散歩

7月のハイク

6月のハイキングは雨で中止した、7月は休みが入らず3名で近場を訪問・・・
3名のうち1名は徹夜明けという事で、紀伊風土紀の丘・岩橋千塚園内周遊コース、
イメージ 1
園内一周約3km標高差150mのらくちんコース、ただし今日は気温34度オーバー。
私は今年2回目となります、2名は皆小学高の遠足で来たことがあるらしいです、
記憶をたどりながら修復された古墳に入ったり、展望台で紀ノ川平野を眺めたりで、
イメージ 2

イメージ 3

昼食は早い目に展望良好、大日山35号古墳の前方部分の頂上で昼食としました、
イメージ 7


イメージ 4

県内最大規模の前方後円墳で、調査の時にはすばらしい遺構が発見されました、
イメージ 5
東側造り出しが復元されています、復元埴輪の現物を後で資料館で堪能しました。

イメージ 8


資料館の前庭で思わず吹き出してしまいそうな、ユニークな創作埴輪を発見。
イメージ 6

終了後は近場の温泉で入浴後解散、やはりこの時期のハイキングはつらいよ~。


清滝から栂ノ尾

仕事場の仲間と京都散策、保津峡駅から清滝を通り栂ノ尾まで清滝川を散策、
紅葉を気にしながら日時の設定したが、仕事の都合上この日しか集まれなかった、
期待していた紅葉は1週間前にピークを過ぎ、落葉を楽しむハイキングとなった、
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
付近で少しでも赤いモミジを見つけると、足を止めもみじを愛でて写真撮影した、
イメージ 4
清滝川のコースは、気持ちの良い川沿いの道で人も少なくゆっくり歩けた。
もちろん栂ノ尾も紅葉は終了していた、十数年ぶりの神護寺と高山寺にお参りして、
イメージ 5

イメージ 6
残った紅葉を求めて往左往したが、友人と一緒のハイキングは疲れないと感じた。
次回は干支の山ハイク1月に鳥屋城山を予定、ハイキングじゃなくて化石か

開花宣言

ここ数日の暖かい陽気に誘われて、各地で桜開花の便りが聞かれました。
地元で咲き始めが早い「九品寺」の境内、桜があちこちで花を咲かせ始めた、
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
数十本のソメイヨシノの桜があるが、南側の日当たりの良いところが中心、
少し冷たい雨と風に耐えながら、花びらを広げていた。

ミニトリップ ②

本来天野まで来たら、来た道をもどり高野山へと向かうのだが、
嫁さんの希望で美味しいと噂のお蕎麦の店、九度山の「幸村庵」へ・・・・・
イメージ 2
川沿いの駐車場を利用して、真田昌幸の蟄居地・墓所のある「真田庵」に、
何度も来ているので軽く娘に説明しながら、15分ほどで寺内を回るにとどめる。
イメージ 1
さてお目当ての蕎麦屋さん「幸村庵」は真田庵の隣、ちょうど1席空いていました、
今日は肌寒いので暖かいお蕎麦を、私はにしん娘たちは天ぷら蕎麦を注文、
待つ間にそばを素揚げした物が登場、付近の名物「柿の葉寿司」も追加注文、
蕎麦登場です信州産の蕎麦粉を使い、小麦/そば粉2/8の調合で手打ちとある、
蕎麦自体は細身の麺で舌触りはツルツル、腰はなく一杯の量が半端じゃない大盛、
イメージ 3
にしん蕎麦はやや濃い目の味付けでつらい、にしんは出来合いものだろうと思う、
イメージ 4
天ぷら蕎麦のだしには柚子いり、こちらも味が濃くお蕎麦の味がわからない状態、
天ぷらに関してはカラッと上がっていて美味、ボリュームもありお腹には優しい?
冷たい方の蕎麦は食べていないのでわかりませんが、変わり種の洋風蕎麦も有、
綺麗なお店と行き届いたサービスでこちらはGood、蕎麦は個人的には?ですね。
全体的な印象は・・観光地にありながら割合安価で量は満足できるものです、
味・量その他には私的な印象がつきまといます、一度自分の口でお試しあれ!
 
 
 

ミニトリップ ①

週休二日目、娘と約束の丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)へ
イメージ 1
標高450mの高野山の麓の天野の里にあり別名「天野大社」とも呼ばれる、
主祭神の、丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)は、天照大御神の妹神さま、
稚日女命(わかひるめのみこと)と云われています。
また中央構造線に接する紀ノ川筋には、丹生(朱砂・辰砂)=水銀の産地が多く、
これに合わせて丹生の名のつく神社が多いことから、鉱山に関係する氏族の拠点、
鉱山・活動の拠点に丹生神社を作り、鉱山技術を広めたとの言い伝えもあります。
自宅から車で60分で天野の里に到着、リゾート開発で道路が良くなってますね。
2004年7月には、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとして登録され、
現在社殿が修復中です、本来は神様が通るための太鼓橋を渡り鳥居をくぐると、
イメージ 2
 
イメージ 3
桧皮葺に朱塗りが美しい拝殿と、その奥に修復中の社殿を望むことができます。
丹生(朱・水銀)に不老不死を求めた古代、空海に高野山を案内した狩場明神、
古代のロマン満載の山里でした。
 
 
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ