EF5866のナンバープレートの処理

 磨きをかけて鏡面仕上げまで終了、簡易ニッケルメッキを施す、
 メッキ工房を使うのは20年ぶりで、溶液に不信感があり新品を購入、
 磨き終えたナンバープレート脱脂作業、まずは家庭用洗剤で油落とし、
 濡れたままで文字部分だけを、メッキ工房の脱脂液を使い最終脱脂作業、
 油分の残る所からは白い泡が立つ、後は水で洗浄して次のメッキ作業に入る、
 そのままメッキする部分に、ニッケルメッキ溶液を滴下して通電してなぞるだけ、
 砲金の部分が薄くくすみながらメッキが乗る、メッキ完了部分は色の違いで判る、
  1567782799916

流水で洗浄後同じ作業を二回行い、気持ちだけメッキの厚みを増やす?。
最後に水で洗浄して乾燥させる、最後に軽くピカールで磨き作業終了・・・・・
  無題11

 20年前に購入し未使用のマッハ模型の塗料、直流電気機関車用を塗装、

無題12
      
      乾燥させてマイEF5866のナンバープレートが完成。


※実際のEF5866のナンバープレートは、盗難により2枚とも今も行方不明らしい。
私たちがイクチ工芸さんで制作していただいたのは、10枚+イクチさんで数枚だとか、
イクチさんも後継者が高齢になり、今はナンバープレートを制作していないという。