2018年07月

ブルーベリージャム

自宅の庭で育てているブルーベリー、現在は3本になっているがたわわに実った、
完熟を待ち冷蔵庫で保管して、ある程度(2K)たまったのでジャム作りに挑戦、
水洗い→加熱→砂糖投入→煮詰める=完成・・・アントシアニンが目に良いそうだ、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
昨年はほぼ自家製ジャムで通した、次の候補は・・・・イチジクかな。


寝たきり老人製造病院②

寝たきり老人製造病院を退院してから2週間、病状はゆっくりと回復している・・・・・
退院前に退院後のケアの説明を聞くも、転勤等で多忙なら省略しても良いですよ・・
その一言が怪しいので無理にでも説明を聞く、入院中の事故防止の言い訳ばかり、
退院後にどうしろとか言う説明は無し、又母から聞いた内容とは大いに違っていた、
病院の説明では少し痴呆が進んでいるとの事、入院前の状態とは明らかに違う。
こちらからの質問には個人差がありますとか、本人の勘違いとかはぐらかされる・・・
ただし退院3日前には急に監視が解除、自由にベッドから離れられたのが不思議?

退院後急遽家のバリアフリー化工事や、近くの在宅支援ケアセンターの申し込み、
翌日からデイケアセンター「ぽ〇かぽか」さんに、周3回の通所を始めるにい至る、
出来る事は自分でとの事で、食事以外の簡単な日常生活作業は自分で行うように、
ケアマネージヤーから指示を受け、病院生活での悪行をリハビリを行い始めた・・・・
出来ない事は家族で介助を行い、通所日以外も同じリズムで生活出来るよう準備、
1週間で母の動きに変化が表れ始めた、下の世話に関してはほぼ介助なしでOK、
睡眠も十分にとれるようで、食事の量も増えてきたので栄養剤の摂取は中止した、
若干の痴呆はあるが記憶力は回復、自分で何かをしようという行動も見られる・・・
今はゴミ屋敷と化した元の住居の整理、個人品の整理等にいそしんでいる状況、

今は半老人病院と化した紀美野町の公共病院、今も患者は動かせない縛り付け、
病院内での安全第一でベッドに縛り付け、事故防止を合言葉に入院患者を管理、
寝たきり化の促進に慢心中だろうか、緊急時は自ら選んで入院ができませんが、
病院は選んで入院しなければといけないと、今回の事柄で勉強しました・・・・・

今北の地で話題の椎骨

北海道の芦別地区で発見された骨、当初は発見地から海生爬虫類と思われたが、
北海道大総合博物館と三笠市立博物館の研究で、肉食恐竜の物と確認された。

実はこの骨は近畿地学会の例会で公開され、怪しいブツとして話題となりました、
小川さんおめでとうございます、あの時の怪しい骨が肉食恐竜(ティラノ)だった。


イメージ 1

イメージ 2
例会では海生爬虫類の骨と思い、思いっきり触らせてもらったりほおずりしたり?
化石の収集を趣味とする一人として、石はやっぱり死蔵せず公開することが大切、
この事を実感できる今回の発見でした、「恐竜発見おめでとうございます!」。



ポジ(スライド)スキャンのカビ

鉄道写真のデジタル化作業の一つ、スキャンによるデジタル化を進めている、
2年に一度のサイクルでカビ防止剤を使用していたのだが、やっぱり発生していた。

雨中の三瀬谷鉄橋でのDF50の客車列車、ノーマルでスキャンすると下の状態・・・
イメージ 1

下の画像は、ゴミ除去を「強」でスキャンする、この程度で充分か?
イメージ 3

純水(蒸留水)で洗浄したのちにスキャン、ゴミ除去は「OFF」で・・・・
イメージ 2

無水エタノールで洗浄したのちに乾燥、アレ黄色くなっているがカビは消えている。
イメージ 4
以上の実験を踏まえて、蒸留水で洗浄が一番よろしいようでね!


プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ