有田郡有田川町小原(旧清水町)、有田川北側には外和泉層群二川層が分布している、
古くからアンモナイトの産地として知られる、久野原もこの地区のお隣になる・・・・・

この付近で見つかるアンモナイトの一種が、ゴードリセラス・トンベツエンゼと同定された、
産地は有田中央キャンプ場を横切る谷、上流に向かうと黒い泥岩が河床を埋め尽くす、
この泥岩からアンモナイトや二枚貝などが見つかる、ノジュールが発達しない場所なので、
石の表面を確認しながらの採集か、大きい目の泥岩を小割しながらの採集が主となる。
住房部分は気持ちよく残るが、初房・気房部分は地圧に負けてほぼ印象や平面が多い、
マレにではあるが増水後などに河床に、アンモナイトが転がっていることもあった場所。

   YAMA5697
    👆表面採集(石の表面に出ていたもの)スレや気房部がつぶれやすい
   YAMA5684
   👆石の表面に出ていなかった、物表面装飾が良く残るが気房の保存は✖

谷の上流部にはアンモナイト包含層が見られる、この付近からは面白いものが出る、
見た目は黒い泥岩部分に、色の違うノジュール状のもので大抵細かい泥岩の風化部、
ところがこれ自体がアンモナイトであることがあり、すさまじく保存が良いことがある、
石表面の断面からは成分の違う部分と思えるが、殻の内部に入った細かい泥か(仮説)、
緻密な物質の充填により殻自体も保存されたのか、地圧にも負けず立体的に保存される。
   YAMA5689
     👆石に表面で泥岩よりも細かい石目で風化していることある
   YAMA5683
     👆変形無し厚みもあり保存状態は北海道?なみの状態
   YAMA5691
     👆 中心部分この状態は未クリーニング、一発でこの状態に外れた。

    標本はすべて  Gaudryceras tombetsense  中生代白亜紀後期
               和歌山県有田郡有田川町小原  外和泉層群二川層
                
写真で分かるように外和泉層群の産地では、考えられないような保存状態・・・・
拡大してみると初期室と呼ばれる中心部、1mm程度の卵部分がかすかに確認できる。

これからの時期増水で有田川本流まで、アンモナイトを含むで泥岩が流される事もあり、
谷筋・本流を含め面白い産地ではある、谷筋にはマムシが多いので長靴は必要です。