無題

1000日のアン

古い?映画作品でDVD化されていない物も有る、そのような中で見たい映画もある、
以前から探していた映画DVDが見つかった、タイトル「1000日のアン」と言う映画。
ヤフオクでレンタル落ちを見つけて、ポチット押しちゃいまして今日に到着しました。
YSS_20220511_0001
確か海南の映画館で3本立てで見た?、またはTV放映を見たのか記憶があいまいな作品。
内容はイギリス王室エリザベス1世の母の、アン・ブーリンを描いた映画としては最高、
ややこしい婚姻関係と宗教観の違い、ジュヌビエーブ ビジョルドが本当に素晴らしい、
王の愛が失われていくのを目の当たりにし、自分の命をながらえる安易な道を選ばず、
王との契約で娘の身の安全と保障を選び、自らは処刑を受け入れて断頭台に消えていく、
娘エリザベスは母の死を知らず、王城の庭で歩く練習を繰り返していたシーンが最高、
悪女と呼ばれるブーリン家の姉妹ですが、彼女なり誇りある決断を演じて見事でした。
復刻盤DVD万歳、続けて「エリザベス」と「ブーリン家の姉妹」見通しました。

暖地桜桃のジャム作り

時は熟した・・・庭の暖地桜桃(サクランボ)が今完熟期を迎えて色づいている。
 DSC_1671
色が付き始める前に害獣(イソヒヨドリ・ヒヨドリ)から身を守る為にガードを作る、
その後順調に色づき始めたサクランボは、色の着いた物からデザートとして食卓に上る、
ここ数日の好天と温度上昇で今盛りを迎える、ジャム作りのは絶好の時期となり収獲。
昨年は木の枝を切り詰めたにもかかわらず、昨年並みの実つきだがカメムシの発生で、
成育途中で実を吸われる食害があり、表面にえくぼや腫瘍のような実も多くみられる、
 DSC_1673
今年はもう一つのビワの収穫が期待できないので、少し上記のkぢ図のある物も収穫、
少し色合いの若い者は残し約8kgのサクランボの収穫、後午後から恒例のジャム作り。
時間のかかる種の除去はいまだに手作業、8kgを2人で2時間かけて種を分離する。
 DSC_1674
ああとは大きな鍋で一気に仕上げる事とし、すべての実をぶち込んで強火で加熱してゆく、
煮込み途中でアクが出てくるのでお玉で除去、時々実の塊をつぶしながら煮込んでゆく。
 IMG_0001_BURST0010012
アクが出なくなったら中火から弱火で煮詰める、途中で適量の砂糖で甘みを調整を行う、
甘みを抑えて少し酸っぱさを残しておく、出来上がりまじかに自家製レモンの果汁を投入。
 IMG_0001_BURST0010013
少し柔らかい目までに詰めて火を止める、粗熱をとり小分けして冷凍庫での保存に回す。
前年製作のビワジャムとサクランボジャムが、各1㎏残っている状況だがまずは試食した、
ジャムの匂いが強く少し酸味も強い、ビワジャムが作れないのでこれで1年分になる。

家庭菜園 

写真撮影に行こうにも、化石採集に行こうにも家事が多くて1日と言う時間が取れない、
おのずと仕事帰りに寄り道しての撮影が多く、帰宅時間が遅いのを巧く理由を付け誤魔化す。
気候の変化で夏野菜の植付が最盛期、午前中に家事を済ませて午後からは早生玉葱の収穫、
色づき始めた暖地桜桃に害鳥が寄り始めたので、手製の防御網をかけ果実を守る作業をする。
 YAMA6878
 YAMA6877
この頃ホームセンターや苗屋さんの苗出しが早く、早い時期に売り切れることが多く、
植付時期が年々早くなってしまうので、数年前から苗造りは自宅で種まきから行う方向、
 YAMA6883
 YAMA6882
なすび・甘長・ピーマン・ミニトマト・まくわ瓜・メロン・豆・ネギなど種から育てている。
 YAMA6884
自宅の家庭菜園のみかんとレモンの花が咲き始めた、まもなく芳香に包まれる夜が近づく。
ゴールデンウイークの休めるのは3日、化石と鉄道写真うまく計画できるかは天気次第。
 


果樹園(びわ)の管理

嫁さんちのビワ畑の管理、ビワ農家だった名残りのビワの木が嫁さんの実家に残る、
誰も作る人がなくなり年々縮小、とうとう実家の敷地内の8本になってしまった。
昨年は豊作であったのではあるがビワダニが発生、自分家で食べる分しか収穫できず、
大きく枝打ちして樹勢を整えたのが原因か、ビワの花の付きが著しく少なくなった、
付近のビワ農家の方も今年は裏年と言い、ビワダニの発生も重なり花付きも悪いので、
ビワの袋掛けを戸惑っているようだつた。作業は果樹園と呼ぶ一角の草刈から始める、
昨年の秋に行って以来で背丈までの草が伸び、木に巻き付いた蔦やつる草の処理を行う。
👇ビフオアー&アフター
 YAMA6871
 YAMA6873
午後はビワの袋掛けを行うのだが気が重い、なんだかんだで50袋しか実が無くすぐ終了、
すべての実が大きく成長したとしても150個、ビワダニにやられれば半分くらい・・・
 YAMA6874
数年前の異常寒波の時と同じで、この状態では口に入るのは試食程度で終わりそうだ。
ビワがだめならサクランボとカキに期待したいが、どちらも無農薬では期待できない。

TANK②

4月1日納車されたTANK、先のウイッシュではエンジン回りのアーシングの改良、
タワーバーを取り付けて剛性を強化した、コーナリングはノーマルより良くなったが、
その反面荒れ地での接地性能が悪くなり、アイスバーンでのスタッドレスタイヤの空転、
異常時の接地性能が低下したようだ、その為に雪道でのスリップ事故につながった様だ。
本来の原因ではないかもしれないが、今度の車は足回りはそのままとして触らない、
また電子部品なども増えているので、エンジン回りもノーマルでいじらないことにした。
先のウイッシュより取り外したドライブレコーダー、まだ新しいので再取り付けを行う、
2回目の取り付けになるので、廃線の取り回し以外は簡単で1時間ほどで終了した。
 YAMA6868
 DSC_1644
 DSC_1645
ルーフキャリアベースの取り付けは、今までスーリーばかりだったので簡単だったが、
今回はイノー製のセット物を選択した、ベースとなるレールがきっちりで余裕がなく、
レールだけはもう少し長い物が良かったようだ。電源コンセントの3個増設等もも行う。
収納スペースが少なく心配したのだが、緊急タイヤ着きの車体であったのが幸いして、
助手側の道具入れにインバーターやら修理用具、タイヤハウスのブロックを取り外し、
隙間に牽引ロープやバッテリー接続ケーブル、ザイルやハーネスなど山用品も収まった、
化石採集用具はコンテナで後部座席の後ろ、最終的にコンテナ2個分の道具は別収納、
状況に合わせて積み込む方向で調整できた、最後にお守りの「シーサー」シールの添付、
アイドルの「虎猫」を積込、保険やETCなど諸般の手続きを行い2日で整備が終了した。




プロフィール

c58224

ギャラリー
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ