天文学

月蝕見えた!

特別な月食が今日あるのだが、どうも雲行きが怪しくなってきた・・・・
イメージ 1
今日の皆既月食は「スーパーブラッドムーン」?と呼ばれる特殊な物になるらしい。
食の最大までは大丈夫だろうか、月に暈がかかり始め西側の空には星も見えない、
左下からゆっくるかけ始めるころは、まだ薄雲もなく月がはっきり見えていた。
イメージ 2

イメージ 3
最大食の直前には薄雲がかかり始め、22:00皆既食に入り赤い月が見えていた、
イメージ 4
残念21:25分には薄い雲が濃くなり、月が確認することが出来なくなっている。
上の写真はNikon P900で、全て手持ち撮影で挑戦しました・・・ものぐさですね

夕立

昼過ぎからゴロゴロ鳴り出した、巨大な入道雲が自重で崩壊しはじめる、
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

どこからともなく冷たい風が吹き込み始めると、上空の雲は凶暴性を増す・・・・・
絶え間なく雷光と雷鳴が鳴り響き、東側の山間部が灰色の幕に覆われ始める、
生暖かい風とつめたい風が交互に吹く、風とともに大粒の雨が降り始める、
みるみる視界を閉ざした雨は、土ぼこりの臭いを巻き込みながら地面を濡らす、
雷鳴と雷光と雨のショウは2時間で終了、今日は家庭菜園への灌水は必要なし、
夜も扇風機さえ必要ない涼しい夜となるだろう。

皆既月食

いつもは夜空を見上げない人も、今日ばかりは欠けてゆく月を見ただろう?
天気予報が外れて幾分雲の多い天気となったが、観測には充分答えられる空、
イメージ 1
 
イメージ 2
帰宅途中のから欠け始めた月は、7:30頃には完全に皆既食となり、
イメージ 3
空にぽっかりと10円玉のような赤道色のお月様が浮かんでいた。
 

アイソン彗星

今月中にアイソン彗星が観測できるのもあと1日。
まもなく太陽を回り込むために、2週間ほど観測不能となる、
22日仕事に行く前に自宅より観測を始めた、東側に雲がありなかなか晴れない、
水平線より彗星が見え出している時刻だが、未だに雲の中かで観測不能・・・
東の空がかすかに赤みを帯び始めた頃、やっと雲から姿を現したが見づらい、
彗星の尾すら見えない状況で、ただぼんやりと青白い光の塊状態だった、
イメージ 1
 
イメージ 2
ASA1200 F4.5 25秒でなんとか写真に収めることができた?
24日に再挑戦後は12月初旬までお預け・・次はどのように見えるかがお楽しみだ。

ラブジョイ彗星

今年の天文界はラッシュアワー・・・
春のバンスターズ彗星に続き、アイソン彗星が太陽に接近中との事、
前評判で肉眼大彗星になるのことだったのだが、時期が早いのかまだ暗い・・・
16日早朝観測を試みるが、放射冷却による霧が川から発生して邪魔をする、
霧の切れ間から東の空のスピカと火星を目印に、アイソン彗星を探すが見えない、
5cm双眼鏡で確認するが暗くて6等クラスか?、予想より相当暗いようだ。
イメージ 1
 
イメージ 2
下の画像はラブジョイ彗星の部分だけを拡大したもの、他の星とは色が違う、
 
ASA1600 F3.5 30秒でタイム撮影するが、うまく写ってくれない,
火星の近くに最近発見された「ラブジョイ彗星」が確認できる、こちらは5等クラス、
諦められないので20コマほど撮影する、黄道に近いために30秒でも星が流れる、
タイムを20秒に変更しF2.8をキープして撮影、確認するとラブジョイは写っていた、
明るい星はスピカだ、その左上の青白い天体(流れている)がラブジョイ彗星、
一応この視野内(写真)にはアイソン彗星も写っている?。
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑱ オーシャンクロス
  • 寄り道 ⑱ オーシャンクロス
  • 寄り道 ⑱ オーシャンクロス
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ