前回の③の撮影地の向かいの山腹、阪和自動車道の工事で出来たお立ち台、
自動車道工事の際に付けられた整備路、これを数分登り到着のお手軽撮影地。
湯屋谷トンネルを出た列車はカーブから直線へ、20パーミルの勾配を駆け上る、
同一地点で上下列車の撮影も可能だが、編成の長い列車は移動が必要になる。

  KT58029 紀伊~山中渓373レ 
   👆 紀伊~山中渓 貨物373レ EF58+EF15  1979.10
  KT60539 紀伊~山中渓 2960レ
   👆専貨5360レ  ED60+EF15  1985.4
  KT60526 紀伊~山中渓 2960レ
     👆専貨5360レ  ED60重連     1984.7
  KT60117c  紀伊~山中渓  2960レ
    👆専貨2960レ  EF60重連    1986.7
  KT60110  紀伊~山中渓 9962レ
   👆臨客9962レ  EF60+12系6両  1996.7
  KT58030 山中渓~紀伊 9106レ
    👆臨客9106レ  EF58+12系6両    1984.7
  KT60521  850817 山中渓~紀2961レ
    👆専貨2961レ  ED60重連  1984.7  

工事専用道路跡を数十メートル移動するだけで、上下の列車が撮影可能という適地、
鉛筆写真が中心となるきらいもあるが、勾配を上下する列車のモーター音を楽しめた。
樹木の生長と追いかけっこしながら、撮影場所を移動して長年撮影可能だったのだが、
上り線側の電柱への通信線の増設、京奈和道工事で様変わりした湯屋谷トンネル口、
工事後の保安上の関係で立入禁止、線路脇の樹木の生長で車両が全編成見えない、
野生生物の活動範囲の拡大など、諸般の事情で今は撮影しずらくなってきている。