2016年10月

シーズン前の化石産地巡検 ①

シーズン前の化石産地巡検①、湯浅町内のバレミアンの化石産地、
工事に伴い一時的に採集ができ、工事が終わると採集禁止になっていた。
大きく崖などを崩さないという約束をして、採集の許可がもらえたので採集できた。
イメージ 6
写真中央の青い泥岩の付近化で採集、大きく崩せないことや風化が激しい状況、
アナハムリナの雌型や部品が多く見られ、泥岩の表面にはヘテロセラスが見れた、
イメージ 1
ヘテロセラスの一種 Heteroceras aff astieri  D'ORBICNY    スケールは全て1cm
イメージ 2
ヘテロセラスの一種 Heteroceras aff astieri  D'ORBICNY    先端部の塔状部分 

イメージ 3
アナハムリーナ? Anahamulina cf,subcylindrica (D'ORBICNY )?印象化石 
イメージ 4
アナハムリーナ? Anahamulina cf,subcylindrica (D'ORBICNY )?印象化石 
イメージ 7
アナハムリーナ? Anahamulina cf,subcylindrica (D'ORBICNY )?住房の一部?
イメージ 5
なんでしょうね・・・二枚貝の部品にも見えます・・・30分の採集の成果です。

ノジュールから時々保存のよい化石が見つかる場所なので期待が持てますが・・・・
工事が始まらないとなかなか採集させてもらえない産地ので次回はいつか・・?




お父さんの日 発動!

ブスブスとくすぶっていた化石採集したい病・・・・
お父さんの日発動・・・、早朝から産地確認と新しい産地が出来ていないか確認、
有田川沿いのMY化石産地を、バレミアンからマストリヒシアンまで遡った。
湯浅町内の産地・・・採集禁止となっていたが、今回はすんなり許可がもらえたので、
イメージ 1

イメージ 2
壁面を崩さない散らかさない転石での採集、ただしノジュール(本体)はOK、
ヘテロセラス又はアナハムリナの大物、雨と陽にさらされて崩壊寸前を救助した。

有田川町内の産地・・・10年以上無稼働の土砂取場、切通が付けられたので、
イメージ 3

イメージ 4
化石包含層が見えている、青又は緑の泥岩からアンモナイトが時々見つかる。

湯浅町内3箇所と有田川(旧吉備)町内の産地2箇所、変化なし化石なしボーズ、
午後は有田川(旧清水)町内の産地・・・1箇所はボーズ化石包含層の確認を行う、
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
アンモナイト(キャナドセラス)1個と、イノセラムス多数、アイノセラス1個追加。

早足で産地の確認を行いました、旧吉備町の産地はこれから面白くなりそうですね・

古生物学会 会報

日本古生物学会の会報、「化石」と」「Paleontological Research」ご到着した。
イメージ 1
日本古生物学会は日本国内における、古生物を含む全般に対する論文紹介、
国内における情報の発信・普及を積み重ねている。
化石に関する情報など、海外発信・発表されるものが多い中で国内の情報収集、
古生物学全般に対する知識の参考書として、私にはなくてはならないものだ・・・・
ただし「Paleontological R」は英文、辞書片手でカタコト翻訳しか対応できない。
それでも写真と化石の名前の同定、産地情報などには大変重宝している・・・・
今号には次の2点の魅力ある論文が紹介されていた。

○和歌山県有田川地域の外和泉層群二川層より産する
    上部白亜系サントニアン階ーカンパニアン階軟体動物の化石  御前明洋
○Middle and late Canpanian (Late Cretaceous) ammonoids
         from the Urakawa area, Hokkaido, northern Japan

上段はそのまま日本語で読める、御崎先生の外和泉再検証シリーズ?、
下段は北海道浦河地方の白亜紀アンモナイト序層か?こちらは45Pの英文、
イメージ 2
中にはデデイモセラスの魅力的なカラー写真も掲載されている。


台風一過

台風18号は近畿地方に上陸はしなかった
台風一過の好天が2日続いたが、明日からまた雨模様となるようだ・・・・・
自宅前の田んぼ、前の台風13号による被害で倒伏した田んぼが放置されている、
イメージ 1

イメージ 2
本来なら好天を利用して刈りをするべきだが、田んぼの所有者は見ているだけ、
農地は所有しているのだが、作業は業者に依頼しているので順番待ちのようだ、
倒伏し水に浸かり台風18号で更に倒伏拡大した、こうなるともう早く刈るしかない、
倒伏の一部では稲が枯れ始めている、完熟した稲穂は倒伏し放置しておくと、
水を吸い芽を出し始めるからだ、しかし農機具を持たないこの畑の持ち主は、
天候を恨み刈り取りの順番を待つしかない。

台風18号

ここんところ台風の日は仕事というパターンが続いていたが・・・・
泊まり勤務が3泊になったり、日勤で帰れなくなり仕事場で仮眠したりなどなど
今回は万全の準備をしたにも関わらず、うまく接近前に帰宅することができた?
今度の台風の進路が北よりだったため、和歌山県にはほとんど影響がなかった。
イメージ 1
それでも15時頃には風・雨も強くなり、荒れ模様の空からは雷鳴も聞こえていた、
イメージ 2
17時頃には青空も見え始め夕焼けが、明日から2連休だが化石はまだお預けだ。

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ