2018年03月

お花見② 山桜

仕事明けで思ったよりも早く終わることができたので・・・・お花見テイク②へ、
以前から気になっていた週末ピザ屋さん、「SOMAUDO(杣人)」へ昼食+花見?
イメージ 1
紀美野町の山奥に店を構えて、現役の杣人(木こり)で週末のみ営業しているとか、
付近にはスイーツやパンやフレンチの店もあり、今注目のド田舎地帯にあります。
土曜日の昼食時間を外して行ったので、ちょうど屋外のテーブルが空いていました。

トマトソース系を希望していたのですが、家族の希望を優先して次の候補に・・・
持帰り不可のピザ2品(生ハムと水菜・リンゴとバニラアイス)と飲み物をチョイス、
注文したピザの作り焼きをのぞかせてもらいながら、出来上がりまで10数分待つ、
イメージ 2

イメージ 3
強火で焼き上げたもっちりモチモチの生地、食欲をそそるとともに歯ごたえあり。

あま~いリンゴとバニラアイスのピザは、面白い組み合わせでほっぺがほころび。
イメージ 4
生ハムの塩分とチーズの辛みが良く、添えられた野菜新鮮で歯ごたえよしです。
イメージ 5
定番のトマト系追加を要求したいのですが、不覚にもお腹が一杯になってしまい、
次回のお楽しみに、食事以外にも薪き割やハンモック体験などもできるそうです。

お花見  大池遊園

午前中の用事を済ませてお花見へ、時間の関係で近場のレトロな場所?
昔はものすごくにぎわった大池遊園、当時は夜店や屋台も出てボートも時間待ち、
10数年前は閑散とし雑草がはびこり、今は大池荘と花田屋だけと思つていた。

元公園の遊具などがあつた場所に、こじゃれたカフエとジェラートの店等が出来て、
イメージ 2
印象が変わっていたのには驚き、貸ボートの花田屋はしっかり営業していました。
イメージ 1



桜は満開で家族連れが多く賑わい、和歌山電鉄狙いの「撮鉄」にも出会いました。
イメージ 5

イメージ 6

のどの渇きを癒す為の大池カフエ「ST・ゼファー」へ、池を眺めるならの一等地で、
イメージ 3

イメージ 4
池を渡る風を感じながらのお茶を楽しみ、電車の撮影も合わせてしちゃいました。


鉄道 桜

和歌山近郊でも桜は満開を迎えた、鉄道線路と桜が見れる場所で思い浮ぶのは、
紀勢線では2月早咲きの冷水浦駅や今は亡き海南駅、阪和線なら山中渓駅だろう、
山中渓駅は以前は駅付近に旅館が立ち並び、桜の木の手入れも行われていた、
当時は駅和歌山側の桜が線路脇まで迫り、列車の通過時は花吹雪が舞った。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
今は鬼籍に入ってしまった車両たち、車窓から見る桜は今も変わらず咲いている。

旧海南駅(高架工事前)の桜も素晴らしく、駅東側の数十本が植えられていた、
この時期だけ側線留置の空貨物車が、駅本屋側に移動されて桜が良く見えた。
イメージ 7

イメージ 8

ここ数日はまだ桜も楽しめるだろう、という訳で私もいちばん桜を楽しむことにした・・
イメージ 9


初午

初午とは・・・・・2月の最初の午の日=稲荷社の祭りの日で初午詣(福詣)する?
又は厄災が降りかかり易いと言われる年齢、厄払祈願をする日となっている?
所説入り混じるが私も一応厄年に当たる(前回の厄年はスルーしてしまった)。
今更厄年参りでもないが地元の風習に習い、27日に厄払いを行ってきた・・・・・
家で厄餅やお菓子を初午に撒いて、厄を他の人に分け与えるける風習がある。
厄(穢れ)を物に託して分け与える行為は、地区の一大イベントともいえる、
今年春休みの期間中と重なり子供たちも参加、手に手にスーパーの袋などを持ち、
イメージ 1
各家を回りながら厄?を集めていく、2時間ほどで両手に持てない程の収穫となる。
イメージ 2
今年も小袋のお菓子が中心だが、お餅やパンや日用雑貨などに交じり八朔なども、
嫁さんと二人で袋4袋分、厄を払うつもりがそれ以上の厄餅(お菓子)を集めた・・・
イメージ 3
2ケ月分のお茶のお菓子に回せるほどの量(午前中)、体重も増えそうな分量だ!

松畑鉱山・鉱床の蛍石

松畑鉱山or松畑鉱床で採集した蛍石、露頭の石は泥・鉄分で汚れてダメ鉱石、
処理を行うも汚れは頑固で落ちなかった、汚れてはいるが蛍光する石ではあった、
ズリ石ではアップルグリーンの蛍石は、手にすることができないのかと思ったが、
採集した大石を小割して新鮮な面をだし、処理を行う事で見違えるようになった。
イメージ 1
☝本当の色はもう少し緑っぽい、表面は堅泥をかぶっていたのである意味で新鮮。
イメージ 2
    ☝自然光でも少し蛍光している状態   ☟ブラックライトでの蛍光状態
イメージ 3

石のブロック状態の中央付近にあった空洞、大きな正八面体の結晶を取り出した。
イメージ 4
☝アップルグリーンのきれいな結晶で一辺が10mm。 ☟蛍光もします
イメージ 5

自然光で見るとほんのり緑色の松畑の蛍石、正八面体と正六面体も見える。
イメージ 6
泥をかぶった露頭の石も処理、ここまで錆が落ちればそれなりに美しく見える。
イメージ 7
大塔から始まり松畑まで蛍石を求めた、松畑鉱山は大塔鉱山に比べてみると、
入山しやすいためか荒れている感じがする、また露頭がないためにズリしかなく、
大勢の入山者でこれからの採集は辛い、どこかにあるであろう坑道を探すかな?。




プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 113系 ⑤
  • 113系 ⑤
  • 113系 ⑤
  • 113系 ⑤
  • 113系 ⑤
  • 113系 ⑤
  • 113系 ④
  • 113系 ④
  • 113系 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ