巣ごもり(STAY HOME)中に、鉄道関係の収集品の整理も行うことができた、
鉄道を中心に取り貯めた音源が、コンパクトカセットテープ約120本も見つかる。
YAMA5822
写真→録音→VTRと進化してきた遺産、「さよならSL南紀号」あたりからの物、
音源の進化は、リスニング用カセットデッキ→カセットデンスケ→ウオークマンプロ。
YAMA5818
いずれも旅行時にカメラと一緒に持ち出して、写真と合わせて録音をしてきた。
VTRが普及してからは戸棚で休眠、ウオークマンプロは友人に譲って今はない、
音源テープを家の3台あるカセットデッキに挿入したが、いずれも再生できなかった、
整備不良等で正常な動作ができず、宝の持ち腐れ状態で修理も考えたが破棄。

特殊な装置のついていない安価な、汎用のカセットデッキを新たに購入して聞く、。
YAMA5819
寝台特急「安芸」の車内の案内、急行「利尻」の早朝の抜海過ぎの利尻富士の案内、
荷坂峠を上るDF50のだんだん重くなる排気音、新改駅でのDF50スイッチバック運転、
復活C571山口号の登り勾配のブラスト、当時の写真では表現できない世界が広まる。
写真のようにすぐ見て鑑賞できないが、写真と合わせ聞くと当時の世界がよみがえる。