2018年07月

紀勢西線のDF50 ③

紀勢線海南から初島間には、当時石油精製をする工場が多く稼働していた、
加茂郷には積込みの専用線もあり、此処始発の石油製品専用貨物も走っていた、
東燃・丸善などの製油所・工場から、毎日大量の石油製品が送り出された。

加茂郷駅を発車する専用貨物列車、下り列車は短いが石油類満載で定数一杯
イメージ 1
加茂郷駅は2番線からの発車、ポイント制限・上り勾配・曲線で機関車泣かせ・・・
イメージ 2
冷水浦駅を通過する貨物列車、遠方は海南火力発電所で今も景色は変わらない
イメージ 3
黒江~紀三井寺間の空車の貨物列車、定数よりも延長両数がいっぱい長い。
イメージ 4
紀三井寺~宮前間すべてタンク車で編成、50年当時は専用貨物列車が1日2本
イメージ 5
53・10をピークに貨物は減ってきましたが、EF15で数年間運転されていました。、

紀勢西線のDF50 ②

高校生時の通学経路は、野上電鉄(のてつ)で海南へそこから自転車通学で和工、
通学時間帯に撮影できるDF50列車が2本、寄り道をして撮影することも多かった、
時短者通学経路を変更して、黒江~紀三井寺間で2階建ての貨物列車を狙う。
紀勢線を初島まで運転の貨物、本州化学用の専用貨物がつながりプッシュブル、
海南で専用線の貨物は切離し、和歌山方面へ単独運転に入り専用線すぎで停車、
バックで専用線に侵入し停車、本州化学の貨物扱いを行つた後に和歌山操駅へ、
どのような運転取り扱い方法か疑問は残りますが、確かに運転されていました・・・・
私が見た当時はDF50とDD13のプッシュブル、時々DF50が変わることもありました、
定期列車とはいえ貨物がない時は、専用貨物線の列車は運転休止していました。

DF50牽引の5372列車、後部に専用線への海南折り返し381列車がくっついている
イメージ 1



後部の381列車となるDD13、ヨしか無いことから今日は受け取り貨物だけのようだ
イメージ 2

381列車として単独運転の紀三井寺~宮前間、化学薬品貨物の取り扱いが多い
イメージ 3
下り線からしか入れない専用線の為に、どのような方式で取り扱われていたのか?
どなたかご存知の方が居ましたら、この疑問に回答お願いいたします。





紀勢西線のDF50 ①

ニコンF2を得た事から鉄道写真に重点を置き、写真撮影に出かける回数が増えた、
少ない予算でシーンを切取る作戦、2月後に28mmと135mmのレンズも中古で増備、
53年春に就職した事で給料ももらえるようになり、鉄道写真にのめり込んでいった。
お気に入りの蒸気機関車は47年にDL化、電化を控えDF50が最後の活躍中、
高校時代から引き続きDFを追いかける、電気機関車の練習運転も始まった。

前日アップした紀勢本線岩代付近、海岸線を走るDF50やDC特急も多く楽しめた、
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
写真で見ていただくと一目瞭然・・・砂浜が現在の3倍の広さであることがわかる。

車窓

朝の通勤はローカルしかないので1時間40分、帰りは特急通勤で快適な1時間、
海岸沿いの線路なので車窓を楽しみながら通勤、特に岩代付近が海に最も近い、
台風接近や低気圧などの影響がその日の海の表情を見ていると一目でわかる。

平穏・・・年々小さくなる砂浜、海岸線には海亀の足跡も確認できる・・・
イメージ 1
台風接近、判別できないが、波の立つ付近にはサーフアーが50名ほど浮かぶ・・・
イメージ 2
台風が発生すると海にうねりが入る、それにしても海岸線が後退し痩せてきている
イメージ 3
前線に伴う明暗の境、雲の下は雨が降っている間もなくここも雨が降り始める・・・
イメージ 4

通勤途中でぱっと開けて見える海が、眠気を飛ばして生気を与えてくれる!


わがカメラ遍歴①

4連休は仏壇の引っ越しや法事があり、結局どこにも行かずに家で過ごした・・・

4月から始めた写真のデジタル化は、のらりくらりと行っているので進まない、

また写真の状況や一部のフイルムやスライドのカビの処理などが遅延の原因だ。
今の写真はデジタルで記憶媒体に保存なので、カメラレンズに資金を投入できる、
当時はフイルム1本の購入と現像と焼き付けで、2000~2500円くらい必要で、
無駄な写真を撮る余裕もなく、撮影旅行では撮影写真や旅行費用を計算して撮影、
そのことを考えるといい時代だな~とつくづく思ってしまう・・・・
イメージ 1
友人に写真機を借りて撮影していた時代は、主にオリンパスペンで撮影していた、
小学校4年生の時自分で買える範囲という事で、サクラパック100を購入した、
特殊な126サイズパックフイルム使用、ランニングコスト高目で1年間ほど使用した。
2代目はアルバイトのお金を投入し中学生時代、ヤシカエレクトロ35GTを購入、
イメージ 2
アタッチメントレンズ使用で広角・望遠が使え、35mフルサイズで重宝し現役。
鉄道や人物・旅行写真など撮影、高校生時代もこれを活用して鉄道写真を撮影、
レンズが固定で有るのとピントが甘いのが難点、高校2年の冬に決断して買替え、
イメージ 3
アルバイトで貯めた貯金をすべて投入して、ニコンF2フオトミックを選択した。
(写真は個人所有の物とメーカーの写真を借りました)



プロフィール

c58224

ギャラリー
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ