1993年の夏・・所属している登山連盟の全国大会が、北海道知床で開催され参加、
一緒に参加する友人と計画を練り、数日前に現地に入り北海道の夏を楽しもうと計画、
友人たちは阿寒エリアの登山に、私は数年前から始めたカヌーによる釧路川を計画した。
トワイライトエクスプレスとオホーツクを乗り継ぎ、レンタカーで屈斜路湖・和琴半島へ、
北海道の第一夜は湖畔の和琴キャンプ場、カヌーを組み立てて露天風呂で汗を流した。
👇美幌峠からの屈斜路湖・・・中央は中の島で右下に今夜の泊地和琴半島が見える
  IMG_20200713_0018

👇カヤックの組み立て、木の骨組にナイロンの船体布で総重量18kg・持運び可能。
  IMG_20200713_0015

👇夕暮れ?(20:00日没)の屈斜路湖で初漕ぎ、各部の調整を行い明日に備える。
  IMG_20200713_0020

外が明るくなり目が覚めるが時計を見ると4:00、外は霧で湖面も視界500mで視界不良、
朝食の準備してテント場の撤収、友人たちは今日は摩周湖により雄阿寒岳を目指す予定だ、
和琴半島キャンプ場から対岸の釧路川の入り口、眺湖橋までは直線で4km眺望はきかず、
5:30友人に見送られて出発、霧中のパドリングとなるがコンパス頼りで行くしかない・・・

👇霧にかすむ和琴半島を背に出発・・・クッシーにだけは出会いませんように・・・
  IMG_20200713_0016

👇見送りの友人達、きょうから2日間は別行動、彼らは阿寒の周辺の登山を楽しむ。
  IMG_20200713_0022

👇和琴半島には多くの源泉があり、先端部分には勝手に露天風呂が作られている。
  IMG_20200713_0023


昨夜入浴した和琴半島先端の露天風呂前を通り、進路を東南にとり屈斜路湖に漕ぎ出した。