2021年04月

野上電鉄 秋~冬

秋の稲の収穫期を終えると沿線は寂しくなる、ただただ刈跡が残る田圃、
春までの間田圃を休ませて来年に備える、この時期は籾殻を焼く煙が漂い、
一段と寂寥感を大きく感じるようになる、まもなく冬がやってくる・・・
野上電鉄の車両には暖房設備がなく、冬場はただただ底冷えのする車両、
隙間だらけの窓からは隙間風が入り込む、乗るのもためらう季節がやってくる。
富山地鉄からやってきたデ5030系改めデ10型、この三両は当初から暖房付き、
ただし連結ができないために単行運転が主で、早朝深夜には運転されない状況。
👇暖房付きのデ10型(11~13)  下佐々~龍光寺前
 NT0641 龍光寺前~下佐々 デハ13
利用者からの苦情で旧来の車両にも、暖房が付き始めるが焼け石に水程度の数、
運転席に早期に優先的に設置されて、客は後回しの旧来の体質が抜けていない。
👇冬空の下 登山口~下佐々  モハ24 
 NT0644 下佐々~登山口 モハ24
👇北山~八幡馬場前  モハ32+クハ102
 NT0603  北山  モハ32+モハ26
👇紀伊野上~動木  モハ32
 NT0829  紀伊野上~動木 モハ32
👇動木~紀伊野上 モハ27
 NT0845 940300 動木~紀伊野上 モハ27
👇北山~野上中  モハ31
 NT0048  野上中 モハ24
野上谷と言われるくらいで冬は寒い、南国紀州と言えども冬場は雪が積もる日もある、
昭和40年(1965)の雪害では、積雪により数日間の運転休止も発生している。

4月22日 環水平アーク(水平虹)が出た。

ここ数日は昼間と朝夕の寒暖の差が大きく、高層の大気温が低い日が続いた、
数日前から日傘や環天頂アーク(一部)、タンジェントアーク、内暈、幻日、光環、
所々に彩雲などもみられる状態が続いていた、適度の雲があるので条件は良い、
通勤途中の車中から彩雲や幻日が見えていたので、期待をして仕事場に着いた。
👇通勤途中の車中より撮影した彩雲  2021.4.22  8:30
 NDF_1309a
👇通勤途中の車中より撮影した右幻日と幻日環   8:45
 NDF_1312
仕事が始まってからも空の状況が気になり、それとなく別の言い訳を付け表に状況確認、
雲が増えてきてはいたがお昼前の小休止の時、最大?の還水平アークが出現していた。
👇仕事場の屋上より撮影した環水平アーク  2021.4.22.  11:15
 NDF_1317a
 NDF_1314a
 NDF_1315a
      NDF_1325a
11:45頃には雲が多くなり日傘(内暈)が優勢になり、環水平アークは消えていた。

環水平アークは、水平環、水平弧とも呼ばれ、地平線(水平線)側つまり太陽の下、
太陽に近い側から赤~青~紫となり、太陽下方に普通の虹が水平になるように見える
寒気で出来た大気中の氷の結晶に、太陽光線が反射し屈折して輝き見えるとの事です。

野上電鉄 秋

春は一面のレンゲ畑が水田に変わり、夏を過ぎると稲の穂に実が入り始める、
春のレンゲ畑の写真はたくさんあるのに、稲が黄金色になる秋の写真が無い、
あるにはあるのではあるが白黒の方、カラー写真は数枚しか残っていない。
👇龍光寺間~下佐々  クハ101+モハ27
 NT0635 龍光寺前~下佐々 クハ101+モハ27
👇龍光寺間~下佐々 モハ31+モハ24
 NT0637 龍光寺前~下佐々 モハ32+モハ24
👇紀伊野上~動木  モハ23
 NT0040 北山 モハ32
👇北山~野上中 クハ101+モハ32+モハ24
 NT0609 820105北山~八幡馬場 モクハ102+ハ23他 3連

デディモセラスクリーニング ②

久方ぶりの化石ネタ・・・12月に採集したデディモセラスのクリーニング。

採集時にえげつない場所で割れてしまい、途中のクリーニングでも同様に修正せず、
塔上部の状況を確認するという目的で、割れた面からクリーニングを始めた結果、
変な方向でのクリーニングが進んでしまった、塔上部分は3段あるのだが先端部分は、
方解石化してしまい何処までが本体か、それとも母岩にまつわる亀甲石化の部分が、
複雑に絡み合うとともに潰れている、また塔上部分は隙間が空く形状のゆる巻きで、
わずかに斜めからの圧力を受けてずれが生じ、方解石化で潰れているのか確認できた。
小割しながら本体位置を確認して進めるが、石が固くクリーニングの合金製タガネが、
事あることに火花を散らす状態で、合金部分が舐められたり変形する始末で困った、
そうこうしているうちに方解石部分は割れるは、あらぬ方向に飛散するわで悲惨な状況、
なんとか部品を集めて最後は接着剤で、粉々になった(した)部分を14か所も接着した。
👇クリーニング途中で方解石化した部分にてこずる・・・
 YAMA6213
👇大きい部品は6個ぐらいになった。
 YAMA6215
👇盆栽的復元になんとかこぎつけた、寄生の貝付き  全高120mm
 YAMA6226
👇上部から見ると・・・悲惨
 YAMA6228
塔上部分の隙間に部品が詰まっていることから、2段目が完全につぶれているのかも、
何とか見られる状態まで持ってきました、やっぱりエアーチゼル購入した方が良いのか?

野上電鉄 若葉の頃

夏の野上電鉄はひたすら草まみれ・・・、初夏に行う除草剤散布も焼け石に水、
沿線は草に覆われて行ってしまう、沿線が緑に包まれるこの時期も捨てがたい。
👇動木~紀伊野上 モハ32
 NT0337 動木~紀伊野上 モハ32
野上小学校の校舎増設と大成高校の建て替え、道路の拡幅工事が始まった、
動木~龍光寺間の切通し区間に、簡易トンネル(暗渠?)が作られることになり、
覆いをかけ土砂を投入するだけの工事で、工事はあっという間に完成してしまった。
👇動木~龍光寺前  モハ23  工事前、右奥は切通し
 NT0033 龍光寺前  モハ23
👇動木~龍光寺前 モハ32  右奥にできたばかりのトンネル?
 NT0351 龍光寺前 モハ32
👇動木~龍光寺前  クハ102+モハ  1993年頃
 NT0345 940300 龍光寺~動木 クハ101他 2連
ここは新しい撮影場所にも利用できる、早々にここから龍光寺方面を撮影した。
👇動木~龍光寺前   モハ32
    NT0353 龍光寺前 モハ32
👇動木~龍光寺前  モハ24
        NT0355 龍光寺前 モハ32
 

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ