鉱物・鉱山

根尾例会の石たち+⑥

荘川での採集を早めに切り上げて、半分ドライブ気分で御母衣ダム方面へ移動、
平瀬鉱山跡とズリ置き場へ、ズリ置き場跡には公共施設ができ採集は気を遣う、YAMA5021

許可をもらい残ったズリを見て回る、輝水鉛鉱と水晶が絡んだ石を採集した、

YAMA5155

YAMA5161

YAMA5022

隣に残る坑口と国道横の鉱山に寄るも、夏草の茂り方が半端でなくて後退・・・
ここまで来たのだからと白川郷に寄道、これが大きな誤算?であった

根尾例会の石たち+⑤

根尾から荘川へ移動した翌日は、化石と鉱物採集を予定していた
大ハンマーを忘れていたのと、化石採集場所に先客がいたために、
採石場跡から河床での化石採集に変更、落ち葉と増水で早々と見切りをつけた、
YAMA4977
鉱物採集の前に訪れた六厩川の砂金採集も、川の増水で川岸が見えず、
YAMA4989
増水時の岩などの草牽き採集や、岩盤崩しで対応してみたのだが・・・・・
YAMA4991

YAMA4994
採れるのがほとんど粉金状態であり、また黄鉄鉱が多く見られる状態だ、
砂金は2mmの物が一つとれたので、自己満足で良しとして採集終了した。

根尾例会の石たち ④

遠方からの根尾例会への参加・・・・日帰りで帰るのにはもったいないので、
いつものパターンで荘川方面へ移動、毎度おなじみの鉱物採集と化石採集、
化石産地の石切り場は団体さんがいたのでパス、河原での採集を1時間ほど、
成果は2枚貝のみでアンモナイトには巡り合わなかった・・・・
気を取り直して六厩川方面へ、11月のフエステイバルで使う鉱物の採集、無題
旧金鉱山跡の抗口近くの露頭へ、ここの岩脈にはセリサイトの層がありここで採集、
黄鉄鉱と方鉛鉱が多く見つかる、今は方鉛鉱の方が割合が多い状態であった、
白いセリサイトを洗い流すと、下から鉱物が顔を見せてくれる・・・・
YAMA5088
YAMA5144
YAMA5148
銀色に鈍く輝く方鉛鉱と金色の黄鉄鉱、セリサイト・石英が絡み鈍く光る。

根尾例会の石たち ③

根尾例会本命は古生代ペルム紀の化石、奥美濃層群の石灰岩からの採集、
以前この産地に初めて入った時は雨上がり、付近はヤマヒルが多くて閉口した、
今回は1匹見ただけで誰からも声が無く、安心して採集する事が出来た・・・・・
オーム貝が採れるという事で石を見るのだが、とうとう最後まで見る事が無かった、
会員の方の一人が怪しい断面を見つけ、オーム貝であることが確認されたのみ、
やっぱり石灰岩はむつかしいなと思った、しかしベレロフォンやフズリナは多く、YAMA4949
シカマイヤに関してはこれでもかというほど転がっている面白い産地だ。
YAMA5093
唯一持ち帰りした石、ラハ・ヤベイ( raha・yabei )が密集した石だった。


根尾例会の石たち②

白孔雀石と言われて持ち帰った根尾の石、表面を120番から280番で研磨した、
白孔雀の羽の模様は見る事が出来ずに、赤い桜石の花びらが浮き出てきた。YAMA5097

YAMA5110
裏側にある花模様にも似た脈、このまま残そうかと思ったが研磨した、
うまく磨く方法がわからないので、2面と同じように磨きをかけた・・・・
YAMA5103
こちらの生地には確かに白孔雀が見える、色変わりしたのだろうか?、
根尾菊花石を含むと思われた転石は、ほぼ絶望的な状況であった・・・・
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ㉕ 駅ホームから
  • 寄り道 ㉕ 駅ホームから
  • 寄り道 ㉕ 駅ホームから
  • 寄り道 ㉕ 駅ホームから
  • 寄り道㉔ 紀伊由良②
  • 寄り道㉔ 紀伊由良②
  • 寄り道㉔ 紀伊由良②
  • 寄り道㉔ 紀伊由良②
  • 寄り道㉔ 紀伊由良②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ