2016年05月

ユスラウメ②

ここ数日の後天で一気に色がつきました・・・・イメージ 2
天敵の「イソヒヨドリ」の活動も活発になり、食べるのか遊びか赤い実が盗まれます、
鳥よけにネットを掛けました、はじめはネットの色と鳥脅しが気になり近づきません、
イメージ 1
2時間もすればほころびを見つけて進入、下部が開いているのに気が付き進入・・
イメージ 3
仕方なく下部もネットでぐるぐる巻き・・・・・・収穫が辛い物になりました・・・・・

宮古島⑰

ハート岩と言えば、沖縄・古宇利島のハート岩が有名ですが宮古にも在るんです。

宮古島のハート岩は岩ではなく「穴」です、池間島と上野村の2箇所にあります、
池間島のイズキビーチを訪れました、こちらは某TV局の朝ドラマで有名です、
駐車場が少ない為に路上駐車があふれていました、急遽キャンセル・・・

もう一箇所を訪れました、こちらは上野ドイツ文化村にあるハート岩(穴)です。
イメージ 1
上野ドイツ文化村は有料施設もありますが、園内へは無料で入ることが出来ます、
園内にはドイツのライン川沿いに現存する、マルクスブルグ城のレプリカが聳え、
内部は資料間になっています、資料館を見学したあとハート岩に行ってみました、
イメージ 2
だいぶ潮がさして来ていますが、「ハート」型の穴を確認することが出来ました。
イメージ 3
ホテルのベランダからもしっかりハートが見えました。



ゆすらうめ

今年の天候は異常か?
前線を伴った低気圧の通過があると強風が吹く、雨が降る農作物への被害が・・・
気温の変化とともにユスラウメが色づきはじめました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

あと少しで食べられそうです・・・、そう思っているのは私だけじゃないようです、
屋根の端からイソヒヨドリも色づきを確認していました、やつらも狙っています・・・
イチゴからユスラウメへ食害防止のためにカバーが必要かもしれません。

宮古島⑯

一日目の「海鮮悟空」でひどい目にあったので、2日目はちょっと方向?を変えた。
割烹レストラン「まんぷく」なんとちぐはぐな名前に惹かれたからだ・・・・
17:30過ぎにたずねると店内の電気も消えている・・・臨時休業?いえ休憩中です、
すぐに対応してくださり座敷に上がる、地元の方の利用が多く夜遅くは満員だとか。
まんぷく定食・海鮮丼、ソーメンチャンプルー、ジーマーミー豆腐、島ラッキョウ、
ふーちゃんぷる、刺身の盛り合わせなどなど大量注文してしまった。
イメージ 1

イメージ 2
板前さんがこの時間一人の為か、料理が順番に作ってくれるので時間はかかるが、
先日の店のように多国籍の海鮮魚介類でなく、ほぼ地元産の魚を使用が嬉しい・・・
特にシャコガイの刺身が新鮮で美味しい、本当のお奨めはエビと宮古牛だそうだ、
地産の新鮮魚介類がお奨め、量が多く娘が注文した定食だけでも十分だと思った。
「まんぷく」の店名に違わず、本当におなか一杯になる店だった!


海がめの為の海岸清掃

私が所属する●●●●●の、海がめが産卵に来る海岸の清掃に参加した、イメージ 1
300名が参加して海亀が産卵に来る、和歌山県の●●海岸の清掃を行った、
早めに到着して海岸を確認したところ、早くも海がめの上陸した痕跡を発見した、
イメージ 2
簡単(本当に簡単)な説明があり、ゴミ袋を持ち缶・瓶・プラスチック関連ごみを拾う、
大きな流木などは無視?、90分ほどで海岸の清掃は終了・・・・・・・・
イメージ 3
見事に漂着した海藻類まで無くなっていた、ただしその処理方法が疑問だ・・・・
海岸に大きな穴を掘りそこに埋めると言う処理方法、確かに砂浜自体は美しいが、
汚い物は埋めて見えなくしろと言う図式、確かにいつかは自然分解してくれるが、
浜に産卵に来た海がめは思うだろう、「見た目はきれいでも砂を掘りにくいな・・・」、
この処理方法に疑問を投げかけたが、以前からこの方法で行っていると事・・・・
見た目よければそれで良し的、なんか中途半端な海岸清掃でした。






プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ