地元

広川ビーチ~紀伊由良間(秋葉山?)②

紀勢本線・広川ビーチ~紀伊由良間のSカーブ区間、以前は秋葉神社があった場所、
西広の大Sカーブを俯瞰できる場所だが、近年線路の両側の木々が高く生い茂り、
上り線側はほぼ隠れて絶望的な状況、下り線側も足回りが隠れるほど木が茂っている.
紀勢電化開業当時と線形は変わっていないが、線路周りの整備が疎かで草ぼうぼう・・
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 民家・農免道路もなくすっきりしている。
 KT381120 由良~広川B
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 上り6055M(車体も大きく隠れる)
 NDF_1148
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 2064M 287系
 NDF_1112 20220503 由良~広川B 2064M
 NDF_1116 20220503 由良~広川B 2064M
👇湯浅(広川ビーチ)~紀伊由良間 6068M 289系
 NDF_1196 20220503 由良~広川B 6068M
 NDF_1199 20220503 由良~広川B 6068M
上り列車の撮影に関しては此処は✖、線路際の柵外の安全な場所がおすすめだ。






広川ビーチ~紀伊由良間(秋葉山?)

紀勢本線・広川ビーチ~紀伊由良間のSカーブ区間、以前は秋葉神社があった場所、
農免道路からみかん畑を得て10分、秋葉神社後よりも標高で20mほど低い場所、
西広の大Sカーブを俯瞰できる場所だが、近年線路の両側の木々が高く生い茂り、
上り線側はほぼ隠れて絶望的な状況、下り線側も足回りが隠れるほど木が茂っている。
上り列車に関しては線路脇の安全地帯(柵外)、かぶりつきポイントの方が良い、
この2地点区間はゆっくり歩いても15分で移動でき、列車間合いで移動が可能だ。
👇広川ビーチ~紀伊由良間  66M
 NDF_1160 20220503 由良~広川B 66M
 NDF_1163 20220503 由良~広川B 66M
   NDF_1166 20220503 由良~広川B 66M 
👇広川ビーチ~紀伊由良間  2070M
 NDF_1238 20220503 由良~広川B 2070M
 NDF_1241 20220503 由良~広川B 2070M
線路が南北になっている為に午前中が順光、付近はみかん畑と遠くに唐尾湾が望める、
下のみかん畑は立入が許可がもらえず、今は無き秋葉山神社の参道の一角から撮影できる。 
   



紀勢本線 冷水浦~加茂郷 ②

紀勢本線・冷水浦~加茂郷間は私のお気に入りの撮影地=近場で行きやすく定番。
自宅から車で30分あればゆっくり到着、長編成の列車でも充分撮影可能であるともに、
万葉の時代から歌人に多く読まれる景勝地、浅い湾内は絶好の埋め立て地となつている。
前回①で紹介した場所の反対側、移動距離にすれば200mほど冷水浦寄りの国道の横、
西向きになるためにお昼ごろまでが撮影良好、18mmくらいで狙うと海がうまく入る。
下り列車が中心となる6両がベストか、国道42から線路までの斜面の草が伸びるまで、
5月に入ると草の勢いが旺盛で、上り線側は撮影が出来なくなるほど生えるので注意。
👇加茂郷~冷水浦 2058M 287系3+6 増結時はパンダの顔が見えない。
  NDF_1047 20220503 加茂郷~冷水浦 2058M
  NDF_1048 20220503 加茂郷~冷水浦 2058M
👇加茂郷~冷水浦 2060M 289系 3+6
  NDF_1058 20220503 加茂郷~冷水浦 2060M
👇加茂郷~冷水浦 362M
  NDF_1015 20220502  加茂郷~冷水浦 362M
👇加茂郷~冷水浦 2070M
  NDF_1029 20220502  加茂郷~冷水浦 2070M
👇加茂郷~冷水浦 61M 上り線はこれから足回りが草で隠れる  
  NDF_1022 20220502  加茂郷~冷水浦 61M

暖地桜桃のジャム作り

時は熟した・・・庭の暖地桜桃(サクランボ)が今完熟期を迎えて色づいている。
 DSC_1671
色が付き始める前に害獣(イソヒヨドリ・ヒヨドリ)から身を守る為にガードを作る、
その後順調に色づき始めたサクランボは、色の着いた物からデザートとして食卓に上る、
ここ数日の好天と温度上昇で今盛りを迎える、ジャム作りのは絶好の時期となり収獲。
昨年は木の枝を切り詰めたにもかかわらず、昨年並みの実つきだがカメムシの発生で、
成育途中で実を吸われる食害があり、表面にえくぼや腫瘍のような実も多くみられる、
 DSC_1673
今年はもう一つのビワの収穫が期待できないので、少し上記のkぢ図のある物も収穫、
少し色合いの若い者は残し約8kgのサクランボの収穫、後午後から恒例のジャム作り。
時間のかかる種の除去はいまだに手作業、8kgを2人で2時間かけて種を分離する。
 DSC_1674
ああとは大きな鍋で一気に仕上げる事とし、すべての実をぶち込んで強火で加熱してゆく、
煮込み途中でアクが出てくるのでお玉で除去、時々実の塊をつぶしながら煮込んでゆく。
 IMG_0001_BURST0010012
アクが出なくなったら中火から弱火で煮詰める、途中で適量の砂糖で甘みを調整を行う、
甘みを抑えて少し酸っぱさを残しておく、出来上がりまじかに自家製レモンの果汁を投入。
 IMG_0001_BURST0010013
少し柔らかい目までに詰めて火を止める、粗熱をとり小分けして冷凍庫での保存に回す。
前年製作のビワジャムとサクランボジャムが、各1㎏残っている状況だがまずは試食した、
ジャムの匂いが強く少し酸味も強い、ビワジャムが作れないのでこれで1年分になる。

紀勢本線 冷水浦~加茂郷 ①

紀勢本線・冷水浦~加茂郷間は私のお気に入りの撮影地=近場で行きやすく定番。
自宅から車で30分あればゆっくり到着、長編成の列車でも充分撮影可能であるともに、
万葉の時代から歌人に多く読まれる景勝地、浅い湾内は絶好の埋め立て地となつている、
リゾート開発の落とし子の人工島や、湾奥には小規模ながら石油コンビナートも見られる。
鉄道写真の適地は遠くに和歌の浦や雑賀崎が望め、撮り方ではなかなかの景勝地に見える、
国道横のガードレール脇での撮影となるが、これからの時期は雑草の生育が旺盛になり、
足回りがだんだん見えにくくなるので、冬枯れと新緑の時期がおすすめとなる。
👇加茂郷~冷水浦間 1979年 電化開業等当時、海南火力発電所があり人工島は無い
 M929
👇加茂郷~冷水浦間 67M  2022年に海南火力発電所が解体された。
 NDF_1254
👇加茂郷~冷水浦間 2063M なかなか見られない新宮方の貫通車(G車逆転)
 NDF_0433 20220411 冷水浦~加茂郷 2063M
👇加茂郷~冷水浦間 72M
 NDF_1263
👇加茂郷~冷水浦間 72M
 NDF_0439 20220411 冷水浦~加茂郷 72M
👇加茂郷~冷水浦間 355M  227系
 NDF_1267 20220503 加茂郷~冷水浦 355M







プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ