私にとって最もなじみの深い車両はキハ07だ、丸っこい車体と後ろから丸見えの運転台、
朝晩には2両で運転されることも多く、親類の家に行くときはバスよりも列車を選んだ。
車両は元国鉄樽見線か東海道支線で使われたようで、用途廃止後有田鉄道に入線した、
キハ07は重連総括運転ができるので、中小の私鉄でも自社導入したり払い下げを受け、
つい最近まで自走する車両が残っていたが、今でも走行できる車両があるのだろうか?

👇金屋駅構内  キハ07206   1975.11
 19750428_0119
👇藤並駅構内   キハ07206   1975.11
 IMG_20200602_0111
👇田殿口   キハ07.206+キハ07207   1975.11
 IMG_20200602_0082
👇田殿口~藤並   キハ07206+キハ07207   1975.11
 IMG_20200602_0079
👇下津野~御霊    キハ07206   1975.11
 19750428_0047
👇 藤並~湯浅間(吉川踏切付近・紀勢電化工事前)  キハ07206  1975.11 
 19750428_0110
有田鉄道線内は線路の状態が悪いのか、運転時間等に余裕があったのだろうか、
勾配のない線路なのでノッチも変位置しか使わず、ほぼ惰力で走るような状態、
国鉄線上に乗り入れると豹変して、DMH17系のエンジンはフルで働いていた、
湯浅から乗車した列車は速度60km/hで走行、往年の姿?を垣間見た気分になれた。