2015年06月

田金魚、甲エビ

ホウネンエビ(豊年蝦)は、水田発生する小型の甲殻類である。
別名がタキンギョ、オバケエビなどとも呼ばれる、シーモンキーも同種、
イメージ 1
カブトエビ(兜蝦、兜海老、Triopsidae)は、鰓脚綱葉脚亜綱背甲目
カブトエビ科、
淡水性の原始的な小型甲殻類で、名前にエビとついているがエエビ類ではない。
イメージ 2
いずれも生きた化石と呼ばれ、こいつら数年前までは我が家の周りでも見かけた、
ところがここ数年・・・新しい稲用の除草剤と肥料の使用で、ほぼ全滅した!
苗の植え付け時に1回使用するだけで、収穫まで除草の必要なしという優れもの
ところがこの除草剤に疑問を持ち、いまだに除草剤を使わずに旧態依然の稲作で、
自家消費用の米を作っている友人の畑は、浮き草や雑草がどっと生える環境で、
いまだに生きた化石が繁殖している、今年も田んぼが騒がしいほど混雑していた。

アジサイの寺

梅雨時に咲く紫陽花(アジサイ)は、この時期最も親しまれている花です。
近畿地方には紫陽花寺、あじさい園、あじさいロードなど見所がたくさんあり、
近くにもアジサイ咲くの寺があり、その一つが海南市願成寺(がんじょうじ)です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
朝廷の命で湛慶上人が、待賢門院の冥福を祈る為に建立したと言われています、
本尊の木造の十一面千手千眼観音坐像は、国の重要文化財に指定されています。
また、あじさいの寺としても知られ、広い寺内には約500本のアジサイが植えられ、
開花時にたくさんの訪問客でにぎわいます、当日は雨模様で訪問者は私だけ、
あじさいはほぼ満開でした、しっとりと落ち着いた風情を楽しめました。

まもなく食べごろ ② 行過ぎ・・・

まもなく食べごろと思い、びわの収穫に行ってきた。
ところが・・付近のびわ畑はすでに収穫終了、わが畑のみ袋がかかっている、
写真は袋かけを終わったときと収穫後、4ヶ月で下草も成長して来ている。
イメージ 1

イメージ 2
今年は例年になく暑さと雨が少なかったために、完熟が早まったようだ、
確かに袋の中で腐ったびわが目立ち、収穫は例年の3分の1程度だった。
イメージ 3

イメージ 4
少しふ袋かけが遅れた為に、小さな傷や虫食いが多いように思えるが味は別物、
自宅の持ち帰り友人等におすそ分け、自分たちが食べる分は思ったよりも少ない、
来年こ収穫時期を調整しなければならない、でも行き過ぎた分甘みは最高だった。

部品ばかりです

先日の●谷のアイノセラス、乾燥が終了しました。
和歌山も梅雨に入り適度な雨が降っています、採集地はまた水の底でしょうね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
部品ばかりで今回は完品がありません、一番よい物でもキャストです。
ゴードリセラスも表面装飾や臍は保存されていません、
イメージ 4
これを言い訳に・・まだまだ産地通いが出来そうです。

平城京公園


午前中に航空自衛隊奈良基地祭を見学、午後は付近の散策・・・

十数年前に訪れた海龍王寺へ、以前のぼろ寺とは見違えるようになっていました。
法華寺も寄ってみたのですが、観光バス5台外国の方が多く今回はパスしました、
平城京あとに向ってみました、平城京も以前訪れているのですが当時は草原?
訪れた当時方々で発掘作業が行われていて、看板以外何もない原っぱでした、
大極殿跡と言われる遺構の礎石などが点在し、全貌は確認いませんでした。
今は遠目にも再建された大極殿や朱雀門が望め、大公園として整備されています。
公園の規模は縦横1kmほどの規模で、縦横に散策路と復元施設が並びます、
一言で言ってでっかい原っぱに、復元された建物と当時の遺構が残っているです、
歩いてすべてを回るならば半日を要します、プチハイキング気分ですね。
まず端っこの東院庭園から、もと皇太子の宮殿跡の庭園部分が復元されています。
イメージ 1
発掘された当時の遺構を、そのまま見えるように展示しています、復元役所もあり。
イメージ 2

イメージ 5

第一次大極殿は平城宮最大の宮殿、天皇の即位や外交などの儀式をするところ、
イメージ 3

イメージ 4
正面から朝堂院跡越しに、朱雀門から公園全体と奈良平野が一望できます。
平城京資料館は、奈良文化財研究所が発掘調査と研究をもとに平城京を紹介。
朱雀門は平城京の正面玄関、ここも一段高くなっているので見晴らしが良好です。
イメージ 6

イメージ 7

朱雀門で帰りのバス待ちの間、前方を横切る近鉄奈良線の列車の写真撮影。
イメージ 9

イメージ 8
先に訪れた空自奈良基地祭の、展覧飛行のC131・KC767もここで撮影しました。



プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ