2015年08月

奇石博物館

富士山から無事下山、下界も雨は降っていた、まず山の汚れを流し観光に変身、
お手軽観光・・・白糸の滝を見学、幼稚園入学前に私はここに来ている。
無事富士登山が終わったら絶対行こうと決めていた場所「富士宮奇石博物館」
イメージ 1
世界中の石・化石・宝石など、石にまつわる文化を扱った魅力的な博物館。
夏休みですごい入館者が居たけれど、昼時時だったのでゆっくり見学できました。
まず入場すると目に付くのが、方解石に取り込まれたトンボの化石・・・・
イメージ 2
入り口ホールでテレビ石やかんかん石(サヌカイト)コンニャク石の説明などがあり、
化石エリアから奇石エリアへ、実際手で触れたり持上げたり出来る標本もあります、
イメージ 3
全体に展示品の説明は多くやさしく説明、館内展示は明るく見やすいのが特徴、
イメージ 4

イメージ 9

疑問を逆手に取った展示方法も面白い、ちゃんと回答も用意されているんです、
イメージ 5


イメージ 6
奇石コーナーは驚きとユーモア抜群です、団子石の展示が秀逸で手が出そうです。
イメージ 7

イメージ 8
文面で表現するのは難しいですが、石の展示の見本たる博物館ですね・・続く


富士山登山③

19日無事富士山頂上を踏んだ、早朝からの行動で山頂での宿泊としたが・・・・・
高山病を考えると本来は8合目まで降りて、高度の低い場所での宿泊がベターだ、
頂上富士小屋?悪い口コミが多い小屋だ、この高度を考えるとそれもうなずける、
消灯7:00起床4:00(ご来光と売店営業の為)、食事は夕食カレーライスとスープ、
イメージ 1
朝食はご飯とレトルトさば味噌煮、海苔と漬物とスープ、一泊7500は高い・・・
ここは3700mだから高くて当たり前か?、布団はしけって重くかび臭く閉口した・・・・
夜間娘が頭がいたいと言い出した、就寝時の呼吸不足の高山病のようだ、
ゆっくり水を飲むように指示し、特効薬の風邪薬を与えたら症状は改善したようだ。
小屋をゆらすような強風と、打ちつける雨で何度も目が覚めた、下山は大丈夫か?
4時起床トイレを済ませて食堂で席を確保、4時15分には寝室に鍵がかけられた、
小屋表の扉を開け休憩所に早代わり、夜間登山の数十名がなだれ込んできた、
誰も雨具を脱がない為あっという間に回りは水びだし、マナーも何も知らないのか、
100金の雨具で登山してきた猛者(バカ)も見受けられた、これが富士山の現状だ、
早い目に見切りをつけ下山することとする、雨は思ったよりも強くなく小雨程度だ、
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

途中雨は小降りまたは止むことが多くなり、3時間でゆっくり下山することが出来た、
やっぱり富士山は登山じゃない・・・、おのぼりさんの観光地なのだと実感した。
ま~個人的には日本最高峰を踏んできたからこれでよし、2度目はないだろうな!

鉄分補給

京都の梅小路蒸気機関車館が8月30日で廃館(営業終了)となる、
翌年には京都鉄道鉄道博物館に、生まれ変わるのだから問題はないのだけれど、
そう言えばしばらく訪れていなかった・・・・・、梅小路公園も整備されたことだし、
イメージ 8
28日は鉄分補給に訪れた、あと2日ということで開館前には200人くらいの列が、
梅小路蒸気機関車間の開館は鉄道100年の年、昭和47年10月9日だったな?
開館1週間後に訪れて、長時間待ったことを覚えている、あれ以来の行列か・・・・・
当時と違い生きている(火が入っている)SLは1台、8630が展示運転中だっただけ、
イメージ 1
開業から43年蒸気機関車は残った、以前より輝きを増しているように思う。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

義経・C621・C11・D51200など、機関車も増えて手狭になってきているようだ、
C612とD51200は解体修繕中、C571は山口線、C1164・C551・D511別線留置、
見ることが出来ない蒸気機関車もあるが、触ったり写真を撮ったり煙を嗅いだり・・・
楽しい一日を過ごすことが出来た、平成28年開業の京都鉄道博物館が楽しみだ。
※今度の博物館にはC62が3台も揃う事になるんですね!

富士山登山 ②

田貫湖畔で車中泊から目覚めると小雨、ダイヤモンド富士はダメだろう・・・
天候予報を信じて水ヶ塚へ向う、大粒の雨が降り出し富士山は雲にかすんでいる、
イメージ 1
それでも天候回復を期待して五合目へのバスに乗る、五合目は晴れていた???
イメージ 2
登山に準備をして8:00登山開始、どんどん天気は回復しているようだが気になる、
イメージ 6
山頂付近に笠雲が懸かってきている、山の天気は変わりやすい物だ。
イメージ 3
各山小屋を順調に通過していく、お昼前には宝永山を下に見る八合目へ到着、
イメージ 4
娘が眠たいというので大休憩、風がきついながらもときどき日もさす登山日和、
胸突き八丁を超えて富士山頂15:00到着、日本最高峰だが感動はなく汚い?山頂
イメージ 5
ただ最高峰と言うだけで見る物もなく、やっぱり富士山は火山なんだと認識する。
イメージ 7
雲・霧に巻かれながらお鉢めぐりをこなす、このまま予定どうり八合目まで下山か?
イメージ 8
娘の体調を考え山頂宿泊か迷うが、高山病の兆候がないことから山頂で宿泊する。
頂上富士館で宿泊をお願いした、本日の宿泊者30名がら空きの状態で泊れた?

富士山登山 ①

富士山は眺める山だ・・・・そんな私が富士山登山
娘のたっての希望で今年の登山は「富士山」となった、当初は苗場山だったのだ、
私の都合、娘の都合もあり8/17~21で山頂を目指す、ところが猛暑が過ぎてしまい、
みな煮の海域には台風15・16号、日本の南岸には前線が停滞して天気はいまいち、
もっとも天気がいいのは8/21~23くらいなのだが、休暇とは合わない状態だ・・・
天気図とにらめっこして8/19~20を登山日と決める、18日は富士宮で一泊とした。
昼間に現地への移動なのfだが寄り道、大井川に架かるも木製橋「蓬莱橋」に寄る、
イメージ 1

イメージ 2
本来ならば牧の原からは富士山を眺められるのだが、今日は厚い雲の中だ。
富士宮には夕刻に到着、途中で車中から始めて富士山を望むことが出来た、
イメージ 3
浅間神社の詣で明日の登山の安全を祈願、この頃からまた雨が降り出してきた・・
イメージ 4
田貫湖に移動して車中泊、明日の天気は一応「曇」、登山日和となりそうだ。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 381系くろしお ④
  • 381系くろしお ④
  • 381系くろしお ④
  • 381系くろしお ④
  • 381系くろしお ④
  • 381系くろしお ④
  • 食堂車のペーパーウエイト
  • 食堂車のペーパーウエイト
  • 食堂車のペーパーウエイト
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ