2020年01月

コバルト華

  大勝鉱山跡のコバルト華、3回の廃坑探査で見つけた鉱物、
  自宅に残っていた持ち帰りの石を小割、石英脈に絡むコバルト華が美しい、
  坑道内に残された石でさえこんな状態、坑道上部はもっと赤く染まっている。
  YAMA5454
 
  YAMA5452

  YAMA5450
  時機を見て残る坑口の探査をと思うが、一人ではなかなか辛いところがある、
  化石と違い穴に入らなければならないという、命に係わるリスクがあるからだ、
  坑口近くのズリを狙うのも一つの手段だが、ズリはズリ程度の良い石は少ない、
  小さな結晶にも花がある、鉱物に手を出したのは失敗だったと後悔している。



初採集の化石②

 初採集の化石の検証・・・・・二枚貝じゃなくて頭足類の鰐器じゃないかな?
   
  YAMA5439
    アンモナイトの鰐器 外和泉層群二川層 25mm

 当該の産地からは多くの頭足類が見つかる、頭足類の鰐器の形状はというと、
 二枚貝のイノセラムスにも似ている、この産地からも小型のイノセラムスが出るが、
 殻が残るものは少なくほぼ溶け去っている、鰐器はカルシウム分が多く殻が残りやすい、
 クリーニングしずらい石なので、先端部分が確認できないもどかしさが残るが・・・・・
 同時代・同産地となる延長線上の化石山、ここからも鰐器が数多く見つかっている、
 このことを考慮して上記の同定となりました。

 参考に化石山の鰐器の写真載せておきます
 F213

 F212

 F022



近畿地学会第44回総会 ③

くじ運最悪でも今回は交換品が多かったので、第二希望品が残っていた、
鹿児島県喜界島の更新世の化石、Y会員が遠征して採集してきたもの。

 YAMA5432
  前回の室内例会では出品なく、手に入れることができなかった腕足類化石、

 YAMA5435
  もう一つがカタツムリの化石「トコヨマイマイ」、残っていてくれました・・・

近畿地学会第44回総会②

くじ運が悪く19人中の19番、つまりべべ(最後)だ!

 当初取らぬ狸の・・・で予想していた希望品はすべてなくなっていた・・・
 それでも化石以外のものは少し残っていて、水晶と金鉱石をいただいた、 
 YAMA5415

 YAMA5420
 岐阜県神岡鉱山の水晶の群晶、表面には大小の色付きの魚眼石が付いた標本。

 YAMA5422

 YAMA5424
 兵庫県富栖鉱山の金鉱石、この鉱山は現在ラジウム浴のできる場所になった、
 先の標本には自然金が見えるものもあったが、この石は水晶+粉金程度が見える。

 YAMA5425
 この標本は抽選会とは関係ないが、化石好きの方からの頂き物の海外産、
 ネパール産のトラバイトトルマリン(苦土電気石)で、うろこ状の白雲母に囲まれている、
 ジャジャルコット産でたいそう珍しいものだそうだ?


近畿地学会第44回総会

化石三昧の日が続く・・・・
近畿地学会第44回総会が行われた、午前中は今年度の会の運営についてYAMA5401

午後はスピノサウルス発見秘話と、スピノサウルスの歯のクリーニング秘話、YAMA5404
2つのためになる面白い講演が行われた、各会員の情報交換も盛んで、
化石談議に花が咲いた、最後の化石の交換会各個人の一年の化石の成果。?YAMA5405

 また書籍や資料もたくさん集まって期待が持てたのだが・・・・・
 私のくじは19番ビリケツ・・・

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ⑤
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
  • 有田鉄道線 ④
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ