鉄道

DEC741試運転

2021年7月に廃車となった検測車、クモヤ443系に代わるDEC741の試運転がありました。
走行システムは2021年9月に試験を開始した、電気式気動車DEC700と同様の構造で、
エンジン一体型の発電機で生み出した電力で、モーターを動かす懐かしい電気式気動車、
古いシステムとはかけ離れた構造らしいが、
DF50やキハ44000系シリーズを思い出す、
DEC700と同様にハイブリット化もして、走行用蓄電池の搭載にも対応しているらしい。
紀勢線の和歌山~白浜間で21日一往復、乗務員の完熟訓練を兼ねて試運転が行われた。
👇岩代 試9321D 
 DSCN3697b  20220521 岩代 試9321D
 NDF_1481 20220521 岩代 試9321D
👇加茂郷~冷水浦 試9322D
 NDF_1556 20220521 加茂郷~冷水浦 試9322DM
 NDF_1563 20220521 加茂郷~冷水浦 試9322DM
初めて見た時の印象は細身の顔付きで、「きのくにシーサイド」を思い出した、
起動時のディーゼルエンジンの音が思いのほか大きく、懐かしい匂いも充満していた。
先の2本のキヤ141と合わせて活躍が始まる、次のハイブリット化が楽しみだ。 

広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②

緩やかなSカーブの出口付近の撮影地、この場所は紀勢電化の時代からも定番撮影地、
以前は線路脇で撮影する事が出来たが、昨今の「撮り鉄」のマナーの悪さが目立ち、
ベストの撮影ポイントに入ろうものなら、運転士に線路内立入を見られて即防護無線、
列車の運行を妨げるとと共に「撮り鉄」扱いされて、非難は避けられない状況になる、
今撮影している場所は厳密には鉄道敷地内ではあるが、柵及び一般の路扱いになる場所、
立ち入りが制限されている場所ではない、下の写真で見える左側の階段の中段付近。
 NDF_1225
この場所は一応上下の列車が撮影できる場所で、上り列車も線路より少登れば全景が、
クリアできる場所があり9両でも大丈夫、欲を言えば線路両側の立木を伐採したい位だ。
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2053M この位置より下がると後部が木に隠れる
 NDF_1139
 NDF_1140
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2053M 後追い撮影で狙う
 NDF_1141
👇広川ビーチ~紀伊由良間 6055M 9両(増結時)はパンダは撮れない
 NDF_1090
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2057M 上下列車とも同じようなアングル
 NDF_1186
👇広川ビーチ~紀伊由良間 6068M  後追いになるが下り列車 
 NDF_1068
週遅れのゴールデンウイーク(代)3連休、何処にも行けない3連休でめげている。
 

 

広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)

緩やかなSカーブの出口付近の撮影地、この場所から秋葉山?のお立ち台まで徒歩で15分、
特急列車の行違置いパターン外は、62Mと51M・2064Mと2053Mは箕島又は湯浅クロス、
それ以外の昼間の列車はほぼ加茂郷と御坊で行違う、その関係で約20分の間隔ができる、
少し忙しいがゆっくり山の昇り降りが可能、下り列車は秋葉山上り列車は線路脇で撮影。
農道と作業道路を使い線路を通行する必要が無い、線路の真横ではあるが安全地帯である、
レンズは85mm~135mmくらいがベストで、9両の全編成も入れられるし10人位はOK
👇広川ビーチ~紀伊由良間 51M 287系(インカーブの木も茂っているので高い位置から)
 NDF_1084 20220503 由良~広川B 51M
 NDF_1089 20220503 由良~広川B 51M
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2053M 283系
 NDF_1130 20220503 由良~広川B 2053M
 NDF_1138 20220503 由良~広川B 2053M
👇広川ビーチ~紀伊由良間 2057M 289系
 NDF_1180 20220503 由良~広川B 2057M
 NDF_1185 20220503 由良~広川B 2057M
この場所の本当のおすすめ時間帯は、架線の影が車体にかぶらない午後が良いようだ。


広川ビーチ~紀伊由良間(秋葉山?)②

紀勢本線・広川ビーチ~紀伊由良間のSカーブ区間、以前は秋葉神社があった場所、
西広の大Sカーブを俯瞰できる場所だが、近年線路の両側の木々が高く生い茂り、
上り線側はほぼ隠れて絶望的な状況、下り線側も足回りが隠れるほど木が茂っている.
紀勢電化開業当時と線形は変わっていないが、線路周りの整備が疎かで草ぼうぼう・・
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 民家・農免道路もなくすっきりしている。
 KT381120 由良~広川B
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 上り6055M(車体も大きく隠れる)
 NDF_1148
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 2064M 287系
 NDF_1112 20220503 由良~広川B 2064M
 NDF_1116 20220503 由良~広川B 2064M
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 6068M 289系
 NDF_1196 20220503 由良~広川B 6068M
 NDF_1199 20220503 由良~広川B 6068M
上り列車の撮影に関しては此処は✖、線路際の柵外の安全な場所がおすすめだ。






広川ビーチ~紀伊由良間(秋葉山?)

紀勢本線・広川ビーチ~紀伊由良間のSカーブ区間、以前は秋葉神社があった場所、
農免道路からみかん畑を得て10分、秋葉神社後よりも標高で20mほど低い場所、
西広の大Sカーブを俯瞰できる場所だが、近年線路の両側の木々が高く生い茂り、
上り線側はほぼ隠れて絶望的な状況、下り線側も足回りが隠れるほど木が茂っている。
上り列車に関しては線路脇の安全地帯(柵外)、かぶりつきポイントの方が良い、
この2地点区間はゆっくり歩いても15分で移動でき、列車間合いで移動が可能だ。
👇広川ビーチ~紀伊由良間  66M
 NDF_1160 20220503 由良~広川B 66M
 NDF_1163 20220503 由良~広川B 66M
   NDF_1166 20220503 由良~広川B 66M 
👇広川ビーチ~紀伊由良間  2070M
 NDF_1238 20220503 由良~広川B 2070M
 NDF_1241 20220503 由良~広川B 2070M
線路が南北になっている為に午前中が順光、付近はみかん畑と遠くに唐尾湾が望める、
下のみかん畑は立入が許可がもらえず、今は無き秋葉山神社の参道の一角から撮影できる。 
   



プロフィール

c58224

ギャラリー
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • DEC741試運転
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
  • 広川ビーチ~紀伊由良間(上り線横かぶりつき)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ