青函連絡船廃止の時のフイルムスキャンを行っている。
1988年(昭和63年)3月13日、青函トンネル開業+青函連絡船廃止となる、
同一線路上ではないために1日重なり、廃止と開業を同じに日に体験できた。
前日の大阪発の寝台特急「日本海」が、津軽海峡線の特急列車の一番列車となる、
うまい具合に寝台券を入手することができ、函館まで「日本海」乗車で海峡線の乗車、
午後から青函連絡船の最終運航に乗船、このような旅行を計画することができた。
この大きなダイヤ改正が絡む車中、告知のイベントなども計画されて楽しむことができた。
 IMG_20190924_0023
  👆👇青森駅にて長時間停車ED79が連結され津軽海峡線へ
 IMG_20190924_0018
  👇 ミスJR東日本・ミス青森に送られて青森を発車
 IMG_20190924_0026

青森到着後は後部にED79が連結され、運転方向が反対方向へと変わる、
大阪から乗車した車両は最後部となり、津軽海峡線へ入る最初の特急となる、
車掌の計らいで車掌室が開放され、青函トンネル北海道側の入り口を撮影、
 IMG_20190912_0063

             IMG_20200324_0001
 
青函航路では4時間を要したが、列車では乗り換えなしの2時間で函館に到着した、
函館からは今度は青函航路に乗船、最終日の「青函連絡船」を楽しむ予定だが・・
函館構内は重なったこの二つの行事で、予想できないほどの混雑となっていた。