2014年10月

仕事場の超人?

 
つい先日プレデビユーした超人が職場にやって来た、!
 
イメージ 1
イメージ 2
 
これから沿線地区の小学校などで、マナーなどの普及活動を行う予定、
まだ詳しく発表できない状態なのだが、中身は職場内の同僚?
誰もが見て見ぬふりをしているが、笑いをこらえるので精一杯なのだ、
先にデビユーし、八面六臂で活躍中ゆるキャラのお父さんという設定だ。
 

タコ足喰い(タコ配)旅行

旅行代金24500円、今年も行きたくない旅行に行く羽目に陥ってしまった。
行き先は串本・・・和歌山DCキャンペーンの協力旅行?
親睦を兼ねて串本ロイヤルホテル1泊、和歌山周遊パス利用の旅行だ。
何の因果か串本には今でも月1くらいで、BCやら写真撮影などで訪れている、
そのうえ泊まるのは味もそっけもないロイヤルホテル、ここで宴会なんかするのか、
毎日顔を合わせ仕事している仲間と、なんでわざわざ串本まで行く必要があるの?
会社と結託した○○旅行社もアコギですねですね~、フリーでこの値段ですか・・・
友人の勤めるY旅行社ならば10000円プランとか、
旅行者を集める知恵がないから、社員の懐をあてにしなければ成り立たない・・・
ああ~24500円の無駄なお金が飛んでいく、とびしま海道は来年にお預けだ。
前回の広島旅行並みにひどい内容だろうか?、実りのない旅行を良くするため・・?
行程は自分で改良・改善が必要だ、
フリープランを自分用に作り直しだ!
 

グロ注意  仁義なき戦い?

ここ一週間台風やらなんやらで、MY家庭菜園は放置プレイ?
イメージ 1我が家の家庭菜園は、植え付け時以外は無農薬を貫き通している、
その結果・・・・・我が家の菜園の土にはたくさんの生物が住み着いている、
この夏繁殖したのは「もぐら」、畑を縦横に掘り進み芝生の下まで掘る始末、
となりの猫と私が2匹退治したが、新しいトンネルからまだまだ生息しているようだ、
野菜に発生する害虫の駆除については、生物兵器(イソヒヨドリ・もぐら他)を利用、
それ以外ほぼ人力による駆除を行っている、ちょっとほったらかした隙に・・・・・・
白菜は上の状態になってしまった、美味しそうな葉の部分は食い尽くされてかけ、
イメージ 2
中心部分には4種類ほどの害虫(イモムシ?・ヨトウムシ・青虫・ナメクジ等)
によりボロボロの状態になっている、
農薬を施薬しているお隣とは雲泥の差だ、
イメージ 3
お隣の畑は週一での殺虫農薬の施薬、だからほとんど被害に遭っていない状態。
グロ注意・・・気の弱い方は無視してください
こうなると人力で害虫駆除しかなく、ピンセットを片手に一匹一匹捕まえる・・・・
イメージ 4
20
数個の白菜の中から一匹づつ捕まえる、ナメクジは塩水につけて駆除した、
イモムシは役に立たない生物兵器(イソヒヨドリ)が、作業終了後を待ち畑に侵入、
野外テーブルの上で美味しそうに、30匹ほどついばみ処分してくれた、
残りは潰してポイだ!、こんなことをこれから何回すれば収穫となるのだろう?。
無農薬栽培は、大変労力のいる栽培方法なのだといまさら考えさせられる。
スーパーの見た目の美しい野菜が、全て農薬漬けに見えてしまい恐怖を感じる。

京都 石ふしぎ大発見展

娘が「京都・石ふしぎ大発見展」に行くと言い出し、それに合わせて京都で開催中の・・
「高山寺鳥獣戯画展」を合わせての上洛?。
ここ数年光り物が多く、「石ふしぎ大発見展」に魅力を感じなくなってしまった、
ここ2年ほど大阪ショウも行っていない、化石の展示販売も少ないのが現状だ。
台風の動向を気にしながら京都へ、気の抜けるくらいのいい天気で安心した、
イメージ 1
 
イメージ 2
ショウの展示は光り物に覆い尽くされ、オカルトっぽい胡散臭い展示も散見された、
目を引くものはなく購入品は無し・・・ニチカさんのブースでエスチングのハンマー、
イメージ 3
友人に譲ってしまったスケールを再購入、2時間ほどで会場をあとにした・・・・・
鳥獣戯画展は来場者が多く、待ち時間2時間とのことで閉館までの時間を逆算、
30分ほどしか見学時間がないことから、今回は諦めて常設展のみ見学した。
 
明日は台風が接近し近畿を縦断、午後から交通は完全麻痺の状態となるだろうか?

ちょこっとクリーニング

化石採集時に持ち帰ろうか?このまま置いといて誰か見つけるだろうか?
このような選択を迫られた方も多いと思われる、部品や風化寸前のものも多く、
持ち帰るに耐えないものもあるだろうが、私はできるだけ持ち帰るようにしている。
地元の化石の特性を考えると、なにか処置を行わないと風化する化石が多い為だ、
しかし持ち帰ると今度は処分に困る・・・膨大な化石保管庫が必要になっつてくる!
そこでもらってくださいの化石が登場する、手元に置くことができる化石は少なく、
保管用の標本箱は10箱と決めているので、いい標本が見つかれば順繰りに交換、
部品状態の化石を含む化石は何かの時に、お土産にもらってくださいで処理する、
このような化石の中にも採集時の思い出がいっぱい詰った化石が数多く存在する、
化石産地案内、初めての化石採集時などで、希望する方に貰っていただいている。
そのような標本を帰宅後ちょこっとクリーニングを行った!
アイノセラス、先端の塔状の部分は無い、しかし部品でも希にしか見つからない。
イメージ 1
イノセラムス・・・トヤジョウの名を冠するイノセラムス、殻付きとなると希ではあるが、
イメージ 2
 
イメージ 3
この標本は密集していた一部分、裏にアンモナイトがついている。
イメージ 4
イノセラムスシエルターから見つかったアンモナイトの幼体、種名はわからない。
このような化石でも喜んでくれる方はいます、産地で風化したり埋もれるよりは、
化石としても満足なのではないでしょうか?
 
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ