2021年12月

フル編成が行く

コロナウイルスによる行動自粛や、経済活動停止それに伴う行動制限などで、
長らく鉄道業界でも特急列車の半減や、旅客減少に伴い編成両数の短縮された。
新たな変異種の蔓延の兆候もあるが、経済活動か復活に向かい動き始めている、
運転休止も解かれるとともに臨時列車、年末年始輸送の増結も始まつて来た。
本線上を走る特急列車も9両に増結されて、久々に活況をしている様に見える、
一部の列車(新幹線)では指定席売り切れ、100%乗車率の列車も出ている。
見ているほうでも写す方でも編成が長く、期待大で撮影意欲が増すのだが・・
師走・新年の言葉に踊らされてしまい、なかなか撮影に行く事すらかなわず、
通勤途中で帰宅電車を1本遅らせたり、仕事の休憩時間に撮影しています。
👇紀伊田辺駅 2063M
 DSCN3068
👇紀伊田辺~芳養 2070M  
 DSCN3064
👇稲原駅  66M
 DSCN3085
 DSCN3086
👇稲原駅 7055M
 DSCN3088

  
 

年末年始へ向けて・・・

今年の正月休みが決定した・・・12/30と1/1と1/4の3日だ。
年末年始の休み前にしなければ成らないこと、餅つきと年賀状の準備だ、
休みを利用して今年は早い目の餅つき、家の中に2匹の毛玉が居る環境でだ、
1匹はおとなしく区域外へ追い出し眠った、問題の猫はこの場所が暖かいので出ず、
高みで静かに餅つきをの間中は監視していた、毎年恒例の餅つきは嫁さんと家で行う、
今年は白餅1、小豆1、草餅(よもぎ)の3臼、餅つき機でつくのでいたって簡単、
6升のもち米を3回に分けてついた、今年は昨年より3升少ないので早く終わった。
 1640596022917
 1640596011033
時間に余裕ができたので年賀状作り、PCのソフトで作るので簡単と思っていたのだが、
数日前にWindows11にグレードアップ、この時点で使えないソフトが多くなり、
「シリアルの入力を」などと言うメッセージが出たり、作業速度がのろまになったり、
各方面で不具合が出て冷や汗もの連続、プリンターも認識してくれず印刷ができない、
追い打ちをかけるように年賀状を発売する郵政のソフト、ハガキデザインキットが終了、
新たな代替えソフトはウエブ印刷のみ可、このソフトで宛名書きを管理していたので✖、
幸運にもCVSフアイルで残していたので、買い出しはできるのだが宛名の印刷には、
一名づっのPDFフアイル変換で対応してとの事、年賀状を売りさばいていて後は知らない、
売るのなら無料ソフトぐらい提供しろよ、きっと郵政は年賀状廃止に向けて進んでいるのだ、
ともあれエプソンのphoto+でCVSフアイルが読み込めた、これで事なきを得る事が出来た、
宛名・賀状面を3種製作して印刷、年賀状は60枚を3時間で仕上て投函する事が出来た。

モルト二セラス?

数年前に吉見坂付近の露頭の転石から、15㎜の小さいアンモナイトを見つけた、
熊住池から矢熊池を結ぶ線上の北寄り、上部白亜系のAlbian階の地層が分布し、
過去の工事においてMariellaMortonicerasが産出、研究もなされている場所だ、
(参考文献 Discovery of mid-Cretaceous ammonoids from the Aridagawa area,
Wakayama, southwest Japan  和歌山出身の御前先生の論文)
付近の露頭で採集できる場所は皆無で、みかん畑の間の林間で転石を確認した。
灰白色のシルト質泥岩が多いが風化が激しく、Desmocerasの印象が見つかった、 
 I376
数か所でボウズを食らいながら探す、吉見坂付近の林間の転石を割り砕いた時に、
1円玉サイズの不完全なアンモナイト、小さいながらも正常巻きの不完全な個体、
アートナイフで何とか臍の部分も分離できた、小さすぎて初房部分と思われる。
形状を観察すると分岐肋なし、密巻き、肋に2か所のコブ、螺菅の内側の突起
螺菅の背の部分が突起状を成しキールが無い、肋の間隔が広いを考慮して同定、
ただし初房に近い部分であるために、成長した姿とは幾分違う印象・姿である、
この事を考慮+だったらいいな~も加え、個人的にMortonicerasと同定した。
  YAMA6620 (2)
 Mortoniceras sp. 15mm 和歌山県有田郡有田川町
  中生代上部白亜系 松原層? Albian?

YAMA6629
この付近を採集された方及び、この化石の正体がわかる方いましたら教えて、
なんだかんだで3年以上ほったらかしの石、同定して一応白黒つけました・・・。


急行「きたぐに」

大阪~青森間を結んでいた急行列車、初めて乗車したのは12系の客車急行時代、
周遊券で乗れる急行列車と言う事で、大阪~新潟間の自由席に乗車している。
社会人となって趣味の山登りで北アルプスを目指し、急行「立山」の夜行を利用、
立山廃止後はもっぱら「きたぐに」の愛好家となる、北海道からの帰りには一度、
青森~新潟間12系座席車~新潟~大阪間は10系寝台車に全区間通しで乗車もした。
車両は12系から14系に代わり運転を続けたが、最後は583系大阪~新潟間になる、
きたぐにを狙っての撮影は無いが、多くの場所でフイルムに残していた。
👇青森駅 502レ 1980.9 12系の6両で運転 秋田まではED75が牽引した。 
 IMG_20201220_0114
👇山崎~高槻  502レ 1981.8 12系+10系 10系寝台が美しい
 TY304 高槻~山崎 きたぐに
 TY306 高槻~山崎 きたぐに
👇新大阪~大阪(淀川橋梁)1982.8 
 TY005 淀川橋梁 きたぐに
 TY007 淀川橋梁 きたぐに 
👇山崎~長岡京 1985.7 583系12両化された、向日町への回送列車  
 TY450 高槻~山崎  583系きたぐに
1985年の583系への置換後も、山へのアプローチとしてよく「きたぐに」利用しました。

「銀河」運行修了

ウエストエキスプレス「銀河」紀州路コースの運行修了。
コロナウイルスの蔓延に伴う安全対策処置として、乗車人員の制限などが行われた、
運行修了までに100%の乗車率での運行は無く、寂しい状態で運行が続けられていた。
12月22日新宮~京都間の8078Mが最終となった、沿線では列車見送りのイベントも、
コロナ蔓延の状況下で運行停止にもならず、よく健闘したと思われる状況だと思う、
来月からは山陽ルートでの運転が始まるが、後の予定はどうなっているのだろうか?
閑古鳥が鳴く9月と打って変わり、沿線で撮影される鉄道フアンの方もよく見かけた。
👇紀伊田辺駅 8078M 駅構内で撮影
 NDF_7245
 NDF_7267
 NDF_7279
最終日は仕事の関係で動き回らず、会社の休憩時間を利用して駅での撮影で見送った。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ