兵庫県

干支の山 猪ノ口山

恒例の干支の山登山・・今年は亥年で年男だ、行先は兵庫県の猪ノ口山357M、
山名より以前から舞鶴自動車道などから望み、山頂の石塁が印象的な山だった。

JR福知山線の黒井駅から眺める山容は、平たんな山頂付近に石垣を残す山城、
丹波の赤鬼こと赤井(荻野)悪右衛門直正の居城、黒井城(保月城)に登りました、
城がある山が「猪ノ口山」と呼ばれる、春日の町から望む姿はまさに「天空の城」、
当日寒気の影響で朝から吹雪となり、あ~という間に雪景色で積雪は軽く5cm+。
イメージ 8
☝ 9日10:00の猪ノ口山(黒井城) ここは春日局(お福)の生誕の地でもある
イメージ 9
☝急坂コースを登り、足踏みの段(赤門)付近で小休止(帰り時は昼食場)
イメージ 1
☝足踏みの段(赤門)付近からの春日の町並みを望む
イメージ 2
☝山頂付近・・石垣も雪に埋もれて確認できない 本丸付近
イメージ 3
☝二のノ丸から本丸を望む
イメージ 4
☝記念撮影 ☟ 記念撮影 猪ノ口山の看板が無いので急ごしらえ雪文字
イメージ 5
☟山頂を後に・・・日差しは暖かいのだが風があるので下山して昼食
イメージ 6
☟15:00頃の猪ノ口山・・・雪は山頂付近に残るのみ(中腹に赤門が見える)
イメージ 7

兵庫の山は雪と縁がある、先の未年の羊が岳(櫃が岳)の時も吹雪で山頂で雪、
今回も雪に見舞われたが低山であること、山よりも古城であるために案内板も多く、
道に迷う事はなかった・・・もう一度時期を変えて訪れてみたい場所になった。



竹野鉱山の鉱石

竹野鉱山の鉱石
イメージ 5
石英主体の鉱石で今も鉱山跡に落ちている、たけのこ村の最奥の駐車場横には、
鉱山の鉱石置貯鉱場のような遺構が残り、その下には坑口と坑道が残っている、
鉱山の配置図を探すも資料も無く、以前鉱山軌道のトンネルと紹介されていた。
数年前にこの軌道跡の水路を利用した、砂金取りのイベントなども行われたようだ、
この鉱山の石は石英主体でその間隙に、金・銀・銅の鉱物を伴うと書かれていた、
鉱物の痕跡と水晶が多く入った石を見ると、水晶の間隙に鉱物の結晶が見られる。
イメージ 1
☝水晶の群晶、隙間は黄銅鉱や班銅鉱で埋められている
イメージ 2
☝赤は磁鉄鉱 グリーンは黄鉄鉱の結晶
イメージ 3
☝黄色は方鉛鉱、青は黄銅鉱・・・方鉛鉱の隙間に自然金も見える。
イメージ 4
☝白矢印 自然金  全体に厚みのあるものは少ない
イメージ 6
☝自然金 上の写真の石の間の自然金が、流されて川に堆積するようだ

ここ以外にも竹野地区には、砂金採集できる河川がたくさんあるようですね~


あけのべ 再訪 ⑥

明延鉱山跡と1円電車のおまけ、中瀬鉱山と竹野鉱山跡での鉱物採集とワンかけ
竹野鉱山での成果は粉金(薄状)の物が多く、☟一番大きなものでも1mm程度、
イメージ 2
イメージ 3
ただ粉金状態の物が多く見つけられるが、選別して分離するのはあきらめた・・・・

中瀬鉱山は下流の川岸でワンかけ、☟3個の砂金が見つかった最大1mmサイズ、イメージ 1

以前採集した紀州鉱山の砂金、楊枝川水系の支流で採集した物だがこちらも粉金、
イメージ 4
なかなかゴールドラッシュと呼べるような砂金は、見つけることができませんでした。

あけのべ再訪 ⑤

竹野鉱山は最盛期には金銀銅を採掘し、現地で精錬も行われていたらしい、
たけのこ村には坑口が数本あり、湧水がある軌道跡トンネル口は冷気が漂う、
付近の集積所跡と思われる遺構付近には、鉱石orズリと思われる石英の石が多く、
石の表面には水晶・黄銅鉱・班銅鉱が見られる、石のえくぼ部分の中は酸化し、
見ると磁鉄鉱や自然金を見ることができる、付近の朝日・金原にも鉱山跡があり、
大谷川では砂金採集もでき、「平成のゴールドラッシュ」の折にはにぎわったらしい。
イメージ 1
☝軌道トンネル口付近で採集した鉱石、表面は水晶で覆われてキラキラ光る。
イメージ 2
☝石の表面には黄銅鉱・黄鉄鉱・方鉛鉱・磁鉄鉱・自然銀も含まれている
イメージ 3
☝ 水晶の晶洞には黒い磁鉄鉱とドロマイトなどが見られる
イメージ 5
☝自然金? 水晶の下部に箔状態で見られる
イメージ 4
☝新鮮な断面の空間に残されたドロマイト?の中に見られる自然金の超小粒
イメージ 6
大谷川で採集した砂金・・時間短縮の為に砂鉄と・砂金の選別はしていない状態、
ここの砂金は砂ではなく「粉金」程度の物、餞選別分離が大変だ・・・・

あけのべ再訪 ④

明延鉱山五節ズリ捨場、あけのべ学校トロッコ軌道、探検坑道付近で採集した石。

イメージ 1
☝犬牙状方解石(4cmX10cm)  あけのべ学校・トロッコ軌道終点
イメージ 2
☝ 水晶(中央1cmX2cm) 五節ズリ捨て場跡
イメージ 3
☝ 明延鉱山の鉱脈石(黄銅鉱・錫鉱・石英) 探検坑道入り口上部
イメージ 4
☝ 藍同l鉱(青)錫鉱(灰色)  五節ズリ捨て場跡
イメージ 5
☝ 蛍石(緑の部分) 五節ズリ捨て場跡
イメージ 6
☝班銅鉱・黄銅鉱  探検坑道入り口上流露頭付近
イメージ 7
☝ 方鉛鉱 明延学校・トロッコ軌道(車庫)付近
イメージ 8
☝ 銀黒鉱(光っているのは金or黄鉄鉱) 五節ズリ捨て場跡
イメージ 9
☝黄銅鉱(2cmX2cm) 探検坑道入り口付近

探せば結構あるもんですね!五節のズリ捨場付近大きく土砂が流れていたので、
転石が多く今回はラッキー・・・、鉱山ではズリの部類となる水晶が多く見つかり、
またズリ石の中の見えない部分に隠れた鉱物があり、時間のたつのも忘れました、帰りの道でそのズリ石を踏んでタイヤがバースト、これだけはマイナスでした・・・・





プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ