ガーデニング

外来種

お隣の家庭菜園が狙われた、小さな穴をあけそこから内部の果肉だけを取り出し、残さずに見事に食べています・・・・・・犯人は鋭い爪をもった生物!

イメージ 2
このところ我が家の周りは野生生物が増え、日中でもよく見かけるようになった、
家の排水溝の中にはこんなやつも住んでいました?、手負いの日本アナグマです、

イメージ 3
猿・猪・鹿・狸・鳥類(キジ他)・日本アナグマ・ハクビシン・イタチ・ラスカル?
ほかにもたくさんの動物たちが山から下りてきます、風力発電のせいでしょうか?
手使いの器用な北米産のあのカワイイ?動物、アライグマの被害も多発しました。

畑の持ち主はすぐに対応策を実行に移しました、翌日の早朝に捕まったのは?
イメージ 1
予想どうりのアライグマでした、可愛い顔に似合わず凶暴な大食漢の外来生物、
この後町の職員が回収して処分されました・・・・・・めでたしかな・・一匹かな?


びわの収穫 ②

前回の収穫の残りのびわの収穫、大雨洪水警報が出て雷雨・豪雨の中出の収穫、
1週間置くことでびわは甘みと色味が良くなった、すべてのびわを収穫してしまった、
進物用とお隣さんのおすそ分けを終了後、果実ジャム作り作業にとりかかった。
イメージ 1

イメージ 2
約3Kgのびわの皮をむき種と渋皮を取り、実を崩しながら鍋で煮詰めて行き1時間、
少量の砂糖とレモン汁を入れて味見して完成、粗熱を取り容器に入れて冷凍した。
イメージ 3
収穫したビワの中にはこんな変わり物も、2つのびわが融合したもののようだ・・・・・

「びわ」の収穫

びわが店頭に現れ始めた・・・・・、我が家の「びわ」はどうだろうか?
イメージ 1
下見を兼ねてびわ畑を見に行くと、先端部分の日のよく当たる部分は収穫適時、
イメージ 2
急遽下見からびわの収穫に変更、私が収穫して嫁さんが袋開けと選別を行う、
今年のびわは小ぶりながら甘みが強い、付近のびわ農家の方も収穫を始めた、
3時間の収穫で約半分の収穫と選別を行う、進物用に良い物を箱づめを行い、
イメージ 3
イメージ 4
残りは自分たちの生食用とお隣さんへ、残りのびわはジャム用に寝かせた・・・・・
手の先がびわのアクでマッツ黒になるほど食べ、後はジャム作りの下ごしらえに。
色が来ていないびわの収穫は1週間後、明日は近畿地学会室内例会参加だ!

びわの袋かけ②

びわの袋かけ②・・・・・仕事明けで直で果樹園(畑)に行ってきました。
前回の300袋に追加、残りの木に袋かけを行いました今回は一人で350袋・・・・・
約5時間ほどかけてほぼ終了しました、6月下旬から7月までの間で収穫です、
ここ数日暖かい日が続いたので、毛虫が大量発生してびわの実の表面をかじり、
袋かけに適さない実も多くなり、予想より少ない袋かけになりました。
イメージ 1
これから菜園の崖は野イチゴの季節、またびわの木の隣の桜桃の実も太ります、
時時確認に来て収穫時期を逃さないように注意しなければ・・・・

びわの袋かけ

この時期は夏野菜の植付など作業が多い、その最たるものがびわの袋かけ、
害虫・害鳥よけの為にこの時期の袋かけを行う、下草の刈込から始める・・・・・・
嫁さんの実家のびわ畑、びわの栽培をしていた両親が亡くなり放置されている畑、
当初蜜柑とビワの両方を栽培していた、害虫駆除や諸般の事由で今は此処だけ、
びわの木は6本で何とか作れる範囲、おかげで毎年美味しいビワが食べられる。
イメージ 1
☝下草の刈り取り ☟12~1月に花が咲き結実した状態、このままでも成長する、
イメージ 2
☟実を大きくするために3個残した状態に摘果する
イメージ 3

☟専用の袋をかぶせて根元で締めて完成

イメージ 4
☟この状態をびわの木に袋の花が咲いたと表現する
イメージ 5
約300袋をかけ終えた状態・・・この状態をびわの花が咲くと表現する・・・・
今年は実が多くこの状態でまだ40%しか終わっていない、追加の袋かけ必要です。

プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ