アーカイブ

風前の灯 DD51

DD51が国鉄線上に登場したのは1962年~で、今から半世紀以上も前のことになる、
当時の国鉄では動力近代化を推進、煤煙やエネルギー効率の悪い蒸気機関車を廃止し、
電化の推進により動力に電気を用いた電気機関車や、電車列車を推進するとともに、
非電化区間に関しては燃料を用いたディーゼル機関車や、ディーゼルカーを投入した。
蒸気機関車に代わるディーゼル機関車の開発、国産化がすすめられてDD51形が誕生、
D51型の蒸気機関車よりは非力ながら、各方面で蒸気機関車を駆逐し活躍範囲を広げた。
時は流れて電化と強力なDL(DF200)の登場で、徐々に活動範囲が狭められてきた、
津々浦々で活躍していたDD51ではあるが、昨年JR貨物の定期列車の運用がなくなり、
臨時列車や工事列車用に運用が残るものの、JR東日本と西日本に数台が残る状態になる。
SL廃止に追いやった当時の憎まれ者が、今は大人気でSL並みに追い回されている状態、
代替えのDLにめぼしい物が無い状態なので、JR西日本ではまだまだ運用されそうだが、
工臨の運転回数も少なく貴重な存在になった、「撮り鉄」の餌食にされないか心配だ。
👇和歌山線で運転されたDD51後後補機付きの回送列車 船戸~岩出 1989.7
 19890700_0019 船戸~岩出
👇打田~紀伊長田
 19890700_0020 打田~紀伊長田
👇西笠田~笠田
 19890700_0023 西笠田~妙寺
当時はDD51の全盛時代?であり、撮影地はガラガラ状態で出会う撮影者は知人ばかり、
今ならこの撮影地は下のような人の波ができるでしょうね。
 DCIM0006


 
  

急行「きたぐに」

大阪~青森間を結んでいた急行列車、初めて乗車したのは12系の客車急行時代、
周遊券で乗れる急行列車と言う事で、大阪~新潟間の自由席に乗車している。
社会人となって趣味の山登りで北アルプスを目指し、急行「立山」の夜行を利用、
立山廃止後はもっぱら「きたぐに」の愛好家となる、北海道からの帰りには一度、
青森~新潟間12系座席車~新潟~大阪間は10系寝台車に全区間通しで乗車もした。
車両は12系から14系に代わり運転を続けたが、最後は583系大阪~新潟間になる、
きたぐにを狙っての撮影は無いが、多くの場所でフイルムに残していた。
👇青森駅 502レ 1980.9 12系の6両で運転 秋田まではED75が牽引した。 
 IMG_20201220_0114
👇山崎~高槻  502レ 1981.8 12系+10系 10系寝台が美しい
 TY304 高槻~山崎 きたぐに
 TY306 高槻~山崎 きたぐに
👇新大阪~大阪(淀川橋梁)1982.8 
 TY005 淀川橋梁 きたぐに
 TY007 淀川橋梁 きたぐに 
👇山崎~長岡京 1985.7 583系12両化された、向日町への回送列車  
 TY450 高槻~山崎  583系きたぐに
1985年の583系への置換後も、山へのアプローチとしてよく「きたぐに」利用しました。

吹田機関区撮影会 1986

1986年8月24日JR分割民営化を前にして、吹田機関区にて撮影会が行われた、
当時は各方面でこのような行事が多く、この時も天気が悪い中出動している。
展示車両はEF661・EF6514・EF651001・EF5866・EF58150・C62だった、
展示車両は少ないいが関西にゆかりの車両、EF58が2両もそろって展示された。
EF5866は置き換え廃車後の姿で、「東海道本線電化開業・つばめ」のマーク付き、
今は京都鉄道博物館のEF58150も、茶色に塗りかられる前の塗装で登場している、
よせ集められたであろうヘッドマークの数々、なぜか「みやび」のマークもある、
展示走行線をC62が「つばめ」のマークを付け、往復展示運転を行っていた。
国鉄からJRになりこのような展示会は激減、JR西についてはほぼ絶滅的状況だ、
EF5866はその後奈良駅で保管、1996年に解体されてしまったのが残念だった。
👇全景
 IMG_20210105_0020
👇C622「つばめ」・EF5866「つばめ」・EF58150「さくら」
 IMG_20210105_0008
👇C622「つばめ」・EF5866「つばめ」
 IMG_20210105_0011
👇EF6514「みやび」・EF661「つばめ」
 IMG_20210105_0028
👇EF651001「つばめ」・EF6514「みやび」
 IMG_20210105_0027
撮影した写真にEF58150の「なにわ」もあることから、時々交換されたようだ。



表銀座縦走 槍ヶ岳を目指せ⑤

1984.9.9 残念ながら雨はやんでいませんでした、美味しい朝食をいただき登山道へ、
穂高奥宮と明神池を詣でて小梨平まで樹下の小道を歩く、上高地はもう観光地で通過、
   IMG_20211025_0139

  
      IMG_20211025_0143

           IMG_20211025_0148
    IMG_20211025_0147a

そのまま梓川の横を歩きウエストン広場、田代池を得て大正池の畔まで小雨の中を歩く、

 IMG_20211025_0150

大正池でバスを待っているとタクシーの運転手につかまる、料金交渉の上バス代同等、

格安で松本まで相乗りで向かう、松本からは大阪行きの「しなの」を捕まえて帰宅した。

表銀座縦走 槍ヶ岳を目指せ④

1984.9.8 御来光を見ようと早い目に起床、日の出時間と朝食事の時間が微妙に絡む、

暖かいコーヒーの準備をし山荘の前のテラスへ、真東に近い位置からの日の出を待つ、

槍の穂先と東鎌尾根のくびれあたりが赤く染まる、雲が多く日の出は一瞬で終わった.
  IMG_20210112_0085

それでもこれから向かう南岳や笠ヶ岳が赤く染まる、日の出を見て朝食に向かうと、

もうほとんど終了状態でご飯やみそ汁を集める、ご飯を取るかご来光を取るか迷う・・

日の出時は天気は良好であったがみるみる雲が湧く、ガスも時々稜線を越えてくる状況、

一旦中岳を越え南岳(3032M)のピークを踏む、此処から一気に天狗原へ向けて急な下り

降下点でコーヒータイムやはりこの時間が問題だ、ところがこの時にうれしい動物登場、

昨日も見かけた「オコジョ」が周りをちょろちよろ、今回は写真に写すことができた。
  IMG_20211025_0109
  IMG_20210112_0128a

まだ時間が早いということで昼食は天狗原で、途中槍ヶ岳と槍沢に雲が巻き幻想的風景、

しかし天気は確実に悪くなっているようだ、下り降りた天狗原の池のほとりで昼食、

池に移る逆さ槍を楽しみながら残る残雪で遊ぶ、付近には野生の猿の姿も見られた。

時期的に人気がないのか誰も現れない、静かな天狗池を独り占めして昼食と大休止。
  IMG_20210112_0145e
            IMG_20210112_0145k
            IMG_20211025_0124

後ろ髪惹かれながら天狗原を後に槍沢へ、あとは登りの登山者の多い槍沢を下るのみ、

横尾付近から屏風岩を眺めると、数人の岩登りの登山者が取り付いているのが見えた、

次回は奥穂だなと冗談交じりで話ながら歩く、徳沢付近でとうとう雨がぱらつきだした。

この時間でも登りの登山者が多くすれ違う、明日は天気が心配だがこちらは心配無用、

上高地で宿を探すつもりでいたが明神でリタイヤ、時間が早いが空き宿を探し始める、

この時期ですからどこもガラガラなんでしょうか、明神の「山のひだや」さんがヒット、

割と早い時間の16:00に入りました、下界では山の上より安い料金で泊れるんです、

温かいお風呂ときれいな浴衣に着かえて、食堂で美味しい料理をいただくともう天国、

山の上では味わえないぜいたくな気分になります、旅館といえども消灯は21:00で

後はランプの宿に変身しましたこれも良い、山の疲れが一瞬で霧散しました。

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ