2021年11月

きのくにトレイナート デザイン列車

きのくにトレイナート2021が終了した、合わせたデザイン列車プロジエクトも終了。
10月31日からの「きのくにトレイナート2021」、227系の1編成がラッピングされた、
開催に先立ち「先の先の先」をテーマに、未就学児~高校生よりデザインを募集、
和歌山市内の小学3年生が再優秀デザイン賞に選ばれ、その作品が227系のボデイに、
毎回度肝を抜く作品が選ばれるが、今回の作品はおとなしいほうだったと思う。
会期の~11月21日までの予定であったが、運用の都合で3日か程伸びたようだ。
227系のボデイの未塗装部分を利用していたので、今回は終了後にすぐはがされた、
以前の105系のように長期間の掲示は無く、短期間で終わってしまい残念だった・・。
きのくにトレイナートは今年で終了となるが、新たなプロジエクトで再見できる事を願う。
👇2021.11.6 紀伊田原~古座 2324M
 NDF_5240
👇2021.11.6 岩代~切目 2362M
 NDF_5515
👇2021.11.6 印南駅 2363M
 NDF_5584
👇2021.11.14 紀伊田辺~芳養 2362M
 NDF_5705
👇2021.11.14 紀伊田辺 2355M
 NDF_5697
👇2021.11.27 古座~紀伊田原 2329M
 NDF_5891
👇2021.11.21 紀伊田辺 2368M
 NDF_6356
 

干支の山 丑年(牛廻山1206m)

別にサボっていたわけではありません、コロナ下で開催を取りやめ単独行へ、。
連休3日目天気が安定して寒さが増す、本来なら1月に行っていたであろう干支の山、
本年もあと1月を残す状態ではあるが、ついつい後に回していた干支の山・牛廻山へ。
👇うざったいくらいの酷道425号線から見る牛廻山 (中央の落葉樹の山)
 YAMA6502
自宅出発時は零度車のフロントガラスは氷結、登山口の蟻ノ越(牛廻越)は1℃だった、
車が入れそうな林道を歩き登山口へ、遠くに大峰奥駆道の山々が望める場所があった。
👇大峰奥駆道を望む 台形の茶臼・尖った釈迦が岳・・・
 YAMA6508
林道を歩き登山口から尾根筋をたどる、前々日の雪が所々に残る登山道は落葉の山、
クッシヨンは良いのだが枯葉の下の状況が不明、霜柱・岩・根が足に絡んでくる・・・
国道425の分岐から1時間30分で山頂、誰もいない山頂を独り占め・・この時期だから。
👇展望が効かない牛廻山山頂
 YAMA6537
👇大峠山への快適な道(落葉でふかふか)
 YAMA6525
時間が早いので大峠山を探索することにした、尾根筋を外さず地図で確認し山頂へ、
ところが何もなく行き過ぎてまた戻り、杉林の中に大峠山1212mの札を見つける。
👇杉林の中で山名札(大峠山)発見
 YAMA6547
牛廻山に戻ると三角点に飴が置かれていた、最初に着いたときは無かったはず?
気にしないで昼食を食べて下山した、途中の登山道にも自分の足跡しかない・・・
👇峠にある地蔵尊、古の牛廻越の古道を守っている
 YAMA6531
誰が飴を置いたのか気になるがお終い、帰りは牛廻越えの古道を利用して下山した。



冬支度他

今朝目が覚めると放射冷却により、家の周りに霜が降りてて真っ白になっていた。
4連休2日目マイカーの冬支度、夏タイヤから浮揚用のスタッドレスタイヤに取替。
 YAMA6493
 YAMA6496
 YAMA6498
まだ大丈夫だがタイヤチエーンの積み込み、来るべく化石のシーズン?に合わせ、
常備用の化石採集道具の積み込み、野外で使用する食事用の道具の積み込み。
前回鉄道写真撮影時に轍で亀になった、それ以来マフラーと車体が過干渉していて、
停車中や走行中に反響音が強く困っていた、整備工場で見てもらうと下からの圧力で、
エンジンとマフラーの接読部分の継ぎ手が、約10mm程エンジン側に圧し潰されており、
この部分の交換が必要との事だった、要するにボデイの一部とマフラーが干渉している、
この部分の下部には燃料タンクもあるのだが、当たっているのは問題の無いボデイの方、
接触する部分だけ5mm程変形?していただいた、干渉する部分に逃げをボデイに制作。
 YAMA6494
シャーシブラックを吹き付けて終了、ボデイとマフラーの干渉はほぼ無くなり共鳴もなくなった。

信楽狸

4連休です!
嫁さんと久方ぶりの外出はドライブで信楽へ、土曜日にもかかわらず人が少ないのは、
西高東低の冬型による思わしくない天気、時折氷雨が通り過ぎる信楽を楽しみました。
DSC_1582

DSC_1583

DSC_1580
すぐ隣を信楽高原鉄道が走りますが、今回狸の置物探しで鉄分なしです・・・・
どこもかしこも狸だらけで迷いましたが、1匹我が家の庭に移住していただきました。

表銀座縦走 槍ヶ岳を目指せ⑤

1984.9.9 残念ながら雨はやんでいませんでした、美味しい朝食をいただき登山道へ、
穂高奥宮と明神池を詣でて小梨平まで樹下の小道を歩く、上高地はもう観光地で通過、
   IMG_20211025_0139

  
      IMG_20211025_0143

           IMG_20211025_0148
    IMG_20211025_0147a

そのまま梓川の横を歩きウエストン広場、田代池を得て大正池の畔まで小雨の中を歩く、

 IMG_20211025_0150

大正池でバスを待っているとタクシーの運転手につかまる、料金交渉の上バス代同等、

格安で松本まで相乗りで向かう、松本からは大阪行きの「しなの」を捕まえて帰宅した。

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ