沖縄県

味見はまだ!

日々躍進するよく品業界において、栄枯盛衰のごとく現れるカップ麺・・・・
きょう近くのお店で新しい(以前から発売中気が付かなかった含む)商品を発掘、
沖縄そばカップ麺の新星?、「シークヮーサー塩ラーメン」と「沖縄・八重山そば」
イメージ 1
そしてイレギユラー的焼カップ焼きそばの革命児?(ただ単に多くの種類に挑戦)、
一平ちゃんから焼きそばの正反対のソース味で勝負、甘いソースを組込んだ2品、
イメージ 2
あんこ団子味とみたらし団子味、まだ試食してはいないがどのような味だろう・・・
ソース味の麺にかける、別添えの甘いソースに留めてくれているとありがたい。

2017 八重山 ⑪

八重山の美味しいお店・・・・
以前の印象でついつい同じ店を訪れてしまう、ものぐさなくせが似けない、
2日目の夜はホテルから3分の「一魚一会」にお邪魔した。
同系列の八重山料理・海鮮主体の店だ、島唄ライブもありなかなか楽しめるお店、
黒島で遊びすぎ最終便で到着、そのままお店に直行でも予約しておいてよかった、
ビールと島らっきょうに始まり、あとは八重山の海の幸と山の幸を堪能した・・・・
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
写真を撮る前に箸が進んでしまい、全体にバランスの悪い商品写真ばかり・・・
アダンの芽の天ぷらとじーまーみ豆腐はおすすめ、疲れた体にもずく雑炊が優しい
生ビール3杯を空け山海の幸を堪能して、大1枚の散財で済んだ居酒屋万歳!

2017 八重山 ⑩

石垣島ブームのせいなのか、石垣島では島の自然で商売する事が盛んなようで、
自生する植物や生息する動植物が、売り買い目的で狩られているようですね?。
以前紹介した道路沿いの「もだま」大丈夫でしょうか?、(保護して欲しい対象です)

花も実も楽しめるカショウクズマメや、ワニグチモダマはお気に入りの植物です、
イメージ 1
ワニグチモダマの自生地が荒らされて、見られる場所が少なくなってきています。
どちらの花も受粉にはオオコウモリの助けが必要、特殊な条件もあるようです、
イメージ 2
カショウクズマメ(ハネミノモダマ)の花は、ワニグチと同じですが花の色は紫です、
イメージ 3
花後の鞘には細かい針状の毛があります、素手で触れることは要注意です。
イメージ 4
写真上 左側がカショウクズマメ、中央がワニグチモダマ(石垣島・八重産)、
右側は外国産と言われています、いずれも石垣島海岸に漂着した物で拾い物、
和歌山の海岸などのも漂着しています、どちらの豆も形状はよく似ていますが、
ワニグチモダマはへその部分が凹で、カショウクズマメは凸となっています。

自然素材で作るアクセサリーの為に、動植物・生態自体が乱獲されてて残念です・・
前は防風林や海岸林で普通に見られた植物が、乱獲により消滅しているようです


2017 八重山 ⑨

石垣島で漂着物探し(ビーチコーミング=BC)、今回の旅行の主目的だった。
せっかく南の島に来て、海岸で漂着物探し(ゴミ漁り)はないだろうと思われるが・・・・、
これけっこう楽しめるんですよ!、実際この目的だけで5回ほどこちらに通いました、
漂着物にはどこから流れてきたのか、どのような物なのか調べる楽しさがあります。黒島・盛山海岸・平野の海岸・ヒゲタの浜・御願崎海岸・山バレー海岸(全て通称)、
石垣島の海岸(一部黒島)などでBC、成果は少なめでしたが楽しめましたよ・・・。
今回見つけた漂着物のお気に入り、写真左の2ココウシュウンもだま(石垣島産?)左から2番上キャンドルナッツ(ククイの実)、その下はタシロマメ(石垣島産?)、
3番目2個ハンバーガビーン、その下赤と黒はジオクレアの一種でが美しい、
その下ハカマカズラの種子、右はガラス浮き(北海道のたこ餌木用と思われる)、
イメージ 1
あと海岸で見つけたコウシュンもだま(石垣・西表産?)が多く、外国産右上の2コ、
イメージ 2
ワニグチもだまとジオクレアです、中奥の黒い2個はイルカンダ石垣で初めてです、
イメージ 3
キャンドルナッツ(ククイ)とタシロ豆やハンバーガービーン、白いのはハスノミカズラ
イメージ 4
全般的に漂着物は多いのですが、本来のゴミが多く浜などは相当荒れています、
同業者も多く砂浜には4WDのタイヤ跡がいっぱい、目的の豆などは少なめです、
美しい豆はアクセサリー等に加工されるので、落ちて流れる前に採集されてしまい、
漂着する全体量が減ってしまっているんですね、ハンバーガー2個で満足です!

2017 八重山 ⑧

家族旅行の楽しみは・・・家族サービスという言い訳で豪華な食事ができるだ?
一人旅行の時は予算や家族への後ろめたさで、島の食堂やコンビニ利用が多い、
家族旅行ではサービスという名目で財布の口もゆるくなりちょつと贅沢を楽しむ。
ぼったくり?のお決まりの○○膳やセットより、地元の居酒屋メニユーが楽しい!
郊外のホテルなら車での移動など何やから考えて、アルコール禁止になるのだが、
今回の宿は市内中心部、夕食はほぼ毎回訪れる居酒屋「豊年満作」で決まり、
イメージ 1
ホテルから5分だからアルコール解禁、徒歩で5分の美崎町にある楽しいお店。
まずビール「オリオン生」・・・島らっきょうの浅漬に始まり海山物になだれ込み・・・
イメージ 2
入荷があったので「シヤコ貝」に始まり、石垣牛サイコロステー、もずくの天ぷら、
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
野菜や海山物を楽しみました、それでいて値段は控えめリーズナブルです!
夕食を楽しんだあとは、本当の居酒屋へと行きたいところですが今回は家族旅行、
暗い看板の怪しい居酒屋の多い十八番街は、次回のお楽しみにという事です
プロフィール

c58224

ギャラリー
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)③
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑳ 冷水浦~加茂郷
  • 寄り道 ⑲ 合歓の木(ネムノキ)②
アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ