青函トンネル走る最初の寝台特急「日本海」で函館到着後・・・・・・・
青函連絡船に乗ろうと乗船口へ移動をしたのだが、駅構外への移動を伝えられた、
乗船は乗車便毎の整理乗車となり、駅前指示された場所に並ぶように指示された。
この時点で函館発最終運航便「羊蹄丸」は、ほぼ満席で乗車できないことが判明、
臨時便として最終便前に「桧山丸」が運航、こちらなら何とか乗船できそうなので、
この列に並ぶこととなったのだが、その1本前の「十和田丸」に空きが出たので変更、
まだ陽の高いうちに津軽海峡を渡ることが可能で、最後の船旅を楽しむことになった。
   IMG_20190924_0039

   IMG_20190912_0122

船内に席を確保したがほとんどデッキで青森まで、食堂の商品は発時で売切れ状態、
航海中に青森発の僚船の行き違いが、通常よりも接近して行われるサービスもあつた、
   IMG_20190912_0137

   IMG_20190912_0140

途中の津軽海峡はこの時期にしては波も穏やかで、最後の航海を漫喫することができた。
青森では旅館を確保してから夜間撮影へ、旅館の屋上から青森港が見渡せる事が分かり、
最終の船の着岸・離岸をここで撮影、駅構内は終着に合わせすごい状態だったそうだが、
   IMG_20190924_0081

雪のちらつく青函連絡船の終末を、函館への最終回航便の離岸まで楽しめた。