2016年03月

宮古島

家族旅行で宮古島、2回目なのでちょっと「お父さんの時間」追加した。
 
ビーチコーミングと化石採集、あくまで家族サービス+何時も遊んでいる罪滅ぼし、
3泊4日を楽しんでいる、PCと無線ランの不調でブログののUPができなかった。
イメージ 1
 
イメージ 2
イメージ 3
 
イメージ 4
 
化石採集はなんとか行うことができた。

巨大アンモナイトを探せ ④ おまけ

仕事における一大イベントも何とか終了・・・・・・明日から休暇

紹介するのは先日の巨大アンモナイトを探せ+化石採集(0.5次会)での獲物2点、
2~3年前に開墾されたみかん畑、風化の進んだ石が旗かで確認できる、
イメージ 1
表面にはこんな物も転がっていた、開墾に早く気が付いていればと悔やまれる、
イメージ 2
風化していない石を見つけて割り進むと、ウニのような丸い物が出てきた、
風化が進行しているためにぽろっと母岩から分離した・・・・よく見ると巻いている!
デスモセラスの一種と思われる。

サクラ咲く

23日和歌山・紀三井寺のサクラ開花標準木でも、サクラの開花宣言がなされた、
今年のサクラ開花は相当混乱があるようだ、わが散歩道標高120Mの峠付近、
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
谷筋にあり陽もあまり射さない場所だが、何故か毎年サクラの開花が早い・・・・・
染井吉野で現在で3歩咲き状態なのだ、ただし付近の山桜はまだ咲いていない。
これからの時期次から次へと花が咲き、歩くことが楽しくなる・・(まもなく山菜も!)

巨大アンモナイトを探せ③

2次会での化石採集・・・地主さんのご好意で工事現場での採集が許可された。
夕暮まで時間もあまりないことから、地主さんお奨めのエリアを中心に採集した、
灰青色の泥岩から白亜紀前期の化石を探す、何故かノジュールインは少なく、
団塊状になった部分から化石が見つかる、わいわい楽しく化石採集を続けると、
まず小型のアナハムリーナが見つかる、独特の形のヘテロセラスと思われる部品、
平巻の臍の大きいアンモナイト数点、少ないながらも化石が密集している場所だ。

お持ち帰りは下写真、アナハムリーナの先端(初房)の部分の良くわかる標本1点、
イメージ 1

この産地で珍しい、装飾のない平巻のアンモナイト(フィロセラス?)が1点、
イメージ 2
ノジュールに噛み付いた状態で、表面に連室細管が見えアンモナイトと確認した。
もう少し採集できそうだったが、18:30から別用があり帰宅しなければならない、
後ろ髪を惹かれる思いで帰宅した・・・・この産地これから面白くなりそうだ!

巨大アンモナイトを探せ ②

和歌山県立自然博物館とのコラボ例会なのですが・・・・・・
やっぱり子供たちとの合同では、化石の同定や採集方の指導などの時間が多く、
それはそれで面白いのですが、自分の化石採集は出来ませんね・・・。

巨大アンモナイトを探せは16時過ぎに終了、終了後近畿地学会の方と2次会へ、
最近工事が再開された場所へ移動です、午前中に地主さんの了解も頂いてます。
イメージ 1
あたりが暗くなるまで1時間ほどの採集、これから期待が出来る産地となりました。

実は「巨大アンモ・・」は13:00からなので、朝から産地パトロールも行いました、
同じ穴の狢・・・類は友を呼ぶでしょうか、産地でばったり鉢合わせ情報交換・・・・
みんな考えていることは同じなんですね、3箇所の産地で鉢合わせとなりました・・・・
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ