紀勢本線岩代~南部間の海岸線、急激に落ち込む崖と穏やかな千里海岸を見る、
千里海岸はアカウミガメの産卵地としても有名で、夏場海岸には足跡をよく見る・・・
目津礫層で出来た千里球場下の切割の上に立てば、下を通る線路が左右に望める、
上下列車をいずれも撮影できるお立ち台で、よく頂上付近に撮影者の影を見る場所、
千里球場下の道路から撮影地まで5分、お手軽な撮影地の一つになっている。
和歌山方は遠く切目崎からの列車も見え、500㎜くらいのレンズで狙うと面白い構図。
新宮方は千里海岸とカーブした線形で、前頭部の逆光を気にしなければ1日中順光。
👇岩代~南部(切通し和歌山方) 貨5362レ EF15  1986.4
 KT15288 岩代~南部 5362レ 
👇南部~岩代(切通し新宮方)客121レ EF58  1983.11
 KT58271 南部 ~岩代 121レ
👇南部~岩代(切通し新宮方)  臨客9125レ EF58   1983.11
 KT58275 南部 ~岩代 121レ
👇南部~岩代(切通し新宮方) 臨客9121レ EF58     1985.10 
 KT58280a 岩代~南部 9921レ

千里海岸そばの千里観音の駐車場からは、この切通を行く列車と海をを狙える。
👇岩代~南部  臨客9122レ  EF58   1980.7
 KT58278a 岩代~南部 9121レ
👇岩代~南部  貨390レ  EF15   1980.7
        KT15290 岩代~南部 390レ