴニテス、ボストリコセラス、バキュリテスなど
イノセラムスの裏側の部分にに、植物片を含む見事なふきだまりが出来ていた。
イメージ 3
そこから見つかったのが以前にも紹介したサメの歯「クレトラムナ」なのだがだが、
今よく観察するとこの部分は、サメの歯の吹き溜まりだったようだ。
植物片やアンモナイト・二枚貝・ウロコに紛れて、2個のサメの歯の断面が見えた、
イメージ 4
 
イメージ 5
どちらも母岩が固く分離は無理だろうね・・・、これだからノジュールは楽しい!
 

アメリカハナミズキ

ミモザ亡き後の我が家のシンボルツリーNo2、「アメリカハナミズキ」
イメージ 1
 
イメージ 2
鉢植えの30cm苗を植えてから22年?、剪定で樹勢を抑えているために、
現在でも樹高は4m、今年もたくさん花(?花のように見える総苞)をつけた、
下から見るよりも2階のベランダからのほうが、正面から見えるので豪華に見える!
イメージ 3
白い花も2本あるのだが、こちらの方は元気がないようだ!
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ