2020年09月

四国のDF50 ㉑

南国の四国でも雪は降る・・・しかしスノープラウ(雪かき)は必要か?
四国のDF50を見て気が付いた、スカートの下に4本の取り付け台座が装備されている、
 IMG_20180624_0032
まさか四国で雪が積もる話など聞かない、しかし内陸部の土讃線では降雪があるという、
山陰方面から転属したDF50の500番台、こちらにはもちろん使用実績はあるが台座は無い、
高知機関区に問い合わせたところ、全てのDF50ではありませんが冬季は装着するとの回答、
高松運転所は装着の予定がないとの事だが、運よく多度津で撮影した両線区の貨物列車・・・・
 IMG_20180713_0024
DF501とDF5046のいずれにも装着されている、あれ・・高松運転所は装着しないのでは?
数回の撮影目的の訪問で確認した装着車は6両、1・28・46・47・61・570も装着を確認した、
 IMG_20180718_0020
 IMG_20180718_0008
 IMG_20190313_0156
 IMG_20180718_0009
 SK_0025
※ウエブで調べてみたら、つい最近でも雪による運転不能で運休があったんです、
 確かに土讃線の一部の地域では、積雪対応でスノープラウは必要になるのですね。

四国のDF50 ⑳

四国に初めて足を延ばしたのは、友人と四国全線の乗りつぶしで訪れた時だった、
1泊2日で全線を乗りつぶし小松島港線と、予讃線の坂出で待ち時間で写真撮影、
乗りつぶしは時間の関係で急行・特急を多く利用した、途中行き違いでDF50も撮影、
帰り際の時間調整で坂出で下車して撮影、土讃・予讃両線の列車が行きかい賑やか、
  F505
  IMG_20180718_0013
  IMG_20180718_0015
駅で販売されていた練り製品の揚げ物がおいしく、熱々を頬張り撮影を続けた。

撮影に来たにもかかわらず天候が急変、朝からしとしと雨が続き浅海行を戸惑った、
駅付近で撮影できる場所ということで、伊予和気駅から数分の土川橋梁に行った、
  M247
  M248
傘をさしての撮影は暗い空と合わせて気が滅入る、撮るごとに嫌気が増してきて中止、
松山の道後温泉入浴に急遽変更、乗り継ぎを行い道後温泉につかり疲れを癒した。
今と違いスマートフオン愚か携帯電話もない時代、アプリで雲の動きが読めないので、
午後からの天候の回復など予想できず、慌てて伊予北条に移動して撮影を続けた。

四国のDF50 ⑲

土讃線落穂拾い・・・

土讃線では高知区のDF50が運用についていたが、高松区のDF50も入線していた、
深夜時間帯にDF50重連の貨物列車があったが、なぜか夜間撮影はしていない?
DE10に置き換えられるとはいっても、今のような悲壮感はなく撮影をしていた・・・
観光を兼ねた撮影旅行が多く、龍河洞や桂浜や大歩危遊覧など観光して楽しんだ。
紀勢東線のDF50で燃え尽きたという感じが強く、フアンが集まりだした頃は静観した、
移動中に下車して反対列車を1本撮影後、次の列車で移動などして楽しんだ状況。

 👇大杉~土佐穴内間 天然のミョウガが自生する山の斜面で撮影
  IMG_20180715_0010
  IMG_20180715_0011
  IMG_20181201_0023-1
 👇三縄駅で行き違いの反対列車
  IMG_20181103_0108
 👇佃~箸蔵間の吉野川橋梁 ものすごく暑い日で外で撮影するのは超危険
  IMG_20180713_0001
 👇小歩危駅での行き違い 手前の始発列車で新改へ移動中のスナップ
  SK_0030
 👇琴平~塩入間 バックは金毘羅宮のある琴平山
  IMG_20181103_0130


四国のDF50 ⑱

四国の名峰「石鎚山」をバックに走るDF50、このシーンを撮影しようとして訪れた、
2回の訪問で伊予西条から玉之江まで、石鎚山をバッツクに写しこめなかった写真、
訪問当時はまだDF50の500番台が、多く活躍している状況で写真に収められた、
米子からの転属車も多く残っていて、マン・ズルーザーのエンジン音が楽しめた。

      👇伊予西条~石鎚山間
  IMG_20180718_0001
  👇石鎚山~伊予小松間
  IMG_20181103_0114

  IMG_20180718_0036
      👇玉之江~伊予小松間

  F498

  EPSON701

  SK_0011
     👇下の写真の左端に写る楼閣のような建物、偽の城(城郭を模した施設)?
  IMG_20180719_0003


四国のDF50 ⑰

旅の途中でDF50撮影 土讃線佃駅
鉄道とは関係ない旅行で高知へ1泊2日の旅行、帰りに阿波池田からの別行動・・・
友人たちは徳島行の列車の待ち合わせで、ここで約1時間の待ち合わせとなる。
私は土讃線の列車でお隣の佃へ、駅を出て徳島方に猛ダッシュ・・・上り貨物狙い。
  IMG_20180713_0003
  F540
  F541
望遠と標準レンズを使い分け佃駅通過を撮影、すぐに後を多い吉野川橋梁の前に、
小道を使い高台で線路が見える位置に移動、DF50貨物は吉野川橋梁を渡り対岸へ、
勾配を上るDF50をここでワンカット撮影、まもなく箸蔵で貨物列車同士の交換がある。
対岸の箸蔵駅発車の汽笛が聞こえた、今度は対岸の線路をDF50の貨物が下ってくる、
  IMG_20180713_0038
  IMG_20190313_0142
  IMG_20180624_0022
吉野川橋梁を渡り佃駅に入ってくる、この列車を高台から撮影したらすぐ佃駅に向かう、
阿波池田方面から徳島行のローカルまで15分、息を整えて徳島行に乗車した・・・・・
車内では友人たちは宴会の真っ最中?、最初の一言は「あれどこに行ってたの」だ。
土讃線の阿波池田~箸蔵間の線形を見ると、大きくカーブを描き吉野川を渡る関係で、
1本の列車でも車などの移動手段があれば、同じ列車を2本撮影できる条件が整う。

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ