茅の輪繰り

海南市の柿本神社、30日は水無月の大祓い式は「夏越しの大祓い」とも呼ばれ、
暑さ厳しい夏場を無料息災に越えられるように祈る儀式の一つが行われる。
茅の輪をくぐって罪や穢れを落とすため、別名「茅の輪くぐり」とも呼ばれています。

明日は所用でお祓いに行くことができない為に、準備が整った境内が見えたので、
フライングになりますが、今日29日にお参りしてきました・・・・・
イメージ 1
 「水無月の夏越しの祓いする人は、千歳のいのちを延ぶというなり」
先の和歌を唱え、茅の輪を左へ右へ左へ3度くぐると無料息災になるとか。
イメージ 2

イメージ 3
旅の途中で二人の兄弟に対し、一夜の宿を乞うた無塔神(スサノオの尊)に対して、
裕福な弟は姿を見て断ったのだが、貧しいながらも手厚くもてなした兄の蘇民将来、
無塔神はお礼として兄の蘇民将来に、災厄を祓う茅の輪を授けました。
教えに従い茅の輪を腰に付けた所、疫病から逃れ子々孫々まで繁栄したそうな。
この話に基づき茅の輪くぐりをしたり、家の玄関に蘇民将来のお札を掲げることで、
厄災から逃れられて、罪や穢れを祓う大祓を行うようになったそうです。

トネリコ

通勤途中の車窓から、気になる樹木を見つけた。
イメージ 1
もしかしたらと思い帰宅時一駅歩き確認した、やっぱりトネリコだった!、
イメージ 2
トネリコ=野球のバットの木という印象が強く、漢方薬になることを知ったのは後日、
イメージ 3
以前この樹を「ナンジャモンジャ」の木と勘違いした、実はよく似た別物だった・・・
本来は中部地方より北の温暖な山地を好むようだが、庭木として広く出回っている、
遠目に見ればナンジャモンジャの花そっくりだ、木自体は稲架に使われたりする、
バットの材料としても有名で、強く粘りがあるそうで建築用材としても優れている、
北欧神話の「ユドグラシル(世界樹)」は、近縁の「セイヨウトネリコ」のことだそうだ。

梅酒作り

我が家の梅酒作り、自家製青梅「古城」無農薬・・・ちょっと黒星病(表面の汚れ)
前日に収穫した梅は美しいものを選びヘタを取り、水洗いしたものを乾かす、
イメージ 1
ホワイトリカー 1・8L 2本、ブランデー1・8L 1本 氷砂糖、洗ったビン、
梅1kgに対して氷砂糖500g、ホワイトリカー1・8Lが標準とされているが・・・
我が家では多い目の梅1.5kgを投入する、梅のエキスと香りも強くなるようだ、
氷砂糖は1kg、ブランデーまたはホワイトリカー1・8Lとして少し甘い目に漬け込む、
炭酸や水割りが主な飲み物となるために、少し甘い目がいいようですね。
イメージ 2
ビンは味付け海苔の大瓶を流用している、ビンに梅・氷砂糖の順番で入れる、
ホワイトリカーを注ぎ蓋をしたら完成、漬け込みは30分ほどで終わりました、
イメージ 3
 
イメージ 4
あとは6ヶ月の辛抱?・・・6ヶ月を過ぎればと言いますが実際は2年熟成させます、
実は1年で取り出して再利用・・梅ジュレに作り変えたりクッキーに入れたりします、
以前これで梅ジャムを作りました、流石にパンに塗るだけで酔っちゃいました。
 
先日収穫した残りの梅は・・・梅ジャム用に熟成中で2日程で熟成しちゃいます、
そのあとは梅ジャム作りが始まります!
 

収穫

我が家の家庭菜園がにぎやかだ!
4種のミニトマト、ゴーヤ、トウモロコシ、インゲン、キュウリ、ピーマンなど、
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
ここ数日うれしいことに、自家製野菜攻めの食事が続いている。
まもなくナスビ、ウリなども食卓に上る事になる、残念なのが害虫の発生、
我が家では、ニジュウボシテントウムシ、ホオズキヘリカメムシなどが代表格、
無農薬栽培の為、ピンセットと空き容器を持って一匹ずつ駆除するしかない、
写真のトマト「ルンゴ」にも2匹のヘリカメムシが写っている、
やつらとの長い戦いの火蓋が切って落とされた。
 
 
イメージ 4
夕刻今年最初のナツツバキ(サラノキ)の、白い花が咲いた。
「仏陀入滅ゆかりの木」として、仏陀入滅のとき時ならぬ花を咲かせたという、
2本(双樹)の木が原型みたいです、娑羅双樹は熱帯の樹木で日本ではX、
娑羅双樹とはまったく別物のなのですが、方々のお寺などに植えられています、
インドの娑羅双樹の花の色は、花弁が赤・中心が白だそうです。

ゴーヤ1号

日除けと、夏野菜の栽培を兼ねて玄関に植えているゴーヤ、
そろそろ食べごろとなってきたゴーヤ1号の写真を撮ろうとおもったら・・・
「ない・・・」落ちたのか、又は数日前から続いているヒヨドリの食害か?
今日のお昼のおかずになっていました、おいしくいただきました。
イメージ 1
例年よりも実付きが悪く、まだ8個しか結実を確認していません。
イメージ 2
上の写真は2号くん15cmです、食べごろまで後しばらくお預けです。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 有田川のアマゴについて
  • 有田川のアマゴについて
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • 沼谷訪問
  • SG-1 操作ハンドル
  • SG-1 操作ハンドル
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ