有田層の産地に友人を案内したのだが、どの産地も夏場で状態がよくなく✖
産地の状況などを説明したうえで、安全な産地を2か所ほど回った。
ボロボロと化石が崩壊して行く様を見て、これほんとに化石と質問された、
確かにこの産地は泥っぽい場所なので、ノジュールは望めないのだが、
時節柄この時期でも採集可能で、そこそこ化石が見つかる良い場所なのだ、B43
アンモナイト・三角貝・ウニなどを採集して、そこそこ満足して帰っていただいた、
最後にここの石は風化が激しいので。保存する場合は保護が必要なことを伝え、
簡単な木工ボンドによる保護、現場で実演しクリーニング後に行うように伝えた。
この産地のクリー二ングに必要なのは、タガネでなくデザインナイフが最適だ。